ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

HGガンダムバルバトスの改造が完了した

HGバルバトスを改造したバルバルス、パステルやウェザリングマーカーで汚して完成しました。

f:id:talenagashi:20170512174351j:plain

自作した大剣を塗装した、汚す前の状態です。
汚すと目立たなくなるのですが、刃の部分は軽くグラデーションがかかるように塗りました。

基本塗装はメタリック系の缶スプレーを適当に混ぜた濁ったメタルカラーを、サフ無しで。
その上から、GXラフシルバー(GX208)やガイアノーツのプレミアムガラスパール(GP-04)を加えた濃いめのメタリックグレーを重ねています。
画像でも過剰なギラつきがたまりません。
(汚してもツヤを消しても、流石にここまでギラつかせておくと、微かに感じられる気がします)

f:id:talenagashi:20170512174352j:plain

f:id:talenagashi:20170512174353j:plain

バルバルス本体はガンダムマーカーウェザリングマーカーセットの、ガンダムマッドブラウン(GM28)とガンダムスートブラック(GM29)、大剣はそれらに加えてガンダムバーントアイアン(GM32)で汚しました。
そして、マーカーの塗料を綿棒等で軽く拭き取ってから、サクラコンテパステル幼児用12色内の「おうどいろ」と「ちゃいろ」と「はいいろ」を、粗い紙ヤスリで粉上にして擦り付けます。

それから、ガイアノーツのフラットクリアー(No.008)をベースに、少し黄色がかったパール系の色等を若干加えたツヤ消しクリアーを吹きました。
これにより、パステルの粉やウェザリングに用いた塗料が定着するのですが、砂を被ったような乾いた質感は薄れてしまうので、改めてパステルを擦り付けて作業は終了です。
(最後に擦り付けたパステルの粉は定着していないため、触れば取れてしまいます)

f:id:talenagashi:20170512174354j:plain

スマートフォンのカメラ機能を用いて撮影した画像を、横3縦4の比率でトリミングし、パソコンに移してペイント機能でサイズを調節した後、再びスマートフォンに戻してブログにアップしています。
トリミング時点では大体短い辺が1200から2000ピクセルで、ペイント機能で長辺を640ピクセルになるようにすることが多いです。
(縦640ピクセルの横480ピクセル、或いは縦横が入れ替わったサイズになるようにしています)

以前、別の記事でも書いたことがあるかも知れませんが、基本的には(被写体の)全体を写すように心がけています。
ピントは目立たせたい部分に合わせるようにしているため、理由や目的がない場合はガンプラでは大抵顔です。

あとは被写体が中心に来るようにトリミングしてやれば、無難な写真の完成。

f:id:talenagashi:20170512174355j:plain

大剣の定番ポーズ。