ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

とんでもないもん見せたるヘボ!(『ヘボット!』第50話感想 ネタバレあり)

ヘボット!』第50話「にちようびのせかい」見ました。

「とんでもないもん見せたるヘボ!」とは49話の次回予告でのヘボットの台詞ですが、どんなものを見せてくれるのかワクワクして待ったこの1週間……。

アニメの最終回前は楽しい気持ちだけじゃなく、寂しい気持ちもあるのが普通だと思っていました。
でも子供の頃を思い返せば、少なくとも自分はそんなことなくて、楽しみでしかありませんでした。

先週の放送を見た後、昔みたいなただ最終回を楽しめる状態になれました。
そうなった時点で自分にとって『ヘボット!』の最終回が「とんでもないもん」になることは、確定していたのかも知れません。


※以下ネタバレありますので、ご注意下さい!


前回、黒いトキトキネジにより1話目からやり直しになった世界で、開始早々オールディスとヴィーテ姫の結婚報告とか予想外です。
ようやく「どんかんおバカ」なネジルゼロと一緒になれて、めでたしめでたし。

ここからハッピーな連鎖だろうと期待していたら、OP挟んでサブタイトルどおりに日曜日の話が始まって、壁からキリンが飛び出して……。
悪夢でした。
これこそ『ヘボット!』だとか、分かっちゃってる風な感じで見ていたらパチボットが、沢山。

話は数日前、ルイが地獄から戻ってきたところに遡ります。

ルイを迎える、ガシャボットとぬいぐるみボットにソフビットの懐かしい3体。
そして、ルイの正体がパチボットだったことが明らかに!
彼らが集まった目的は、アニメ(『ヘボット!』)を乗っ取り主役になることでした。

ヘボットが目覚まし時計を破壊した瞬間、危ない目をしたポリドロケンが現れ、ヘボネジコンビは逮捕されてしまいました。

暴力描写と堕落した生活態度の描写が、まずかったようです。
さらには「毎回脳みそがとけそうです」「脳とけアニメに屁が止まりません」という苦情が届いたのなら、仕方ありません。

健全で平和なアニメにする会、「脱・脳とけアニメの会」として立ち上がったボキャ美とボキャリーマンズ。

ネジかけ屋は廃業、チギルは個性を削られ生まれ変わり、宿題大好きいつも笑顔な田中になりました。
処分保留となったヘボネジコンビに助けを求めるペケット。

ペケットを追ってきたボキャ美とヴィクトリニティリーマン。
ボキャ美たちは、これまでの『ヘボット!』をことごとく否定していきます。

修行中のナグリとモエカストリオの元にも現れてダメ出ししますが、ナグリの圧力に屈して逃走。

黒ヘボットのレベルアップに喜ぶネジキール卿とソルジャーボットは、温情で放置。
いもチンプリンスにバイトを斡旋してもらうマンドライバーは、同情で放置。

しかし、手ぬるいとオーナーであるパチボットからはクレーム。

ミョンミョンヘボラヘ~
ミョンミョンショボラヘ~
ヘボトーヘボトー

諸悪の根源として逮捕されるエース・オカ。
ついでにボキャバトルも禁止して、『ヘボット!』を全否定。

「やなもの見せない楽しさいちばん」
「感動お涙分かりやすさ」
「はやりは正義ノらなきゃ悪よ」
皮肉りまくりのボキャリーマンズ。

「理想的なテレビアニメとは?」
とのパチボットの問いに答える形で、更に皮肉りまくるソフビットたち。

ヘボット!』という作品の存亡をかけヘボネジコンビが、ボキャ美パチボットのペアとボキャバトル。
ヘボネジコンビはカットされながらもハイパーコンボを繰り出しますが、敵はまさかのウルトラコンボ

ノリノリとトキトキによるネジかけが炸裂し、脱・脳とけ会ことボキャ美とパチボットが勝利してしまいました。

ミラ~チョミラ~チョミンミンバ
パラソー!
ミレ!
エラブリブリブリメッセチョーネ!

