ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

「とじみこ」22話見た感想(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第22話「隠世の門」見ました。

前回は続きが気になる終わり方に特殊EDで〆と、この1週間はこれまで以上に待ち遠しかったです。

そんな22話は関西だと3時放送だったんですが、何故か丁度終わった辺りに目が覚めました。
割と頭もスッキリしていたため、録画したてのものを迷わず即視聴。

なんてどうでも良い報告はここまでとして、以下ネタバレありますのでご注意下さい。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

うらver.のとじよこがいつもと違ってシリアスな雰囲気で、しかも夜見について親衛隊の2人が語っていた時点で察しないわけありません。
今回で夜見は退場することになり、彼女の行動の動機も明かされるのだと。

明確に語られこそしませんでしたが、居場所や役割を与えてくれた高津学長に報いたかったのと、彼女がかける労いの言葉に自分の存在する意味を見出だしていたようでした。
満足げな顔でしたし夜見にとっては高津学長が全てだったのかも知れません。

高津学長には夜見の想いを無駄にしないで欲しいので、生き続けてこれまでの罪を償ってもらいたいです。

とか夜見の内面的な部分が何となく分かったことも収穫ですけれど、鎌府にいた頃の制服姿こそ収穫。
ノロ入れる前は黒髪だったなんて。
(単なるミスだったら笑います)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夜見が好きなんで先にその話をしましたが、今回の本筋は姫和の仇討ち。
誰もひよよんが生きてるとは思ってなさげで、せめて小烏丸くらい回収しようって流れなのが意外でした。

可奈美と紫様がタギツヒメまでたどり着けるように、親衛隊含めた残りのメンバーは荒魂や綾小路生の相手をすることに。

新型S装備は見た目が限りなく綾小路生の装備に似ていて、裏で繋がってんのかとか変に勘繰ってしまいます。
最適化しようとするとああいう形状になるのか、としくはスパイでもいたとかそういうことでしょうか。

新型になろうと人を選びそうな見た目のS装備ですが、沙耶香だけやたら似合う気がします。
(なのでゲームでも常時S装備を着せてます)

作中で初めてS装備を着たキャラクターだったはずなので、印象が強いだけかも知れませんが……。

可奈美が刀に込めた想いは届かなかったか、歩まさかの再登場。
救われた側の沙耶香が救う側に回るってのは地味にグッときました。

歩も沙耶香も下手したら夜見みたいになっていたかも知れないわけで、ある地点から分岐した別ルートを見ている感覚でした。
(ノロ入れてない沙耶香、ノロ入れたけど戻れそうな歩、最後まで突っ走った夜見)

皆の協力もあり、可奈美と紫様は割とスムーズにタギツヒメの元へ。

タギツヒメが終始優位に進めるものの、一太刀入れて姫和が脱出するキッカケを作るあたり、流石は可奈美です。
しかしながら解説に援護に今回も大活躍した紫様が個人的にはMVPな感じでした。
あの地面割る技カッコ良すぎです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

で、マイフェイバリットな益子さんは、ねねの活躍もカウントする方針なので今回も大活躍。
益子さん自身も荒魂ぶった斬ったり、沙耶香と絡んだりと十分活躍してましたが。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

あとはタギツヒメを倒して終わりって空気で残り2話あるっぽいということは、来週で片付けてサービス回に違いありません。
などと勝手に妄想してみても本気で信じられるはずもなく、どうなるのか気になります。

何にしても、主人公側が誰も犠牲にならずに解決するご都合主義な展開でも個人的には全然構わないので、とにかくハッピーエンド希望です。