ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

「とじみこ」23話「刹那の果て」の感想(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第23話「刹那の果て」見ました。

もうすぐ最終回ってだけあって迅移の如き速度で話が展開するとか上手いこと言おうとしてみたけど全然ダメとかどうでも良くて、大切なのは今日が益子さんの誕生日だということ!
ゲームでも皆に祝われてますが、僕も未だ開封していない益子さんマグネットに一礼しました。

なんてそれこそどうでも良い個人的な話はさておき、以下の感想はネタバレ含みますのでご注意ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

隠世が落ちてきて、大ピンチ。

一刻の猶予も無さげな状況だと思いきやタギツヒメが追いかけて来ないからって、お菓子を食べはじめる一向。
実際には体力の回復とS装備のバッテリー待ちという理由があったわけですが、(世界が終わるかもって状況にしては)緩い雰囲気です。

それにしても塁さん、重そうなバッテリー背負ってビル登るとか凄いという以前に、荒魂がウジャウジャ湧いてそうなのに生身で来るとは。
大災厄経験者の高津学長でさえ先週あれだけ荒魂にビビってたのに、仮に護衛する刀使同伴だとしても異常です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

チョコミント分を補給すると新型S装備と同等の力が出せる、かどうかは知りませんがエターナルと紫様だけ未装着。
そんな2人含めた7人で、タギツヒメに挑みます。

取り込んだ荒魂を数えたら膨大な数になると思いますし、卑怯ってことはないはず。
それに迅移でふるいにかけられてどんどん脱落していきますし。

迅移の段階で強さが決まるわけではないとは言えども最初に長船組が抜けたのは、益子さんファンとしては残念。
猿叫連発に戦闘前のカッコ良い台詞と見せ場は多々あれど、やはりエターナルたちに持っていかれるのかと思うと……。
そりゃもう嫉妬からエターナル呼ばわりしてしまいます。
(仮面ライダーみたいでカッコ良いニックネームだと思いますが、蔑称由来なのでひよよんファンごめんなさい)

指揮官タイプな代わりに戦闘技術は一段落ちる印象だった舞衣が、普通に次の段階についていったのは驚きました。
居合いもカッコ良かったですし。

そんな舞衣も落ち、次で沙耶香も落ち、可奈美も置いていかれて姫和とタギツヒメで1対1。
「どーせ、ひよよんピンチなったら可奈美が来んねやろ?」と思っていたら、まさかの紫様!
お菓子代とチョコミントだけで見せ場終了なわけがありませんでした。

バレないようにコソコソついてきてたのかと思うと微笑ま……、って写シ無しで腹刺されてるじゃないですか。

そんな状況で先週の姫和と逆に、空間を裂いて中に入ってきた可奈美。
2対1で戦闘を再開すると結構あっさり姫和がタギツヒメを刺し貫き、可奈美も一緒に隠世の彼方へ。

優先度から言えば何もおかしくないですが、その間ずっと放置されていた紫様が不憫でした。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

しかし不憫さで言えば誕生日に逝った夜見には敵いません。

沙耶香の誕生日会をしていた時点で、作中時間でいうと(夜見の誕生日に)近いことは何となく分かってましたけども、よりにもよってって感じです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

EDの絵が微妙に変化していて驚いていたら、明けて歩。
ノロ抜き入院中って感じですが、タギツヒメ戦後の時間経過が分からないだけに問いが不穏です。

隠世から帰ってきてないってパターンで、2人とも御刀の導きで母親に会ってから戻ってくるってのはベタでしょうか。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

とりあえず今回でタギツヒメは片付いたと見て良さそうですし、来週はどうなるのか気になります。
三席四席は退場してしまいましたが、他は誰も欠けずに紫様も命に別状なく、可奈美と姫和も無事でハッピーエンドってのが個人的な希望です。

隠世にいる美奈都と篝にタギツヒメの身柄を引き渡して可奈美と姫和が帰還、というのが勝手な予想というか願望。
その際に可奈美が勝負を持ちかけるところまで未来視で見えている、のは勿論嘘です。

くどいようですが、何にしても救いのない話にはならないで欲しいなと思います。