CMが明けると、場面が変わっていました。
一部の人が地下に逃れたみたいですが、地上はどうなっているのか……。

ヘボット!』は健全に生まれ変わり『かたづけだいすき!ペボッちょくん』に。
ムラキ親子は録画していたその新番組を視聴し始めましたが、つまらなさにうんざり。

主人公の佐藤が登校していると、空からペボッちょくんが降ってきて頭にぶつかりましたが、真ん丸なので痛くありません。

全番組が『ペボッちょくん』になり、ナグリまで取り込まれてしまっているとか怖すぎます。
ヴィーテ姫はハネムーン中なので緊急要請であろうと無視。

「だれもアニメを見なくなったゴロ」
「どれを見ても同じグチ」
「無難な丸いアニメばかりでゲロ」

あくまでも『ペボッちょくん』に対する批判です。

ここまででも恐ろしいですが、ここからがパチボットによる真の計画でした。
それは過激な新・神アニメを流すこと。

チャラララ~セシボンチャラルリ~
『パチボット』

「いやぁすばらしい泣ける!出会いと友情 伏線とミステリー そして神作画!これ売れるパチ!」
自画自賛するパチボット。

15話まで進んだところで反抗を決意したモエカストリオがネジ屋を訪問し、お陰でネジルたちが復活しました。

『ペボッちょくん』も『パチボット』も初回から50話まで全て、2017年9月24日に放送されていることに気付いたムラキ親子。
同じ日曜日が繰り返されている世界だったのです。

自分たちは日曜日にだけ存在するだとか語り始め、47話のカレンダーについても触れるチギル。
とうとう「外側の話!視聴者の時間軸だ」とまで言ってしまいます。

日曜日を終わらせるためパチボットに挑むカルテット。

「待ってたパチ いや 今はお前らがパチモンパチ ヌハハ…」

尺的にラストのボキャバトルは、パチボットのパチコンボをヘボネジコンビのウルトラコンボで破って決着!

納得のいかないパチボットにより次元ネジが起動し、虚無ヘボット再び。
(目玉が飛び出すオールディスで笑ってしまったのが悔しいです)

宇宙消滅の危機は、めみ子のお願いで救われました。

こんな最終回で良いのか問うネジルに、日曜日以外の世界に進めると思えば楽しみだと言うチギルとペケット。
二次創作云々という話でしたが、アニメの放送が終わっただけだと伝えたかったのだと僕は思っています。
(みんなの心の中で続くんだよ、とかそういう系の話かな、って)

キャラクターが集合した絵を背にアリガッ・トウでED!
曲の間、泣かせにかかったのかどうなのか懐かしい映像が流れますが、見ていて凄い楽しかったです。

CM挟んで最後のヘボワードは「こころのネジをシめていこうぜ!!」でした。

「イイヨ~ イイヨ~ ユルめて シめてイインダヨ~」と最後締めちゃうスゴ様が可愛いかったです。
(主人公じゃないのに良いのか、と思っても多分イインダヨ~)


ヘボット!』のアニメがこれで終わってしまったわけですが、約1年楽しかったって記憶の方が圧倒的で個人的には全く寂しくありません。

(自分は2話から見始めたのですが)これまで見てきた積み重ねもあって、最終回はかなり楽しめました。
何とか拾えるパロディもノータッチで流れを簡潔にまとめようとしたのに、つい長くなってしまったほど楽しかったです。
(長くなったのは、ミョンミョンヘボラヘ~とか全て書こうとしたからでもありますが……)

そんな最終回の中で最も面白かったのはパチボットのラスボスっぽい台詞、というか笑い声でした。
(何がツボに入ったか自分でも分かりませんが、アホみたいに笑ってしまいました)


ヘボット!』のアニメを作ってくれた人たちに「アリガッ・トウ」と言いたくなる「とんでもないもん」を見られて、ええ日曜日です。

何なの?いきなり!(『ヘボット!』第47話感想 ネタバレあり)

ヘボット!』第47話「すべてがNになる」見ました。

春風ムラキがここまで何度も何度も登場するキャラクターになるとは、今年始まったばかりの頃は思いもしませんでした。
単なる使い捨てキャラだとばかり……。

ストーリーやキャラクターがどの段階でどこまで決まっているのかなんて知りようがありませんが、 制作側も使い勝手が良くて重用するようになったんじゃないかとか勝手に思ってしまいます。

