ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

実写版『咲-Saki-』の特別編、見た

咲-Saki-』特別編、見ました。

※以下、作中と外伝に登場する固有名詞の略称や通称を使っています。
原作未読、アニメ未視聴の方にとってネタバレになる事柄も含んでいるかもしれません。
ご了承下さい。


龍門渕透華、すばらっ!
龍門渕高校以外の全員含めても、一番素晴らしい演技だったのではないかと自分は思います。

初見では「ケバい」とか思ってしまったのですが、もう透華にしか見えません。

テンプレート的なお嬢様言葉の中に、(透華のキャラクターを知っているからでもあるでしょうが)微かな“ヤバさ”が感じられ、たまりませんでした。
これは和と対局している時の“ヤバさ”にも期待できそうです。
(なんて思いつつ劇場に行くつもりは……)

演技でいうなら、ユミちんも良かったと思いました。
鶴賀学園麻雀部(の部長じゃないのに)部長っぽいところがしっかり出てます。
最高っす。

あと、ダークホースな感じだったのが、ともきー。
見た目の再現度が高いとは思っていましたが、声もアニメのともきーと結構近いように感じました。
特に感情が上下するキャラクターではないため、安定感は抜群ではないかと思います。

内容は各校の紹介になっているので特筆すべきところはありませんが、出来は悪くなかったです。


今回の特別編に限らず全体的に、地上波で見る分には放送前に危惧していたよりも全然問題なく楽しめました。
ただ、各種サービスなどを利用すればコストも抑えられるとはいえ、劇場でお金を出してまで見たいかというと……。

好きなキャラクターがワハハと池田だということがどうしても個人的にはネックです。
どちらも悪くはないのですが、好きなだけに他キャラクターよりも注文や要求みたいなものが多くなってしまいます。
ネタキャラっぽくありながら単なるネタキャラじゃなく、髪型などの見た目とアニメでの声にインパクトがあるので、はっきり言ってしまえばそもそも実写向きじゃありません。
(阿知賀編で好きなキャラクターが灼、すばら、小走先輩というのもまた……)

それでいくと、同系統と言えそうなタコスがあれだけ再現出来たのは異常というか、奇跡です。

実写ワハハも充分良いワハハだとは思うのですが、アニメ1期のワハハが好きな“アニメ1期ワハハ原理主義者”気味なので、ごめんなさい。
ちなみにワハハの「ワハハ」自体は阿知賀編ワハハがベストだと考えていますが、他の部分に関してはやはり1期が最高のワハハです。


ワハハといえば字幕で「むっきー」が「ゆっきー」に……。
睦月だから、「むっきー」です!
(音声ではきちんと「むっきー」になっていたと思います)

劇場には行かないとか書きつつ宣伝みたいなことをしているなんて、ちゃんちゃら大爆笑ですわよね。