ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

「刀使ノ巫女」第11話「月下の閃き」見た(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第11話「月下の閃き」見ました。

以下ネタバレあります。

S装備、結局強いんだか弱いんだかイマイチ分かりませんでした。
暗いところで光るってのは好きなシチュエーションなんで、見た目は良かったんですが……。

メイン6人中、単体での最高戦力はやっぱり可奈美みたいです。
天才刀使の燕さんが選んだんだから間違いありません。

だからこそ此花さんとファンには申し訳ありませんが、瞬殺とまではいかずとも手早く片付けて欲しかったです。
親衛隊は伊達じゃないってとこを見せなくちゃダメなんだとしても、そもそも基準となるべきS装備の凄さが説明に大きく頼ったボンヤリしたもの。
タバコの箱の大きさを知らない人からすれば、対象のサイズの目安にと一緒に写してたって伝わりません。

まあ燕さん以外は普通に荒魂の力を用いて条件的に大差ない感じになってる訳ですから、仮にS装備の凄さを理解していようと親衛隊が残念な感じなのは変わりませんが。
両者共に荒魂もS装備も使わない状態なら、燕さん以外の親衛隊は可奈美以下なのかなと思ってしまいます。
(戦闘中は常に荒魂で力を底上げしていたのか、ここぞという場面でのみ使っていたのか、実は使う前にやられたのか、見ていて理解出来なかったんで可奈美以下だと断言は出来ないです)

今回で最後(と思われる)だけあってか、燕さんの強さに関しては見ていてハッキリ分かるようになっていました。

益子さんとエレンは相手が燕さんなので、善戦した方かなって感じです。
立ち上がって欲しかったものの、血反吐ダラダラ明らか病気で弱って期限が迫る燕さんを倒すのも、逝くのを見送る結果も後味悪いですから寝たままでも仕方ありません。

ねね刺さなかったのは可愛かったからとか、そういうしょうもない理由だと嬉しいです。
(寸止めして剣圧的なもので仕留めたように見えたんですが、勘違いしてたらごめんなさい)


燕さん(と今のところやられてない夜見)以外の親衛隊とS装備に対して、ちょっと批判的な感じになってしまいましたが、話としては今回も面白かったです。
個人的には益子さんと燕さんの戦闘が見られたってだけで満足だったりもします。

ねねエレンとのトリッキーな連携攻撃に猿叫、一発きちんと当てれば終わりそうな破壊力、負けたけど見せ場はバッチリでした。

あとは荒魂注入されて後日ゾンビみたいになって復活、とかやらずに燕さんが綺麗に退場してくれれば言うことありません。

来週はいよいよ可奈美と姫和が紫と戦うみたいですが、勝敗より今後の展開の方が気になってます。
僕としては開始数分で勝利、あとの半分は日常回というかサービス回オンリーなんてのでも一向に構いません。