OP後、そんなムラキの語りから本編スタート。


※以下、ネタバレありますのでご注意下さい


南極探検隊隊長となったムラキがバズーカのようなもので、ネジルみたいな前髪をした犬をヘリから狙撃。
外したのですが、そのままヘリは基地へ帰還。

「万年氷の下になぞの物体を探知、調査に向かう」という通信を最後に消えた先発隊員の救出が、ムラキ率いる総勢10人の探検隊の任務のようです。

ジローと呼ばれる先ほどの犬を何故か、やたらに警戒するムラキ。

基地の中も周囲にも先発隊員の姿はありません。
が、字幕で見ていると今回の隊員以外の名前がチラチラ……。

マリー・セレスト号のように、ついさっきまで人がいた気配があるにも関わらず誰もいない状況は不気味ですが、最終章でこんな話を入れてくること自体も結構不気味です。

破壊された犬舎には、黒いネジが練り込まれたピンク色の変な物体。
どこからどう見てもおはぎではありません。

誰もいないはずなのに誰かいるような違和感に気付くメンバーもいるようですが、見ているこちらも幻覚とか残留思念みたいなものなのか実体なのか判別出来ず、混乱します。

大戦中に駆逐艦ネジドリッジで行われた実験が関係している、呪いのネジを落札した富豪が乗った客船が氷山に激突し沈没(?)した、だとか様々な原因が唱えられますが、チギルは全てダメ出し。
チギルが真相というか恐らくは自説を語ろうとしたタイミングで、モエルが先発隊員によるものと思われる日記を発見。

その頃、犬舎にあった謎の物体を調べていたユートとヘイミは、黒いネジがボキャネジであることを突き止めました。
しかも、そのネジが基地で起きた事件に関連している可能性が。

皆に見せるためにネジを運ぶ途中、ヘイミはネジル的な何かを通路で目撃しました。
何なのかさっぱりです。

日記を読み進めている他の隊員たち。
それによると「への33地区」で氷の下に、例の黒いネジが多数埋まっているところを見たようです。

どう見ても、おはぎみたいな物体じゃありません。

日記には続きがあり、黒いネジの層には他に黒いナントカが埋まっていたとのこと。
そして、10人のはずの隊員が何故か11人いるとも。

ネジルが日記に登場することにモエルが疑問を呈したからか、チギルが隊員の人数を数えると11人に増えていました。
流れから疑いをかけられたネジルは、椅子に縛られ幽閉されてしまいます。

が、ユートの側に別の(服装の)ネジル。
気配にユートが振り返るとネジルではなく、そこにはジローがいました。
と思ったら「ジローじゃないワン」と喋り、いきなり背中が裂け、赤っぽい何かが大量に噴出してCM。

CMが明けると、ヘイミたち数名を除いた探検隊は「への33地区」へ。
基地では幽閉されたネジルの両サイドに別のネジルがいて、ヘボットに助けを求めています。

10万年前に隕石に乗って黒ネジが降ってきたとかもう頭がおかしくなりそうです。
ムラキの前にムラキがいて氷の下を指し示し、基地では日曜以外消えたカレンダーが……。

カレンダーについては忘れていいっていうチギルの台詞も気になるとか思っていたら、ユートがアホ毛男子に。
疑われたアホ毛兄弟の兄はアホ毛の操り人形だと言われ、ネジルと共に幽閉されてしまいました。

分析すべく抜こうとしたチギルのアホ毛は、まさかのエクステでした。

そうこうしているうちにモエルまでアホ毛に包まれ、赤血球がユート共々黒ネジに変化。
おはぎみたいな物体が裂け、そこから黒いヘボットが出てきて……。

謎のサービスシーンが入ったかと思えば、カスリーナもボキャ美もアホ毛まみれ。
いつの間にかスチャットもアホ毛の繭に。

ジローがポリドロケン、先発隊員は普通にずっと居たって何が何だか……。
先発隊員も繭になっていた隊員も全員黒いネジルになったところで黒ヘボットが登場。

うれしーたむ、って……。

何周も前のヘボットだと言う黒ヘボット。
ネジルのことも知っているみたいで、兄弟などいるはずないと言い放ちました。

ここで、オールディスがジルとナグリに託した最後の希望がネジルであることが、チギルの口から語られます。
いつか兄弟ではないと知って悲しまぬよう、ネジルのアホ毛を模したエクステをつけていたようです。

この周回を黒ネジルで埋めつくそうとする黒ヘボットに対抗し、ネジルとヘボットのハイパーコンボが炸裂。
黒ネジルと化していた隊員たちは元に戻り、事件は解決したかと思いきや、ネジ柱にアホ毛が絡み付いていて……、つづく!


