ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

寄せ植えサイクル

寄せ植えって一発で変換されなかったことにこの国のガーデニングカルチャーの遅れを目の当たりにし、危機感を募らせるなんてなことは勿論ありません。

実は自分の趣味はガーデニングです。

といってもコンテナに季節毎に大体お決まりの花を植えるだけの小規模なものなので、別に誇れるようなものではありません。

《春》
アリッサム、ストック、テルスター、姫金魚草など

《夏》
コリウスサルビアトレニア日々草、ベゴニアなど

《秋》
クロッカス(※)、水仙(※)、チューリップ(※)、パンジー、ビオラなど

《冬》
ガーデンシクラメン、ジュリアン、葉牡丹など

毎年ほぼ植えるかな、というものをあげました。
(※秋植え球根と呼ばれるもので秋から初冬に植えますが、開花は早春から春になります)

一応季節で区切ってみたものの、年によっては晩秋までベゴニアが開花し続けたりもするので例外はあります。


今日は、初夏から頑張ってくれていたコリウスとベゴニアがいよいよ寂しくなってきたので、パンジーやビオラなどを植えました。
こうして寄せ植えを新たに作る度、季節の移ろいを実感出来て楽しいです。

その際にベゴニアは冬越しの為に、剪定して別の植木鉢に植え替えました。
ベゴニア(センパフローレンス)は日本では一年草扱いですが、本来は多年草なので上手くやれば冬を越すことが可能です。
実際、うちのベゴニアは購入から3年くらい経っています。
(毎度毎度かなり切り詰めるので大きくないし、古さも感じませんが……)

販売価格が販売価格なので手をかけて冬越しさせる気はありませんが、(自分の住んでいるあたりでは)寒風をしのげるようにするだけでも案外平気です。
そういうやり方で生きているうちは、初夏にまた寄せ植えの素材として活用しようと思います。


毎年同じようなことを繰り返してはいるわけですが、完全に同じには絶対になり得ないし予定通りに進むとも限らないところが、個人的には寄せ植えの魅力です。
本当かどうか分かりませんが土いじりって脳にも良いらしいですし、無趣味な方には是非やってみて欲しいなと思います。



11/6(日)追記:春に植える花に間違えてパンジーとビオラをあげていたので削除しました。