ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

「とじみこ」14話「家族の場景」見た感想(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」14話「家族の場景」見ました。
いわゆる舞衣ちゃん回で、面白かったです。

て、今日日小学校入学前の子供でももっと達者に感想述べられるだろうに、あまりに酷すぎます。
しかし、こうなってしまうのには理由があるのです。

が、それを説明するには内容に触れなければなりません。


という訳で、以下ネタバレありますのでご注意下さい


無駄に引っ張っておいてなんなんですが、単に益子さんがいなくて寂しいってだけだったりします。
僕としては深刻な理由です。
EDの御刀合わせるところで、ねね共々キャストのクレジットがない寂しさったら……。

とは言えその分、来週はかなり出番がありそうな予感が予告からサブタイトルから溢れてるんで問題ありません。

大体、話自体がつまらなかったわけじゃないですから大丈夫です。
益子さん出ないわつまらないわじゃ荒ぶるところでした。

一席がカッコ良く荒魂を片付けるシーンがあるってだけでも、今回は見る価値があります。
未だノロ入りなんでしょうけど楽々両断、元親衛隊は伊達じゃありません。

紛らわしいコートの下には親衛隊の時の服と、怪しまれようとしてるのか疑いたくなりますが、そこがまた真面目なのに抜けてる感があって素晴らしいです。

映像では処理だけしてノロ奪ってないし刀使を明らかに助けてるしで、襲撃犯というか強奪犯の疑いは即晴れそうなもんですが、録画時間の都合でカットされてたら不憫だなって思いました。

去る際の生身での跳躍力がとんでもない感じだったのは、体内のノロの寂しさを埋めることにより一体化してパワーアップしたってのは勝手な妄想です。
でも割と本気の願望だったりもします。

妄想と言えば、ねねポジションってタギツヒメ含めた荒魂やノロ達にとっては理想的なんじゃないかと思いました。
珠鋼の代わりに御刀でも良いはずですし、祀られて人に構われるだけでもベターなら、ねねポジションは相当幸せなはずです。

もしかしたら姫和のスペクトラム計に使われている荒魂すら、野良ノロ達からすれば羨ましいのかも知れません。
そう考えたらルーツは同じなのに扱いが格段に違う御刀に嫉妬してそうな気が……。

なんて変な妄想はともかく、人がノロと友好的な関係を築けたら、あっさり荒魂問題は解決しそうな感じがしました。

とか思ったもののED明けにタギツヒメの分身っぽいのが出てきて、簡単にはいかない匂いがプンプンしてます。
ゲームでのお気に入りキャラクターである夜見が相変わらず従順な奴隷みたいで、ちょっと寂しかったです。


来週は一席が本格的に絡んでくるのかなとか気になることはあれど、益子さんの出番こそ最も気になります。
しばらくは個人回的なノリなのかなと今回の話を見ていて思ったので、期待大です。