流れを追うだけでもギリギリな感じなのに、(自分には分からないものの)パロディも仕込まれている雰囲気で、きっちり全て理解しようとする人は大変だろうなと思いました。

来週は「ネジが島さいごの日」ということで、どんな話なのか楽しみです。

ねんどろトゥルーデ用のパーツ作り

前回
ねんどろいどバルクホルン用のパーツを作っています - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し
の続きです。

f:id:talenagashi:20170824204232j:plain

「レヌスメタル BK5」(カノン砲)のバランスを確認するため、試しに『ねんどろいど ゲルトルート・バルクホルン』に持たせました。
本来は体の右脇に抱えるような形ですが、持ち方を変更しています。

f:id:talenagashi:20170824204238j:plain

比較してみて問題ないと判断し、細かい部分も追加。
ほぼ(厚み0.3mm、0.5mm、1.0mmの)プラ板ですが光硬化パテも使っています。

f:id:talenagashi:20170824204241j:plain

「ジェットストライカー Me262V1」のパネルラインをフリーハンドで、アートナイフのみ用いて彫りました。


「レヌスメタル BK5」は本体背面の穴と透明な接続軸で繋いでマウントしようと考えていますが、熱加工が上手くいかなければプラ板やプラ棒で目立たないものを作ります。

最後に、今回もストライカーと武装の名称は『ストライクウィッチーズ2 オフィシャルファンブック コンプリートファイル』を参照しました。
(主にp72,73)

プラ板を用いた簡単な箱の作り方

プラ板でメカ物などを自作する際には必要な箱の、基本的な作り方について説明したいと思います。

f:id:talenagashi:20170823143629p:plain

ということで厚さa(mm)のプラ板を縦b(mm)横c(mm)に切り出したものを使った、簡単な積層と箱組のやり方について図を用意しました。
(以下、単位については省略します)

まず箱組ですが、図のように組んだ場合はxとyの長さはいずれも(a+b)、zの長さは(c+2d)です。
(a+b)と(c+2d)の値が等しくなるようにすれば、立方体が出来ます。

厚さ1mmのプラ板のみ用いて1辺が10mmの立方体を組む場合は、9mm×8mmの長方形を4枚、10mm四方の正方形が2枚必要ということです。
(a=d=1、1+b=c+2=10)


積層とは図のとおり、切り出したプラ板を単純に張り合わせていくだけで、厚みαは張り合わせたプラ板の枚数で調整出来ます。
(α=b=cなら立方体)

箱組は軽量化、積層は厚みの確保、それぞれ異なる利点があるため使い分けた方が良いです。

あと、実際にはどちらの方法でも張り合わせる際の接着剤などで、微妙にズレが生じ得ることは覚えておくべきかも知れません。

ねんどろトゥルーデ用のパーツを作っています

以前作りかけて断念したトゥルーデこと、ゲルトルート・バルクホルン用パーツの作業を再開しました。

f:id:talenagashi:20170814203023j:plain

「レヌスメタル Mk108」は1つだけ表面仕上げ前まで進めていましたが、2つ目も同様の段階まで。
ほぼプラ板を用いた単純な工程ですが、加熱しての曲げ加工が必要な部分があり、そこは結構面倒です。
(失敗してダメになったプラ板多数……)

f:id:talenagashi:20170814203027j:plain

「ジェットストライカー Me262V1」は前回の作業時に本体形状をある程度出したつもりでいましたが、改めて見直すと納得いかなかったので手直ししてから追加工作しました。

「レヌスメタル BK5」(カノン砲)は新たにジャンクパーツとプラ板、エポキシパテを用いて製作。
「レヌスメタル Mk108」についても言えることですが、どの程度『ねんどろいど』用にデフォルメするかが悩みどころです。

f:id:talenagashi:20170814205032j:plain

作業に入る前に手元にある資料やネット情報で検索した画像を参考に描いた、大まかな図です。

今回作っているものは既に1度止めたものですから良くも悪くも気楽ですが、可能な限り今月中には完成させたいと思っています。


最後に、ストライカーと武装の名称につきましては、『ストライクウィッチーズ2 オフィシャルファンブック コンプリートファイル』を参照しました。
(主にp72,73)