ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

お絵描き

『Bamboo Art Master』と『Corel Painter Essentials 3』を使用して、お絵描きしました。

f:id:talenagashi:20170216001727j:plain

今回はアニメ『けものフレンズ』のサーバル!

アニメの3Dモデル(?)を見つつ、(頭身のバランスやポーズとか)カッコ良さを前面に出していった感じです。
ですから、前に描いたライオンよりはアニメのフレンズっぽくなっていると(自分では)思います。

ちなみに、サイズ調節と文字入れはパソコンの『ペイント』で行いました。

やはり色味は若干緑がかっているというか黄色寄りになったものの、想定しているよりも気持ち赤みを強めにしていたお陰でさほど目立たないので、今回は色相はいじっていません。
(Xperiaでの画像編集は一切なし)

f:id:talenagashi:20170216001728j:plain

きちんと描く前にポーズを決めたりするために描いた、下描きです。
中々に酷いですが、この下描きにレイヤーを重ねて本番のサーバルを描きました。

それにしても、何も見ずにイメージだけで描いたらここまで大変なことになるとは……。
色はただ塗ってみただけなのでいいとして、何故かマフラーを描いてしまっています。

何度も見ているというのに、人の記憶というものはこうも曖昧なのかと驚愕しました。
(恐らく、単に自分がいい加減なだけですが……)

f:id:talenagashi:20170216001729j:plain

画像の通り、線画のレイヤーだけを保存したものです。
この画像の文字も『ペイント』でサイズを調節した際に入れました。

線画のレイヤーの他には、髪の色、髪の影、肌の色、肌の影、服の色、服の影、模様、背景、10枚近いレイヤーを使用。
こまめにレイヤーを分けると、何かしくじった時にダメージが少なくリセットしやすいというメリットがあると思います。
デメリットは、微調整する際どのレイヤーを修正する必要があるか分かりづらかったり、何度もレイヤー間を行き来する羽目に陥る点でしょうか。


少しレイヤーや各種機能の使い方が分かってきたような気はしますが、無駄な手順がまだまだ多いように感じられて仕方ありません。
色々試行錯誤しながら、これからも精進しようと思います。