ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

改造したHGバルバトスの塗装をした

f:id:talenagashi:20170510174337j:plain

f:id:talenagashi:20170510174339j:plain

ガンダム・バルバトスのパラレルな存在という勝手な設定で作っているガンダム・バルバルス、基本塗装と軽い汚しまで終わりました。

f:id:talenagashi:20170510174340j:plain

f:id:talenagashi:20170510174341j:plain

f:id:talenagashi:20170510174342j:plain

f:id:talenagashi:20170510174343j:plain

f:id:talenagashi:20170510174344j:plain


改造に関する話は完成後にするとして、今回は塗装について説明したいと思います。

まず全体に塗装前の下地として、缶スプレーのファインサーフェイサーL(ホワイト)をエアブラシに移して吹きました。
(左腕のガントレットガンダムフレームはわざわざ塗り直す必要が感じられなかったため、サフは吹かず以前のままです)

処理し損ねていたキズの確認のために磨き前提でサーフェイサーを吹く、いわゆる「捨てサフ」の手順は面倒なので省略し、乾燥したらすぐに本番の塗装に入ります。

白部分はピュアーホワイト(TS-26)にアルミシルバー(TS-17)を僅かに加えた色、赤部分はブライトマイカレッド(TS-85)、青部分はパールブルー(TS-89)にブルー(TS-15)を3割ほど加えた色です。
黄色はキャラクターイエロー(109)、イエロー(4)、オレンジ(59)、クールホワイト(GX1)を混色したものを吹きました。

関節や武器は過去に色々混ぜて作ったグレーを、ウイノーブラック(GX2)で明度(?)を調節しながら、塗っています。
ただ、首と左手のみバルバトス本来のフレーム色に近づけるために、オレンジとマルーン(100)を少量ずつ加えました。

バーニアは黒寄りの関節色を吹いた上から、シャンパンゴールド(TS-75)にチタンゴールド(TS-87)を4割くらい混ぜた色を重ねています。

ちなみに色の名前の後に「TS-」とあるものはタミヤの缶スプレーで、サーフェイサー同様にエアブラシに移して吹きました。
濃度の調節はパール系やメタリック系の色はガイアノーツのメタリックマスターで、それ以外はMr.カラーうすめ液です。

スミ入れやウォッシングはターナーアクリルガッシュを、水性ホビーカラーうすめ液で薄めて使用しました。
ジェットブラックとバイオレットを半々で混ぜたものをメインに、部位ごとにパーマネントイエローディープやパーマネントスカーレットを適宜加えています。

パステルやガンダムウェザリングマーカーで本格的に汚し、(それらを定着させるために)クリアー等を吹いてコートすれば完成です。