ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『けものフレンズ』第12話「ゆうえんち」見た 後編(ネタバレあり)

ダラダラ垂れ流していたら結構長くなってしまったので、素直に前後で感想を分割しました。
分割するほど長くなってしまったのは第6話「へいげん」の感想以来ですので、久々です。
(最終回とはいえ、また分割するようなことになるとは思っていませんでした)

※こちらも内容に関するネタバレありますので、ご注意ください
(記事一覧でのネタバレ回避のため、これより上の文を修正しました 17/04/20)



え、何?
ゲート(?)を背に、何か見たことのない動物が……。

背景から考えると、もしかして1話で倒したセルリアンに食べられていたフレンズ?
いつかは分からないですけど、動物に戻ったみたいです。

フレンズたちは遊園地にいます。
(何か英文を無理やり和訳したような……)

はかせたちに言われて料理するヒグマ、嬉々として紅茶を配るアルパカ。
ペパプとトキとショウジョウトキ、夢のコラボレーションを見守るマーゲイ。

異様なテンションのプレーリードッグとカワウソ。
ああ……、アホっぽいフレンズはやはり格別です。

ライオンとキタキツネがいるのは、メリーゴーランド?

皆が待つ遊園地に、かばんとサーバルが到着。
腕時計みたいな姿になりましたが、ちゃんとボスも一緒にいます。

巨大セルリアンを倒して1ヶ月経ったようです。

話を聞く間のポーズにもフレンズの個性が出ていますが、カワウソとヘラジカは相変わらず良い味出してます。

いただきますも兼ねた挨拶が終わる前に食べているなんて、はかせとじょしゅも相変わらずな感じ。
話が長いと言われたので切り上げ、食事。

ジャガーの腕を掴んで「強そうな腕だな~」と勝負しようと持ちかけるヘラジカ。
その背景のレール上には、はしゃいでいるカワウソとプレーリードッグ
同一画面にジャガー以外とんでもないフレンズしかいない、とんでもない映像です。

漫画が描けるオオカミどころか、それを見ているビーバーとキタキツネすらかなり知的に見えます。
(実際、アニメに登場したフレンズの中では確実に賢いですが、直前の映像と比較すると尚更……)

ジャパリまんに料理(カレー?)を付けて食べることを提案したライオンも、ただ実践しているだけのカバとアリツカゲラもかなり賢そうです。

ライオンとジャガー、オオカミやカバ、ヒグマあたりは強さと賢さの両方が備わってそうな印象を、個人的には受けました。

「というわけで、噴火の日に帽子を追いかけていたのだ」
どういうわけだか分からなくても、アライさんが可愛いことだけはハッキリ分かります。

ツチノコの話では帽子に付着した頭髪がフレンズ化してかばんになったようですが、セルリアンによってフレンズ化が解けたかばんは、頭髪には戻っていません。
と、いうことは絶滅した動物の体毛や骨をフレンズ化させてから、セルリアンによって解除することで(絶滅した動物を)復活させることが可能!?
(ジャパリパーク運営が悪の組織だったら、そうやって蘇らせた動物を悪用するところです)

もしかしたら、ヒトの体組織だけが例外である可能性もありますが……。
何にしてもミライさんの帽子に付着していた頭髪がフレンズ化し解除されたわけですから、かばんはミライさんの頭髪から再生された人であると言えます。
(要するに、ミライさんのクローン)

前回までミライさん本人か、何らかの事情で置いていかれたミライさんの親族がフレンズ化した、或いはミライさんの親族であるただのヒトだと思っていたので、びっくりしました。

ヒトの近くにセルリアンがいたのではなく、セルリアンの近くにヒトがいた。
言われてみれば、遭遇する頻度はそう高かったようには思いません。
ボスがセルリアンを回避するルートをとっていた、なんてことはありませんでした。

「本当にサーバルに喋ったのですかあ?」
スナネコ、ナチュラルに煽ります。
反論するサーバルの言葉に、かばんは妙案を。

わざとヒトに危害を加えるフリをすれば、ボスは喋るようです。

1話の内容がきちんと最終回である12話でも活かされるというのは多分、本来は特別凄いことではありません。
しかし、伏線っぽい意味ありげな台詞や場面が結局意味など無く終わる作品もあるため、きっちりやってくれただけで素敵だと思えます。

ベンチに腰かける、かばんとサーバル
サーバルの問いに、海に出るのは「いつか」で良いと答えるかばん。

サーバルの耳がひくひく動いたと思ったら花壇の陰に隠れたフェネックが、観覧車に乗るよう囁いてきました。
(聞こえないので、具体的な内容は不明)

かばんたちが乗ったゴンドラの、隣のゴンドラが外れて地上に落下……。

ゴンドラ内でボスの映写機能が作動、ミライさんの映像が流れます。
どうやらミライさんは、ジャパリパークのある島を脱出しただけのようです。

かばんとサーバルが観覧車に乗っていた間に、皆はプレゼントを用意していました。
バスを修理して改造した船、というか水陸両用車でしょうか?

翌朝、皆に見送られながら旅立ちの時。
どのフレンズの言葉も感動的ではありましたが、カバの台詞は1話から溜めに溜めた感があり、特にぐっときました。

皆の心配を吹き飛ばすべく、木に登るかばん。
前回も今回も、木登りがここまで心に響くようになるなんて、バオバブ(?)に登っていた時には想像もしませんでした。
初めて1話を視聴している自分に「木登り、エエよな」なんて言ったら「コイツ、ヤバい奴やん」って思うに違いありません。

いよいよ、バスで出発します。
それを遅れて追いかける荷台部分……。

ジャパリパークって、どんだけ広いの!?
管轄がどうこうとボスが言っていますが、何が何やらです。

画面右下に「おわり」の文字が出て、ED。

キャストを見るとアードウルフなる動物の名前が。
その下のマイルカも見覚えがありませんが、どうもあの正体不明の動物がアードウルフ?

ED後に、バスの電池が切れてストップ。
荷台部分で追跡していたサーバルも、慌てて止まります。

サーバルちゃん、みんなー!」
みんな?
え、もしかして見送りの時にいなかったアライさんとフェネックとか?

声がしないから誰だか分からないですが、サーバルだけではないみたいです。

「なになにー、どこいくのー?」
海から出てくるような効果音の直後ですし、かばんの返答から判断すれば初対面。
分かったで、マイルカや!
(色黒でも高校生でも名探偵でもないけど、それっぽく)


「つづく」ような気がしなくもないような終わり方に、期待と不安が半々。
解説コーナーがないのは寂しかったですが、仮にここで終わってもハッピーエンドめでたしめでたしです。

と心から思えないのは、かばんの指が何故か黒くなってるから。
木に登って汚れたのかなとか希望的観測しようにも、その前から黒いしそもそも汚れてる感じではないのが……。

諸事情で実はフレンズ化してて、手袋が生えてきつつあるとか?
まあでも大丈夫、悲観するようなことはないよねー、って感じで続きをゆったり待ったり待たなかったり。

録画してあるので、再度初回からジャパリパークツアーしようと思います。

前編
『けものフレンズ』第12話「ゆうえんち」見た 前編(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し


前の記事
『けものフレンズ』第11話「せるりあん」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次の記事
『けものフレンズ』12.1話「ばすてき」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し