ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

「刀使ノ巫女」第9話「祭りのあと」見た(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第9話「祭りのあと」見ました。

もうすぐ1クール目が終わりますし、ゲームの配信も近づいている(?)みたいですし、盛り上がってこないわけがありません。
回想メインの前回よりも益子さんが目立つはずだということも期待しつつ、ワンセグで視聴しました。


ということで、以下ネタバレあるので気をつけてください。

CM明けてすぐ、前半にサービスシーンとは予想外でした。
(益子さんの、濡れてもへたらない耳っぽい髪は一体どういう仕組みなのか……)

エレンが沙耶香に構っていることにちょっと妬いてる益子さんが最高ですが、入浴後に脚を広げ気味で立つ姿も注目して欲しいところです。
こういう無意識な行動にこそ、性格が出るんじゃないかという気がします。
(描いている人による益子さんというキャラクターの認識の顕れと考えれば、ひねくれた見方でもないはず……)

浴衣のサイズをどうやって把握したのか確かに気になるものの、祭りに相応しい格好ですし問題ありません。

潔く動かない背景モブとスライド移動する金魚が素敵です。

「襲った。あの人の家を」と平然と答える沙耶香に対する舞衣の反応が普通で、安心します。

本格的な戦闘が始まる前の息抜きをしつつ、ノロや荒魂の説明も入れてきたことには驚きませんでしたが、燕さんが降ってきたのには驚きました。

鎌府の時同様、長船の人たちもあっさり倒してしまったのは想定した範囲です。
超速の迅移で連携を取る前に1人ずつ片付ける個の強さを、可奈美というか舞衣の指揮能力で超える展開が見てみたいなと思いました。
(沙耶香あたりが個人で倒すってのも同じくらい見たいですが)

燕さんが荒魂を否定してたところはカッコ良かったんですが、単に体の事情なのかプライドからなのか知りたいです。
とはいえ延命のために荒魂を使うなんて流れにならなければ、どちらでも良いかなとは思います。
(関係ないですけども、DG細胞に侵されてないって話を思い出しました)


予告を見ただけでは来週どうなるのか分かりませんが、益子さんの活躍が拝めれば十分です。

(ブログ「たらりとたれる」より移動 18/03/10)