ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

朝から『けものフレンズ』の再放送

けものフレンズ』が再放送されるっちゅー情報は前々から仕入れていたんで、本放送時に携帯電話で録画しmicroSDに保存していた分は全て消していました。
新たに放送されたものを改めて録ろう、ってな算段だった訳です。

しかし、痛恨のミス!
まさか一昨日の月曜日から既に再放送が始まっていただなんて……。

NHKの『昔話法廷』なる番組を気にしていて、他局の朝番組に対するチェックが甘くなっていたのが原因です。
アイドルタイムプリパラ』の前に流れた、放送中だというCMを見ていなければ、まだ知らずにいたかも知れません。

そんな訳で2話まで見逃してしまいましたが、3話は無事に録画の予約が間に合いました。

ミスなく録れてたんで再生!
JRAとのコラボレーション企画『ウマのフレンズ』の動画「けいばじょう」を見て以来久々の『けものフレンズ』はどんなんかなぁ……。

お、おえかき動物図鑑!?

フレンズのコスチュームを着た声優さんが子どもたちと踊る映像に放心状態。

「コブの中には脂肪が入っているよ。エネルギーにもなるし、暑い砂漠で体温の上がりすぎを防いでくれるんだ」
って、前情報なしだったこともあり衝撃を受けすぎて、ラクダの説明が全然入ってこないっす。

おえかき動物図鑑のタイトル通り、絵を描き始める子どもたち。
これは、凄く朝の子ども番組っぽい!

CM挟んでアニメ本編が始まりましたが、字幕が表示されていることに少しビックリしました。
もう(以前録画した分を)消してしまったので分かりませんが、確か以前は出てなかったような……。
(過去の記事を読み返すと、主にパーク関係の固有名詞の後に疑問符がチラホラ見られるので、字幕無しだったと思われます)

ジャガーの説明を見逃したのが悔やまれるところです。

ビックリと言えば「ショウジョウトキがペリカン目じゃなくてコウノトリ目になってた」的なことを3話の感想で書いたのですが、販売用に修正されていたみたいで、ちゃんとペリカン目に。
図鑑なら大事なことでも、アニメだから些細なことだとスルーされてしまいそうなのに、きちんと修正する丁寧な仕事ぶりに驚きました。

動物図鑑的な役目を果たそうという意志が感じられ、そういう部分が気に入った身としては嬉しかったです。
(夏休み期間中の朝7時30分開始とか明らかにお子様ターゲットですし、フレンズの可愛さアピールだけでなく動物についての知識を広めることは、深夜帯での放送時よりも大切だと僕は思います)

深夜帯に放送されているアニメに対する「朝でも放送出来る」なんて言葉は、見ている人の世間とのズレを示すことが多い気がしますが、『けものフレンズ』は見事成し遂げてしまいました。
自分は「朝や夕方に放送するならフレンズのデザインを大人しめにしないと」と考えていましたが、どうやら余計な心配だったみたいです。

考えてみれば、何だか分からないけれど見ていると照れる、何故か恥ずかしくなっちゃうシーンって昔から子ども向けアニメでも有りました。
今だって『ヘボット!』のナグリ王妃や、ヘボットとペケットの女子化とか、『プリプリちぃちゃん!!』のED映像とか、中々の中々な気がします。

けものフレンズ』のフレンズだってそういうラインと言えばそういうラインかも知れないです。
そもそも実際にこうして朝から放送しているのですから、問題ありません。


というか、そんな風にフレンズのデザインがどうのこうのとか心配するより、30にもなって土日の朝から子ども向けアニメを見ている自分の心配でもしてろっちゅー話です。