ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『装神少女まとい』2話「神様、纏いました」見た

具体的にどこがどうとは言えないのですが、ちょっとしたサービスシーン的な部分は1話同様に古い感じがしました。
エロさよりギャグっぽさが勝っているからか「ポロリもあるよ」みたいな印象で、どうも30年近く前のアニメやバラエティー番組みたいな匂いがしてなりません。

ただ、こういうシーンが後半暗い展開になった際には清涼剤となったり、或いはそうならないためのストッパー的な役割を果たす可能性もなきにしもあらず。
もしかしたらもしかして、意外と大事なシーンになるかも知れないわけです。
それはまあ冗談にしても自分は嫌いではないのですが、といって流石に「よっしゃ!」とテンションが上がったりもしません。

話は変わって2話の見所はクラルスがスタイリッシュに纏創、そして戦闘する場面です。
1話冒頭での戦闘は事情があって撃退するだけだったために物足りなさがありましたが、今回はきっちり仕留めるところまでやってくれたので、色々動きも見られて楽しめました。

しかし、個人的にはゆまが出てくる場面全てが何よりも見所!
ウザ可愛いと一言で表現すると何かこぼれ落ちてしまっている気もしつつも、本当にウザ可愛くてたまりません。
とにかく好きなキャラがゆまなので、途中退場とかなってしまったら結構キツいかも知れないです。

最後に2話で気になったところを一つ。
神様が銃弾を止めた時、まといは上半身だけ解除した状態になりましたが、あれからずっと解除されたままになっていたのは何故なのでしょうか?
それでも下半身だけでも纏創したままだった分まとい的には1話よりマシだったろうし、深く考えないで良い部分なんだとは思うのですが、少し気になりました。


前回の記事
装神少女まとい、見た - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次回の記事
『装神少女まとい』3話「神様は知らんぷり」見た - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し