ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『響け!ユーフォニアム2』「第十回 ほうかごオブリガート」を見た

今までに出てきた問題が解決して、もうすぐ終わりなんだなって感じがする回でした。
(新たに麗奈のことで久美子が悩む展開になりそうですが……)

安定している、というのが今回の感想です。
凄く心が動くってことが良い方向にも悪い方向にもない、っていうと何だかつまらなかったみたいですがそうではなくて、安心して見られるって良いことだと思います。

けど、ここはちょっとと思ったところはありました。

久美子が電車内で泣いてしまうシーンです。

何故だか感動を押し付けてくるような強引さがうっすら見えて、個人的にはかえって感情移入出来ませんでした。
車内では涙を溢すくらいで止めて、せめて途中下車させてから泣かせてあげてほしかったと思いました。

あそこで久美子を泣かせているので、あすかを説得する場面の涙が弱く感じたというのも理由です。
流した涙の種類が違うとは理解していても同じ回で2度は多いかな、って気がしました。

特に久美子がそうそう泣くようなタイプでは無さげなので、余計にそう感じたのかもしれません。
だからこそ良かったという考え方もあるでしょうし、そもそも久美子に対する認識が違えば素直に受け入れられるのだろうとは思いました。

他は特に気になるってこともなかったのですが、ここ数話通して(恐らく)意図的に進路の話が抜けているのはちょっと気になります。
話の長さから考えて削ぎ落としたのでしょうが、高校生って雰囲気はそのような部分にあると思っているので、欲を言えばもう少しいれて欲しかったです。
(あすかや麻美子の話に集中させるために保留しただけで、あとで取り上げるという考えかも知れませんが)

次回は麗奈が話の中心にくるのだと思いますが、あんまり沈んだ雰囲気にならなければ良いなと思います。
緑輝は多分、次回も今回くらいの出番しかないんだろうなって……。


前回の記事
『響け!ユーフォニアム2』「第九回 ひびけ!ユーフォニアム」を見た - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し