ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『ヘボット!』は面白いのか

ヘボット! 感想 アニメ

分かりません。

いや、本当は面白いと思ってはいます。
ただ、どこがどうと説明が全く出来ないというか、そもそも内容がはっきりと思い出せないのです。

とりあえず、パッと見は単なる典型的な子供向けのギャグアニメです。
しかし、騙されちゃいけません。

子供向けの皮を被ってるだけです。

いや、別に子供向けではないわけではないのですが、どう考えても小学生には元ネタが分からなさそうなパロディが多々あります。
そこで、その小学生たちの親世代の方に年齢が近いであろう自分に気づいてビビりました。
恐らく、親御さんの解説を受けながら見るものなのでしょう。

そう言えば『妖怪ウォッチ』のアニメも、そういう雰囲気は共通しています。(メインターゲットの親世代にヒットするようなパロディを入れている回が結構あります)
子供だけを狙うよりも家族まとめて仕留める方が良いという判断なのか、作っている人の趣味の問題かは知りません。

まあ、『ヘボット!』に関しては理屈だとか本当はどうでも良いです。
そういう種類の作品じゃありません。
中毒になれるかどうか、多分それだけです。(合わない人には結構キツいのではないかと思います)

自分は1話から見ているわけでもないくせに、もう半ば中毒です。
『ヘボット!』は自分にとって唯一、録画せずにリアルタイムで視聴しているアニメだったりします。

玩具(のCM)が微妙だったために初回から見なかったことが悔やまれてなりません。
とはいえ中毒気味になった今でも、玩具についてはノータッチを貫く所存です。