ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『装神少女まとい』9話「ありがとう」見た(ネタバレ有)

装神少女まとい』も、とうとう9話です。

前回は高次元体のことだとか「超次元の扉(?)」のことだとか、しおりさんのことだとか、話が動いていよいよクライマックスに向かっている感が有り有りでした。

今回はどうなるのかなとか思っていたら、服が減っていくとかいう地味ながら実はかなり深刻なまといの悩みと、それに続くゆまちんのメタ発言に、どう見ても異様な外観の宿泊施設にいるカリオテさんとネタまみれ。
ルシエラさんもカリオテさんには負けじと言わんばかりに、ネタキャラポジションを無事に継続しています。

「良いのかこれで……」なんて思ったところで前回もあずちんとポチが暴れていたことを思い出し、「これで良いのだ」と思い直しました。

案の定というか、今回も話がきっちり動きます。

ここにきてまさかの幹部っぽい雰囲気出しまくりな二人組、サフィラスとルードル(に取り憑かれている人)が登場!
きちんと終わらせることが出来るのか不安に……。

しかし、杞憂です。
フェゴル以上にサクッと処理されてしまいました。

で、その際に幹部っぽい人もナイツに取り憑かれているだけだと判明。
と、いうことはフェゴルも単に人に取り憑いていただけということで、“キモキモ似非紳士”なルックスは驚異の自前!?
憑かれる前からああだったなら、遅かれ早かれ何者かに始末されていた気がします。

せめてフェゴルに憑かれていた時間が長すぎて、フェゴルと同化してしまっていたのだと思いたいものですが、どうなんだか……。

あと、サフィラスとルードルの話からするとフェゴルは消滅したみたいです。
“キモキモ似非紳士”ボディだけが倒された訳じゃなくて良かったと思うと同時に、やはり“キモキモ似非紳士”ボディの人は気の毒だと思ってしまいました。
(あの見た目で廃人となってまで生きていることが幸せかは分かりませんが)

何にしても、伸吾くんがサフィラスに憑かれなくて(色々な意味で)良かったですが、憑かれていたらどうなっていたのか(色々な意味で)ちょっと気にはなります。


そして今回もナイツ関連だけでなく、しおりさんについても少しずつ明らかになってきました。

ゆまちんのお祖父ちゃんとあずちんの話に、サフィラスを退けた御守り、しおりさん存命の可能性を減らす要素がどんどん出てきて悲しいです。

予告を見た限りでは次回で視聴者的にはスッキリしそうですが、まといはどうなるのか……。
(予告ではしっかり向き合って受け止め、前進しそうではあったので不安は少ないですが)

話が進んで様々な謎が解明されるのは勿論大事なのですが、今回の見せ場はゆまちんとクーちゃんさんの連携!

ゆまちんの「フォトジェニックプラズマイリュージョン!(?)」と鋼鉄参謀の鉄球っぽい武器がカッコ良すぎです。
しかもゆまちん、スケッチブックまで出せ(ますし絵も描け)ます。

さらに完全防御姿勢、完全を謳うだけあってクーちゃんさんの攻撃を完全に防いでノーダメージです。
バーストモードに耐えるだけでなく、逆にクラルスの纏創システムが壊れそうに見えましたし、良く考えると恐ろしすぎます。

まあ、そうやって二人が苦労してやっと小さな穴を開けることしか出来なかった結界を、あっさり破ったまといはもっと恐ろしいですが……。
剣の破片、しかも人間が投擲した程度の速度でサフィラスに大ダメージ与えられるとか強すぎます。

ただ、八百万なので桁違いの強さでも全く問題ありません。
あとは何でまといが八百万の力を使えるのか(作中での)理由が判明すればなお良いのですが、設定ガチガチな作品ではない気がするので、主役だからってだけでも別に良いかなとは思います。

そう言えば今回はクラルスのヌードがガッツリ描かれていましたが、今までにもありましたっけ?
それこそ、ゆまちんが言うところの「サービスシーンでテコ入れするっつー大人の事情」だったりするのかなとか思わなくもなかったり。

次回放送までにこれまでの回を見直して、クーちゃんさんのチェックをしようかなと思います。
これはクーちゃんさんの体を見ようなどという、不純な動機ではありません!
自分、ゆまちん一筋なので……。

あ、カリオテさんをビンタする場面、ルシエラさんには出来れば「痴漢」とか「バカチン」とか言って欲しかったです。
(流石にクレーム来ますかね?)


前回の記事
『装神少女まとい』8話「ちいさな願い」見た(ネタバレ有) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次回の記事
『装神少女まとい』10話「開かれし門」見た(ネタバレ有) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し