ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『けものフレンズ』第3話「こうざん」見た(ネタバレあり)

けものフレンズ』の3話、「こうざん」を見ました。

ある時から「(アニメは)3話まで見ろ」なんてなことが言われておりますが、アニメ『けものフレンズ』は今回がその3話です。
(珍しく、あまりそのようなことは意識していませんでしたが……)

※以下、あらすじやら感想やらネタバレ要素がありますので、ご注意下さい
(記事一覧でのネタバレ回避のため、これより上の文を修正しました 17/04/20)


コツメカワウソ、やっぱりフレンズの中でも群を抜いてキワドイっ!
ジャガーと一緒にバスのところで待機することになったのですが、コツメカワウソのお尻にばかり目がいってしまいます。

そういえば、カワウソって確か河童のモデルになったとかいう説があったような気が……。
そして河童といえば、尻子玉というお尻付近に存在する(とされる)魂のようなものを抜き取ることが有名です。
つまり、カワウソのお尻を見せつけている製作者サイドは河童の正体はカワウソであると、暗に示しているわけですなぁ。



ジャパリカフェのある山頂へ向かうロープウェーが動いておらず、立ち往生していた一行の前にトキ登場!
怪音波的歌唱を披露したところでオープニングに入りました。

トキの喋り方、トキはトキでも怜(『咲-Saki-』シリーズの園城寺怜)っぽいなとか思いながら、オープニング映像を見ていたら発見。
前回までシルエットになっていたジャガーたちが、きちんと描かれています。
これは今回シルエットになっているフレンズも、いずれ本編に出てきたら表示されるということでしょう。

CMを挟んで、未だ舞台はロープウェー乗り場。
かばんとラッキービーストはトキに運んでもらうことになり、サーバルは自力で岩壁を登ることになりました。

で、トキの口から「動物だった頃」なんて言葉が。
他にもサンドスター(?)だとか「今年の噴火で生まれた」とか重要そうなことがモリモリ。
ジャパリまん(?)なる食べ物も大事な要素だったりするのかどうなのか。

CM前に『さどしときのもりこうえん ひぐちおねえさん (いしかわけん)』によるトキの解説。
おしどり夫婦への自然な悪口が素敵です。
(オシドリは一生添い遂げるわけではありません)

CM明けは『なすあるぱかぼくじょう あべおねえさん (とちぎけん)』によるアルパカの解説です。
微妙にカットされた感じの終わり方だった気がしましたが、気のせいでしょうか。

毎度繰り返しているように、解説コーナーは本当に最高です。
フレンズのデザインをもう少し抑え目にしたら十分、お子様たちにすすめられる番組になると思います。

ところで、ここでアルパカの解説がきたということはアルパカが出てくるということでしょうか?
期待してしまいます。

崖を登っていたサーバルが、今回2度目の落下。
(1度目はロープウェーのロープ上から)

かばんたちは無事、ジャパリカフェに到着。
なんと、そこのマスターがアルパカでした。
(スリ、とは毛並みの種類)

カフェの屋上に設置されている太陽光発電パネルで、電池を充電させてもらえることに。
ただ、(電池の充電にかかる)1時間はカフェに電気が来ずお茶も出ません。
その間に、かばんの案でカフェの案内板代わりに地上絵的なものを描くことになりました。

丁度、作業が終わったタイミングで山頂にたどり着いたサーバル
同時に充電も完了し、カフェに電気を回せるようになったため、アルパカの淹れたお茶を皆で飲みます。

喉に良いお茶だったらしく暖まるだけではなく、トキの怪音波もマシになるという効果もありました。

ラッキービーストがロープウェーを使用できる状態にしてくれていたようで、帰りはサーバルも一緒にロープウェーで下ります。

トキとアルパカはまたお茶を飲むつもりらしく、カフェに戻ろうとしていたのですが、地上絵(とトキの歌)のお陰でショウジョウトキがやってきました。
ショウジョウトキがコウノトリ目になっていますが、本当はトキと同じくペリカン目なのでミスです。

かばんたちは何事もなく麓へ着きました。

充電してきた電池をバスに突っ込み、運転席にはラッキービースト。
皆が見守る中、バスはちゃんと動きました!

待っていたジャガーコツメカワウソ共々、喜びを分かち合います。

テンションが上がりすぎたのかバスの前に立って「止まれ~」「動け~」とかサーバルがやっていたら、ラッキービーストが容赦なく轢いたのが怖かったです。
かばんとジャガーが笑っているし「危ないよ~?」の一言で済んでいる以上ギャグなんでしょうが、ラッキービーストのキャラクターのせいでちょっと焦りました。

バスが動いたことで、ジャガーコツメカワウソとはお別れ。
個人的に、かなり残念です。


不安になる背景のエンディング後に、フェネックとアライグマのパート。
カバに遭遇した、っちゅうことは次回はジャガーコツメカワウソに会う可能性が?
……よし!

何か、かばんを捕まえないとマズイみたいな話をしていましたけど、きっとまあそう深刻な流れじゃないでしょう、多分。
(関西だと『結城友奈は勇者である』が再放送されているため、比較して先行きに不安を覚えなくもなく……)


前の記事
『けものフレンズ』第2話「じゃんぐるちほー」を見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次の記事
『けものフレンズ』第4話「さばくちほー」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し