ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『バトルガール ハイスクール』第10話「家族」見た(ネタバレあり)

アニメ『バトルガール ハイスクール』第10話「家族」見ました。

前日深夜のシンフォギアの特番を寝相の悪さが原因で録り損ねてしまったので、携帯電話の位置を決めるのに結構神経使ったのですが、無事録れていて良かったです。
(枕元に携帯電話を置いていたら、ボタンに触れたらしくダイヤル画面に切り替わっていて、ワンセグの録画機能が作動しませんでした……)


※以下ネタバレありますのでご注意下さい


サブタイトルに前回の予告映像と、内容を推測出来る材料はあったわけですが、薄々勘づいてはいても今回の話は驚きました。

前回の神樹祭以降数週間イロウスが出現していないということで、実家に帰宅出来るようになった星守クラスのメンバー。
皆それぞれに家族と過ごせることを喜びますが、ミサキだけは浮かない顔をしています。

それに気付いたみきはミサキを家に招くことにしました。
みきがミサキを誘っている時の理事長の表情が何だか意味深です。

家に帰るバスを間違えるとか、いくら久しぶりだとしても……。
それだけハードな日々を過ごしてきたということでしょうか。

ミサキを美人だと褒めたあとで「私の若い頃にそっくり」とか言えるみきママ、凄いです。
妹のことを聞いていたわけではなさそうなのに、何故か名前を知っているミサキ……。

カレーの好みまで一緒、なのはまあ甘いカレー派の方が多分珍しいので気にすることではありません。

甘いカレーの隠し味である生クリームを買いに行くことになった、みくとミサキ。
帰宅後、カレーを食べながらスーパーのおばさんに美人姉妹みたいだと言われたと話すみく。

みきママは家族みたいだとか言い出し、これはもうミサキが何者か確定したっぽい流れ。

みきには女子力が足りないと嘆くみく。
というか初対面の姉の友人と2人で入浴なんて、コミュニケーション能力が高いというか、なかなかの度胸です。
しかも、寝るときも2人。

ミサキじゃなくて蓮華が相手だったらどうするのか気になります。

それぞれ普段とは異なる、ゆったりした時間を楽しむ星守クラスのメンバー。

そんな中、やはりミサキは落ち着かなかったらしく、ベッドを抜け出しみきの家から出ていってしまいました。
みきパパが出張中だというのに夜に玄関の鍵開けっ放しは無用心過ぎるように思いますが、オートロックなのかも知れないので何とも……。

CMが明けると、まさかの理事長のデータ。

高台から見下ろす景色に、燃え盛る街や逃げ惑う人々を重ねるミサキ。
そこへ神樹祭の時に現れたイロウス(?)が現れ、交戦状態に。

教師たちも検知し、星守へ連絡します。

同じ頃、ミサキが居ないことに気付いたみく。
携帯電話に緊急連絡が入ったことでみきが、ミサキは先に行ったのかもと説明しました。

戦場こそ自分の居場所だと奮戦するもピンチに陥ったミサキを救ったのは、みきでした。
しかし、自分の敵だと一人で戦おうとするミサキ。

二人まとめて危険な状況になりましたが、他のメンバーが駆けつけてくれました。

敵は一人だからとか言っていたら、後ろから出てくる同じような黒フードたち。
それでも数では勝ってはいますが、星守たちはどうにか攻撃を防ぐのが精一杯のようです。

転倒したところを斬りかかってきた神樹祭の時の黒フードを、斬り上げようとしたみき。
その瞬間、黒フードをかばうようにしてミサキが現れました。

押し倒された黒フードに蹴り飛ばされたミサキを抱き止めたみきは、露になった敵の顔を見て衝撃を受けます。
(敵が自分に似てる顔をしていたのだから、驚いて当然です)

しかもミサキが敵に向かって「お姉ちゃん」とか言い出したら、混乱するしかありません。
そして、顔を見られたからという理由ではありませんが、黒フードたちは全員姿を消してしまいました。

「もう一人の、あなた」とか言われたら、みきじゃなくても動揺します。
ミサキが別の世界から来たもう一人の自分の妹って、それは自分の妹ということじゃないのかとか、みきの頭の中でグルグルしたに違いないです。


あと残り2話というところでようやく、ミサキが何者か判明しました。
他の黒フードたちも別の世界の星守っぽいですが、こちらの世界の星守が成長した姿なのか、それとも完全に新キャラというか別キャラなのか……。

これで完全にシリアスな流れになったかと思われる次回、どうなるのか楽しみです。


前の回
『バトルガール ハイスクール』第9話「神樹祭」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次の回
『バトルガール ハイスクール』第11話「真実」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し