ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

「刀使ノ巫女」と書いて「とじのみこ」

番組表で目にした刀使ノ巫女ってタイトルが気になって、サイトとかで軽く確認後に録画して見たんですが、結構好きな感じでこれから楽しみです。

タイトルどおり刀使いばっかりなので、バトルの作画がどうなるか不安になるところですが、作ってるところを割と信頼してるんであまり気にしてません。

時代劇なんかの抜刀や納刀するシーンに文句を言ってた友人がいたのを思い出したんですが、そういう知識がないのもアニメを見る上ではかえって良いかも知れないと思いました。
勿論、きちんと描写されていても理解出来ないってことでもあるんで、本当は知識があった方が良いんでしょうけども。

そんなわけで刀での戦闘の良し悪しを単純な好みでしか判断出来ないんですが、最近だと先日見たボルトでの大蛇丸の戦闘は面白かったです。
ログ(?)とか言う人と大蛇丸が体術も駆使しつつ刀メインで戦う、というシンプルなシーンですけども何度も見ました。

理屈抜きに夢中になれるシーンを見ていると「あ、俺は今アニメ見てる!」とか当たり前なことを自覚させられ、それがとても心地よいです。

そういう感覚を理解してもらえるかはともかく、個人的に刀使ノ巫女にもそういう胸踊る戦闘シーンを期待してます。
とはいえ、誰かしらフックするよう色んな要素を持った女の子を揃えてる点も無視するつもりはなく、そっちにも期待してないとは言いません。

今のところ馬鹿でかい刀を持った子(益子薫)が1番好きです。
その益子薫、名前が栃木のコンビの組み合わせっぽいばかりか、誕生日がボケ担当の方と同じみたいなのは偶然なのかどうなのか……。
荒魂「ねね」の名前も「ごめんねごめんね~」から取ったのかとか疑ってしまいます。

まあ、何にしても彼女たちのカッコ良い戦闘シーンが早く見たいです。

ゲームに手を出すかは未定ですが、アニメは次回も録画しようと思います。

(ブログ「たらりとたれる」より移動 18/03/10)