ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

「とじみこ」19話「禍神の呼び声」の感想(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第19話「禍神の呼び声」見ました。

何かサブタイトルがクトゥルフ関係を想起させなくもないような、とか意味のない話で少しだけ字数稼ぎの引き延ばし。
禍神ってのは素直に受けとればタギツヒメのことなのでしょうが、イチキシマヒメなんてこともあり得るのかな、とも思ったり。


ということで、以下の感想はネタバレ要素を含みますので、ご注意ください


ねね、ボロボロ。
治るまで時間かかるのかなと思ったら、作中で1週間経つ頃には元気になってて安心しました。

巨大化した後遺症とかも無さげです。

その1週間、益子さんがイラ立つ程大人しくしていたタギツヒメが突然動いたかと思うと、テレビ出演とか予想外すぎます。
サブタイトルはタギツヒメの会見(?)を意味していたみたいです。

あと、高津学長が権限こそないものの立場上は未だ学長で、更には地味にマイナーチェンジしていたことも予想外でした。
(EDでもタギツヒメ共々着替えちゃってます)

他には着せ替え人形みたいになっているタギツヒメにも割とビックリ。

でも一番驚いたのは歩の壊れっぷり。
タギツヒメへの心酔ぶり以外、素の歩のままっぽいのが怖いです。
何か目もイッちゃってて……。

可奈美がドン引きするのも仕方ないです。

普通に会話も出来るから余計に怖いのかと思いましたが、考えてみたら前期の親衛隊と変わらない気もします。
知っているかどうかの違いだけで、親衛隊もタギツヒメを信奉しているような状態でしたし。

夜見だけはずっと紫様じゃなくタギツヒメを支持していたりして、と考えたんですけども実はイチキシマヒメ信者だったらゾッとします。


で、今回個人的に良かったのはヤル気満々な益子さんが見られたこと。
ねねがやられると本気になるのは夜見戦で分かってましたが、タギツヒメ相手でも腕の1本くらい落とす活躍は見せてもらいたいところです。


次回、個人的に楽しみなのは本物の紫様の戦闘。
予告の映像では近衛隊と戦う流れになりそうなんで勝手に期待しています。