ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

シンフォギア見逃したかと焦った

昨日の朝、『ヘボット!』も『宇宙戦隊キュウレンジャー』も放送無し、録画しておいた『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』をじっくり見ようと携帯電話のmicroSDカードに保存した映像を再生。
何だか歌番組が録画されているも、冒頭に前の番組が入っていることは良くあるので早送り。

そうしたら送れども送れども一向にアニメが始まる気配がなく、録画ミスしたのかと顔から血の気が引く引く。
2話は感想が書きにくく好みとも言い難い内容だったとは言えど、視聴は継続するつもりだったので結構動揺。
何故前日に新聞でチェックしなかったのかと考えたところで閃き、とりあえずMBSの番組表を確認してみることに……。

なんと放送が1日遅れになっていました。
時間が変更されることは知っていましたが、曜日まで変更されていたとは……。

そんなわけで無事に録画出来ていたので今朝、視聴しました。
ネタバレにならないよう、3話の感想。

好きな人には申し訳ないのですが、未だにパヴァリアの人らがどうにも引っ掛からないです。
現時点では嫌いでも好きでもありません。
とはいえ、もっとこう目的がハッキリして直接ぶつかるようになれば変わるかも知れないです。

あとはクリスがここまできてまだ何だか抱え込んじゃっている感じがちょっと……。
これまでの境遇だとかそうなってしまう要因も少しは察しているつもりですが、それでも4期なのにと思うとモヤモヤしてしまいます。

エルフナインのウジウジ具合も気にはなっていましたが、そこは今回クリアーした感じだったので大丈夫です。

しかしながら単純なことに、何がどうであれ戦闘が良ければ全て良しと思ってしまいます。

子供の頃に特撮やバトルもののアニメを見ていた時みたいに、カッコいい戦闘シーンがあれば大抵の細かいことは無視出来るのです。
本気で熱さや勢いを出してくれさえすれば、苦手な展開も矛盾だなんだも全部吹き飛びます。
(こないしたらええんやろ、っちゅーよな作為見え見えだと流石に気になるとは思いますが)

そういった意味では『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』はキッチリ押さえてくれているので安心です。
ただ、そんなアホみたいな見方しかしていないせいで、フワッとした感想しか出てこないんだろうなとは自分でも思います。