ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

HGUC Ex-Sガンダムの改造をしています

HGUC Ex-Sが後はもう表面処理のみ、といった段階まで進んだので改造途中の画像と説明。
モビルスーツ関連の各用語は『ガンダム・センチネル』に記載されているものを参考にしています

f:id:talenagashi:20170117212943j:plain

f:id:talenagashi:20170117212944j:plain

リフレクター・インコム・ユニットはビーム・サーベル・ボックスも兼ねておりまして、ビーム・サーベルが固定された基部ごと上に跳ねるように展開します。
完全再現とはいかずとも、それらしく見えるようにすべくコトブキヤのダブルジョイントを仕込みました。
(ビーム刃のエフェクトとダブルジョイント、それぞれの軸がほぼ同径なので接続は直でいけます)

f:id:talenagashi:20170117212946j:plain

何度かテストしたあとジョイントを固定し、プラ板やエポパテ(軽量タイプ)で整形した状態です。
(上の画像で右側のものは外見だけ模した、動かないダミー)

f:id:talenagashi:20170117212947j:plain

肩アーマー下部のサイド・ジャケット接続用のポリパーツを外し、代わりに(肩アーマー内部を隠す)カバーを自作して、はめ込みます。
特に摩擦する場所ではないのでどんな色(のランナー)でも構わなかったのですが、関節や武器用の黒いランナーを選びました。
使用したエポパテはウェーブの軽量タイプとタミヤの高密度タイプを混合したものです。

f:id:talenagashi:20170117212949j:plain

f:id:talenagashi:20170117212950j:plain

胸部と腕部をつなぐムーバブル・フレームは、(内蔵された)ポリパーツの軸が天面に露出しています。
そう目立つ箇所ではないものの、難しい作業でもないので塞ぎました。
ここも擦れそうにはありませんでしたが、一応同色のランナー(タグ)をMr.セメント・リモネン系の流し込みタイプで接着。
(隙間などはウェーブの瞬間接着剤で埋めました)

f:id:talenagashi:20170117212951j:plain

f:id:talenagashi:20170117212952j:plain

Ex-SではBパーツ主翼ユニットがスカートの位置にありますが、可変機ではないという設定で改造しているため、新たにネロ(のスカート)を参考に自作。
ビーム・ライフルもネロ用のものを模して作りました。
どちらもプラ板の箱組にエポパテ(ウェーブの軽量タイプ)を盛って削って整形しましたが、精度を出すなら悪手です。


サーフェイサーを吹いてチェックして、問題なければ塗装に入ります。