ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『けものフレンズ』第4話「さばくちほー」見た(ネタバレあり)

けものフレンズ』第4話「さばくちほー」見ました。
1クールあるとして3分の1ですが、今回は話が動いたというか、謎となっていた部分が結構明らかになった(気がする)回でした。
(でも、相変わらずゆるゆるなので落ち着きます)

※ネタバレ、というほど大層なものではありませんが、内容に触れるのでご注意下さい。


さばくちほーをバスで進みます。
順調には行かないだろうなとか予想していたら案の定、前方に巨大な砂嵐。

しかもバスが砂に足を取られるオマケつき。
かばんとサーバルで車体を押すも、力不足。
(2話のサーバルから考えると、不思議ではあります)

必死で頑張っていたらスナネコが降ってきました。
CVがEDの曲を歌っている人のようですが、新人っぽい人の演技に慣れてきたせいか、違和感はありませんでした。

スナネコの助力でバスは脱出成功、また走り出します。
ボスことラッキービーストの音声が、ベビーバブジーっておもちゃに似てるなとかいう話はどうでもいいです。

走り出したのは良いものの砂漠の熱で車内、特に床がとんでもない高温に。
砂漠対応のスナネコ以外は耐えられないということで、スナネコの巣穴にバスごと避難しました。

ジャパリまん、再び。
どこで手にいれたとかは考えないことにします。

地上は昼間は暑いし夜間は寒い、ということで巣穴の奥からバイパス経由で、図書館を目指すことになりました。

それにしても、舗装された道とトンネルとどう見ても人工的で不気味です。
橋だとか看板の比ではありません。

名作とされる映画の名前を出すのは気が引けますが、『千と千尋の神隠し』の冒頭で味わう気持ち悪い感覚に似ています。

ライトなんか点けて電池切れしないか心配になりますが、バスを動かすことからすれば消費する電力は微々たるもののはず。
だから、多分大丈夫です。

スナネコを残して、トンネルを進んでいくとゲートみたいなもの発見。
これまた気味が悪くて勘弁してほしいだとか思っていたらCM前の動物解説コーナー!

って英語!?

『びっぐきゃっとれすきゅー ろーれんおねえさん (あめりか)』の表示に、画面上部には字幕が!
わーるどわいど!!

知らないことは知りたい、知りたければ調べるがモットーの私は早速、携帯型電子端末にてネットの広大な海原へと漕ぎ出でます。

要約すると「ググっ」たわけですが、『Big Cat Rescue』はアメリカはフロリダ州NPO法人だということが分かりました。
名前のとおり、ライオンやトラなどの大型ネコ科動物を保護する活動をしているそうです。
アニメ『けものフレンズ』に登場したフレンズだと、ジャガーが大型ネコ科動物に該当します。
(ですが、今回スナネコの解説をしてくれていますし、大型限定というわけでは無さげです)

詳細などは気になった方に「ググっ」てもらうとして、国内の動物園しか考慮していなかった自分の視野狭窄ぶりに驚きました。
思考は柔軟でありたいと願ってはいますが、やはり加齢からかカチカチになっちゃってるみたいです。

CM明けて、ゲートの向こうへ。

ツチノコと遭遇し、なんやかんやあって、出口を求めて地下迷宮をさ迷うことに。
(遺跡とか溶岩とか、アトラクションにジャパリコインだとか、終いには絶滅なんてあからさまに不穏なワード……)

そして、久々のセルリアンは色違いなのもスルーされるし戦闘もなし、橋の崩落に巻き込まれ谷底へ消えるだけの悲しい流れでした。

かばんが何者なのかツチノコが察したような描写に、作品的には現在のジャパリパークの核心にも迫りそうな雰囲気まで……。
空気が微妙に変わった感に正直なところ若干戸惑いましたが、ここにきて得体の知れなさマシマシなのは、むしろ素晴らしいです。

個人的にはズッコケるようなものでも構わないので、何かしら答えは明示してほしいと思います。
(意味深に謎やヒントを散りばめて、答えは明らかにせずぼやかして、各々の手に委ねるような作品も嫌いではありませんが、『けものフレンズ』にはそういう方向に行って欲しくないです)

なんてちょっと考えてるうちにEDが終わって、『つちのこかん やすえおにいさん (ぎふ)』!?
ツチノコが今も実在するかどうかは分かりませんが、少なくともかつて存在した可能性までは否定出来ないと思っていますし、素敵な選択だったと思います。

捨てられたりした動物の保護という現実的な問題に対処している『Big Cat Rescue』と、ツチノコという幻の生物の資料を扱う『つちのこ館』、対極とまでは言わずとも性質を大きく異にする両者に解説を依頼するなんて、考えたらとても凄いことです。

解説コーナーだけまとめて公式にYouTubeか何かでずっと見られるようになれば、きっと子どもたちの為になるとか思ったりもしていたり……。
(割と、というかかなり真剣です)

なんて真面目っぽいこと考えるのも自分なら、コツメカワウソジャガー再登場に歓喜するのもまた自分。
うん、やっぱエエわぁ……。

アライグマとフェネック、来週はジャパリカフェでしょうか?
トキがいるのかいないのか、恐らくいるんだろうなとささやかな予測しつつ、次回を待ちたいと思います。


前の記事
『けものフレンズ』第3話「こうざん」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次の記事
『けものフレンズ』第5話「こはん」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し