ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『響け!ユーフォニアム2』「第七回 えきびるコンサート」を見た

新聞の番組欄で題名を確かめた時、すぐには(“えきびる”という文字が)“駅ビル”という言葉と結び付きませんでした。
ちょっと遅れて理解しましたが、気付くまでのタイムラグが何だか新鮮で、少しだけ面白かったです。

そんな第七回、名前通りに駅ビルでコンサート!

京都駅を利用したことは数度しかありませんが、知っている景色という理由だけでちょっと感動(?)しました。
いわゆる“聖地巡礼”にあまり興味がない自分にも、ほんの少し巡礼者の気持ちが分かった気がします。

演奏するシーンは、1人だけ少し離れた場所でベース(?)を弾きつつステップ踏む緑輝の姿が面白くて可愛くて、そこだけ何度かリピートしてしまいました。

一番カッコ良かったのは勿論、部長さんです。
しかし、ソロパートの難易度が分からないので、「カッコいいなぁ」というアホみたいな感想しか出てきません。

こういう時、(楽器や演奏や曲について)知識があればまた違った楽しみ方が出来るんだろうな、なんて若干悔しく思います。
(去年、何冊か本を読んで勉強してはみたものの、元より音楽が不得手なこともあって楽器名を覚えるだけで力尽きました)

あすか関連で色々ありながらも部長のソロパート含め、コンサートが無事成功してハッピーエンド!
で良いのに、お姉ちゃんがまた何かこうややこしい感じで次回に続くって、もー……。

3回生まで通った大学を中退しようとして親と揉める、ってピンポイントで弱点狙われたような気がして、お姉ちゃんが関わる話は苦手です。
(関係ないですけど、大学の3年生を3回生と呼ぶのは関西だけみたいですね)

普通はお姉ちゃんの話より、あすかと母親の話の方が見ていて嫌な気分になるのでしょうか?

自分も原作を読んでいてキツいと思ったのですが、関西弁ではなくなっていたおかげか嫌なドキドキが減って助かりました。

あすかの母親の何がキツいって(職員室でのやりとりも当然キツいですが)、物理的に距離を置くことは一時的には可能でも繋がりは一生切れないというところです。
もし仮にあすかが本気で縁を切ろうと思えば不可能ではないかもしれないですが、この先も(変わらず今のままのあすかなら)きっと出来ません。

とはいえ、あすかと母親の日常は小説でも描写されておらず、母親の人物像やあすかとの関係性については良く分からないです。
あすかの口から語られる言葉でのみ判断されてしまうということも考えないと、フェアではない気はします。
そういう風に配慮しても、人前でヒステリックに怒鳴ったという事実はあるわけで、あまり良いイメージは持てませんが……。



今回の話も(原作から)ちょいちょい変更されているところはあったのですが、特に気になるところはありませんでした。

強いてあげるなら、二点。
滝先生があすか不在で気の抜けた演奏について叱責する場面と、あすかが明確に香織や晴香を拒絶したところです。

アニメだと滝先生は単に怒ったみたいな感じになっていましたが、原作では部員に普段の演奏をさせてあげられない自分の不甲斐なさに悩んでいるという場面になっています。
また、部員は部員でそんな滝の想いを察するものの、どうにも出来ない自分達に悩んでいます。

ただ、滝の顔が良く見ると悲しげに曇って(いるように感じられ)ますし、滝が退出したあとに流れるBGMも悲しげなので、感覚の鋭い人なら(原作未読でも)分かるのかもしれません。


続いてあすかですが、途中までは原作同様に真意を悟られないよう、はぐらかして明言しないことで(言質を取られないように)保険をかけています。
それが香織と晴香に対しては明確に拒絶する意思を示しているわけで、違和感ありありです。

しかし、あえてそういう風にしたのなら、むしろ良かったと思います。
あすかにとって、香織と晴香は特別だという考え方が出来るからです。

(二点共に)あくまでも好意的に解釈するならという話で実際どうなのか知らないですし、特に知りたいとも思いません。

解釈は(一般的なものや多数派について理解しているならば)自由だと(この作品に限らず)思うからです。
(たとえば『桃太郎』を悪い鬼を退治した正義のヒーローの話だとする多数派の解釈を理解した上で、製鉄民と農民による云々なんて解釈をするのは有りだと思いますが、後者の解釈のみに固執するのはおかしいと思う、くらいの考えです)

一般的(とされる)意見、多数派の意見が常に正しいと信じているわけではありません。
そういうことではなく、それらを知りもしないで独自の解釈にのめり込むのは怖いな、と思うだけです。
(そうであっても他人を巻き込まないのであれば、どうでもいいですが、他人を巻き込むタイプだとちょっと……)



次回でお姉ちゃん関連の話がスッキリ解決してくれると、個人的には助かるのですがどうなるか分かりません。
ちなみに、お姉ちゃん自体は別に嫌いなキャラではないです。


前回の記事
『響け!ユーフォニアム2』「第六回 あめふりコンダクター」を見た - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次回の記事
『響け!ユーフォニアム2』「第八回 かぜひきラプソディー」を見た - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し