ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

「とじみこ」15話「怠け者の一分」見た感想(ネタバレあり)

あーもー最悪やー、録画出来へんかっただけやなくこれまでのデータも消えてもたー。
既に1話から5話あたりはワンセグ放送を見ていた携帯電話が潰れたせいで録画データも見られなくなりましたし、それ以降は今回含めてDVDにダビングしてるので平気と言えば平気ですけども……。

スマートフォンワンセグ放送の録画を見てから通常放送を録画したものをテレビで見る予定が崩れてしまいました。
なんて個人的な事情はさておき感想を書こうと思います。


以下ネタバレありますので、ご注意下さい。


ということで「刀使ノ巫女」第15話「怠け者の一分」見ました。

ったああああああああああぁぁぁぁぁっっっ!!
ついに益子さん回来たぁーっ!
勝てる、いや勝った、むしろ既に勝っている!

ふおおおおおっ、いきなり温泉。
説明口調で好物つまんだり、ねねを駆使して電話に出たりしてるー、ってか髪型がだはーっ!
ええやないかええやないかです、これは。

ゲームの方で触れられていた益子家独特の荒魂観みたいなものが沙耶香の考えを変えたりだとか、真面目な意味でもきちんと見せ場があって益子さんファン的にはたまりません。
怠け者だけどやるべき時はキッチリってとこが益子薫というキャラクターの魅力だと思うんですが、今回はそこんところが頭のてっぺんから尻尾の先までギチギチに詰まってました。
(エレンがちゃんと益子さんのことを理解しているって描写されていたのも素晴らしいです)

神回とかやたらオーバーに言っちゃうのは好きじゃありませんけども、夜見戦をも超えたとは確実に言えます。

話の都合上まだ元一席には疑われていてもらわないといけないらしく、戦闘に介入出来なかったのは残念ですけど仕方ありません。


益子さん関係以外だと、燕さんの死が元親衛隊に少なからず影響を及ぼしていることが分かったのは良かったです。
あとは沙耶香がいちいち可愛くて、舞衣視点を味わっているような感覚になれました。
あれはお姉さん的にはきっと面倒みたくなるでしょうし、クッキーだってあげたくなっちゃいます。


次回は久々に全員集合するようで楽しみですが、予告時点で沙耶香が可愛さブーストかけてきてて、オッサンなのに姉性(?)が目覚めそうなのが恐ろしいです。
(三十代男性がこんなこと書いてる時点で恐ろしい)