読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『けものフレンズ』第2話「じゃんぐるちほー」を見た(ネタバレあり)

今週も『けものフレンズ』見ました。
ノーマークだったがため、アニメ放送前週の特番を見逃したのが悔やまれます。

※以下ネタバレあるので、気をつけて下さい
(↑本文中の警告のみで、タイトルには表記していなかったのですが、表記するようにしました
17/02/22追記)



前回の続きで、かばんとサーバルは謎のラッキービーストと共に「じゃんぐるちほー」を図書館目指して進みます。
が、ラッキービースト曰く歩いて行くには大変らしいので、まずバスを探すことになりました。

フレンズが多くいるとか言ってたら、いきなり木の上で寝ているオセロット発見。
続けてマレーバクも。

どちらも知っていますよと調子に乗っていたら、フォッサ!?
……へぇ、マングースの仲間なんですね。

インドゾウ、デカいっす。

アクシスジカ、土食べてます。
インコ用に塩土という製品が販売されているのをペットショップで見かけたことがありますし、雪を融かすために道路に撒いた塩を鹿が舐めに来るというニュースも見たことがあるので、きっと生物にとっては塩分の補給は重要なんでしょう。

かばんは見かけ上は人ですし、汗で塩分を(フレンズよりも多く)失っているはずですから、なおさら土を食べるべきだったかもしれません。
自分が同じ状況だったとしても、多分食べられないとは思いますが……。

キングコブラミナミコアリクイクジャクタスマニアデビルエリマキトカゲオカピと尺を取らずに連続で消化する流れ、嫌いじゃありません。
(オカピなんて三大珍獣なのに)

ミナミコアリクイが両手を広げて立ちふさがっていましたが、これが(一部では)有名な威嚇のポーズです。
生で目にしたことはなく映像でしか知りませんが、本物もかなり可愛いので是非見てもらいたいと思います。
(コアリクイ的には真剣な行動と思われるので気の毒な話ではあります)

鬱蒼としたジャングルが突如ひらけて、目の前に川。
小川ならともかく、大河ですから渡れません。

そこで壊れた橋らしきものを滑り台にして遊んでいるコツメカワウソに遭遇、ジャガーさんを頼るようにすすめられました。

それにしても、陸に上がったコツメカワウソがサーバルと話している横アングルな場面、かなりキワドイです。
狙ってるのか偶々なのか分からないくらいの方が、見てはいけない気がしてドキドキします。
って、何を言っているんだ。

噂のジャガーさんが背後を通りすぎたところでAパートが終わり、CM前に『しんざきおにいさん』登場……、しない!?
動物紹介コーナーは1話だけのサービスだったのかと落胆したものの、CM明けと同時に『とうぶどうぶつこうえん くどうおねえさん (さいたまけん)』!

コツメカワウソの解説(?)が始まりました。
ただ、(個人的には)カワウソはここ数年で生態等含めメジャーになった動物だという認識なので、今回登場したフレンズだとフォッサあたり攻めて欲しかったです。
(プール入るとか昼寝するとかいう情報が有用かと言われれば疑問符ですけど、動物園での日常が感じられて良かったです)

ジャガーさん、見た目が自分好みなだけじゃなく、凄く親切なジャガーでした。
お陰で目的のバスに到着。

しかし、動力部と荷台(?)が川によって隔てられています。
かばん、サーバル、コツメカワウソジャガーで協力して動力部を持ち上げて、渡ろうと試みるものの失敗。

悩んだ末に、かばんの案でつり橋のようなものをかけ、バスを抱えたサーバルがそこを飛び跳ねることにより、無事向こう岸へ。
動力部だけとはいえかなり重そうなのにサーバル、力強すぎです。

これでバス復活、とはいかず電池を充電する必要があることが分かりました。
そして、その為には山頂にあるジャパリカフェ(?)まで行かねばならないというところで次回に続く!

何か寂しい映像のEDに少し戸惑っていたら、解説パート再び!
『てんのうじどうぶつえん なかやまおにいさん (おおさかふ)』によるジャガーの説明です。
水族館派の自分が行ったことのある数少ない動物園だからか、テンション上がります。

って、説明の内容どうこう以前に、お兄さん標準語喋る気ぃ微塵もありませんやん!
「ヒョウの模様は丸っこい輪っかが、身体中に散らばってますやんか?」てホンマにお兄さんっちゅう年齢なんか疑わしい口調やったり、色々突つきたなるトコがあるんもエエやないのて自分は思いますけど……。
“生”な雰囲気があると考えれば、これで良いのでしょうか?
(がっつり方言で説明されると分からない地域にある動物園の飼育員さんが来たら、それはそれで面白いかも知れません)

方言はともかく、1つの動物園ではなく色んな動物園の飼育員さんに話を聞くというのは素晴らしいと思いました。
動物園ごとに飼育されている動物の種類が異なるのは勿論、「この動物ならばこの動物園」というように得意分野もあるはずだからです。
(例えばパンダだと、白浜にあるアドベンチャーワールドが繁殖実績で世界でもトップクラスです)

動物紹介コーナーは1話につき1回でも構いませんから、このまま最後まで継続してほしいと思います。


全体的に今回もゆるゆるで大満足でしたが、合わない人にはトコトン合わないだろうなと思いましたし、続編やスピンオフに劇場版まで作られるようなアニメには思えませんでした。
「皆が見てるから」って理由で見るアニメを決めている人にはオススメ出来そうにないです。
といって『ヘボット!』のようなある意味分かりやすい中毒性もなく、カルト的なファンもつきづらい気がします。

でも、関係ありません。
売り上げだとか視聴率だとかファン数だとか、作って送る側だけ気にしていれば良いことだと思います。
受ける側がそんな(不透明で確実に知りようもない)こと意識して、何の意味があるのか自分には分かりません。
(そこに楽しみを見出だしているのであれば、話は別ですが)


ああ、予告のペンギン可愛いなぁ……。



あ、公式サイト面白いです。
なんと、2017年の年賀状用イラストが無料でダウンロード出来ちゃいます!!
(気付くのが遅かったとか一瞬残念に思ったけど、出す人いませんでした)