ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

模型制作を趣味にするなら

模型制作には様々なリスクがつきまといます。

ニッパーでランナーからパーツを切り離し、そのまま組んでシールを貼るだけなら、指を切らないように気を付けるだけで済みますが、この時点でも既にノーリスクではありません。

ゲート跡の処理にナイフを用いるとなれば怪我をする可能性は高まり、接着剤や塗料の有機溶剤は脳へダメージを与える可能性があります。
ヤスリをかけたりエアブラシで塗装した際の粉塵は肺を汚す原因になりますし、パテ類は体質によっては皮膚に炎症を起こしたりするようです。

趣味として模型制作を続けるならそういったリスクを知った上で、刃物は未使用時には必ずカバーを付けるとか、接着剤や塗料を使う際は換気しマスクを付けるだとか、細かい対策をするしかありません。

想定されるリスクが対策をしてもなお恐ろしいのであれば、思いきって削ってしまうのもありだと思います。
粉塵が怖いからエアブラシでの塗装はやめてしまう、というような感じです。
筆塗りにシフトするのか、マーカーでの部分塗装にするのか、塗装自体やめるのか、選択肢は色々とあります。


健康被害云々というだけでなく、自分の周りの環境だとか世間の流れだとかも考慮して、水性塗料の筆塗りに回帰しようかなと最近思い始めました。

塗膜の強度を気にしてきたのですが、考えてみればそこまで激しく動かすことなどまずありませんし、もしもの時には塗り直せば良いだけです。

この辺りは本当に個人の考え方の問題で、将来的な健康被害のリスクを軽く見るのも自由なら、どこまでも慎重に対策するのも自由だと思います。
何にせよ自分の選択に対しては責任を持つというのが、前提ではありますが。