ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

アニメ『ラブライブ!サンシャイン‼』の感想2回目(ネタバレあり)

感じます。精霊結界の損壊により魔力構造が変化していくのが…。世界の趨勢が天界議決により決していくのが…。

今週のアニメ『ラブライブ!サンシャイン‼』は第5話「ヨハネ堕天」から第8話「くやしくないの?」までの4話。

1年前に放送されて再放送もされてDVDとかも出てて、今さらネタバレも何も無いかと思わなくもないものの、これから見ようという人もいるかも知れませんので文字数稼ぎ。


※以下、全13話についてネタバレ要素のある感想が続きますのでご注意下さい


というわけで、今週も『ラブライブ!サンシャイン‼』の再放送を見ました。

ネタバレどうのこうのと書いておきながら、それよりも前にいきなりヨハネの台詞を垂れ流したのは、字幕でハッキリ確認出来てテンションが上がってしまったせいです。
ごめんなさい。

映像配信風景から始まる、第5話「ヨハネ堕天」は津島善子Aqours加入回です。

パソコンのくだりで、花丸は図書室で何をしているのかとか考えてはいけません。

「天界と魔界にはびこるあまねく精霊、煉獄に墜ちたる眷属たちに告げます。ルシファー、アスモデウスの洗礼者、堕天使ヨハネと共に…。堕天の時が来たのです!」

この回の善子はネタキャラになるギリギリのラインを攻めている感じで、とても良いです。
(次回以降、堕天云々が持ちギャグと化していったような気がします)

第6話「PVを作ろう」は「ラブライブ!」への出場を明確に視野に入れ始めた回。

個人的には「土!」がこの回のピークです。

自分は犬の写真や映像を見るのは好きですが実際に触れるのは苦手なので、正直6話は好きじゃありません。
流石にアニメの中の話に本気で怒りこそしませんが、少なくとも梨子の反応を見て笑えないです。

第7話「TOKYO」は激ダサファッションに意識を奪われがちな回ですが、北海道の2人組が初登場します。

千歌とルビィの服装が中々衝撃的なために隠れている、花丸の地味なヤバさが見所です。

今朝、別のアニメで見たような階段を駆け上がると、そこにはSaint Snow
スクールアイドルの頂点を目指すなら神社でもどこでもステージに変える度量が必要なのです、多分。

第8話「くやしくないの?」はSaint Snowの『SELF CONTROL!!』からスタート。

最高だと言いたいところですが、入賞すらしていないとか他のスクールアイドルがどんなパフォーマンスをしたのか気になります。

先の展開を知っているだけに、鞠莉が気の毒で気の毒で……。
巻き込まれて振り回されて、挙げ句冷たくされるとか酷すぎです。
2年前の話は色々ややこしくて、どうも好きになれません。

当時は『Step! ZERO to ONE』が来るかと思っていました。


今週放送された4話の中から1番を決めるとなると、第5話と第8話で迷うところです。
第8話が放送された時点では2年前の話で矛盾しているように感じる部分もなく、黒澤姉妹と鹿角姉妹が良い味を出していたので即決ですが、後々の流れを考慮すると第5話でしょうか。

改めて第8話まで見て気付いたのは、マスコット的な扱いばかりされていた印象のルビィに、各回ごとに結構カッコいいシーンがあったことです。
それがすぐに思い浮かばないあたり、むしろ深刻なのではないかという気もしますが、単に自分が感じているだけかも知れないので、なんとも言えません。

来週は第9話「未熟DREAMER」から最終回までの5本。
今回の再放送が理由で以前録画したものは消したのですが、確か第9話は割と好きな回だったはずなので楽しみです。


前の回
アニメ『ラブライブ!サンシャイン‼』の感想1回目(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次の回
アニメ『ラブライブ!サンシャイン‼』の感想3回目(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し