ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

HGUC Ex-Sガンダムの塗装

反省点は、これとはまた別に記事を書くことにして、作業の説明をしたいと思います。

といっても写真で順を追うだけです。

f:id:talenagashi:20170128112804j:plain

f:id:talenagashi:20170128112805j:plain

f:id:talenagashi:20170128112806j:plain

これが本体の塗装が済んだ段階で、ツヤの調節はしていません。
各部に塗装の剥がれが生じているのが、粗めの画質でも見えるかと思いますが、とりあえず今回はスルーします。

f:id:talenagashi:20170128112807j:plain

ネロのライフル風なライフル。
パーツごとに微妙に色味を変えようと試みたものの、いまいち上手くきまりませんでした。

f:id:talenagashi:20170128112808j:plain

肩にキット付属のシールとベルテクスのナンバリングデカールを貼ってから、クリアーでコートした状態です。
この後、つや消しを全体に吹いて完成としました。

ナンバリングデカールは、久しぶりの水転写式デカールだったために何枚か失敗しています。
特に6のデカールは後がなくなり、絶対にミス出来なくなってしまったので焦りました。


最後にカラーレシピですが、特に記載がない場合はGSIクレオスのMr.COLORです。
(括弧内は番号)

本体等グレー:つや消しホワイト(62)、クールホワイト(GX1)、ウイノーブラック(GX2)、ムーンストーンパール(XC08)など
(ウイノーブラックの量で明るさの調節をしています)
黄色:キャラクターイエロー(109)、クールホワイト
赤:マルーン(100)、クールホワイト
紫:上記の赤、キャラクターブルー(110)
バーニア部分のグレー:ウイノーブラック、クールホワイト、GXラフシルバー(GX208)
白:クールホワイト

下地はタミヤのファインサーフェイサーのホワイトと、ガイアノーツのサーフェイサーエヴォホワイトです。
(タミヤサーフェイサーは缶スプレーの中身をエアブラシに移して吹きました)

クリアーはスーパークリアーIII(GX100)で、仕上げのつや消しクリアーはガイアノーツのフラットクリアー(008)に、本体等に用いたグレーをごく少量加えたものを吹きました。

本当は紫をもう少し白っぽくしたかったのですが、吹いてみると想像以上に普通の紫に……。
手間を厭ってテストをしなかったせいです。
(単体での色味は紙に吹いて確かめましたが、グレーと合わさった時にどう見えるかまで調べるべきでした)