ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

とんでもないもん見せたるヘボ!(『ヘボット!』第50話感想 ネタバレあり)

ヘボット!』第50話「にちようびのせかい」見ました。

「とんでもないもん見せたるヘボ!」とは49話の次回予告でのヘボットの台詞ですが、どんなものを見せてくれるのかワクワクして待ったこの1週間……。

アニメの最終回前は楽しい気持ちだけじゃなく、寂しい気持ちもあるのが普通だと思っていました。
でも子供の頃を思い返せば、少なくとも自分はそんなことなくて、楽しみでしかありませんでした。

先週の放送を見た後、昔みたいなただ最終回を楽しめる状態になれました。
そうなった時点で自分にとって『ヘボット!』の最終回が「とんでもないもん」になることは、確定していたのかも知れません。


※以下ネタバレありますので、ご注意下さい!


前回、黒いトキトキネジにより1話目からやり直しになった世界で、開始早々オールディスとヴィーテ姫の結婚報告とか予想外です。
ようやく「どんかんおバカ」なネジルゼロと一緒になれて、めでたしめでたし。

ここからハッピーな連鎖だろうと期待していたら、OP挟んでサブタイトルどおりに日曜日の話が始まって、壁からキリンが飛び出して……。
悪夢でした。
これこそ『ヘボット!』だとか、分かっちゃってる風な感じで見ていたらパチボットが、沢山。

話は数日前、ルイが地獄から戻ってきたところに遡ります。

ルイを迎える、ガシャボットとぬいぐるみボットにソフビットの懐かしい3体。
そして、ルイの正体がパチボットだったことが明らかに!
彼らが集まった目的は、アニメ(『ヘボット!』)を乗っ取り主役になることでした。

ヘボットが目覚まし時計を破壊した瞬間、危ない目をしたポリドロケンが現れ、ヘボネジコンビは逮捕されてしまいました。

暴力描写と堕落した生活態度の描写が、まずかったようです。
さらには「毎回脳みそがとけそうです」「脳とけアニメに屁が止まりません」という苦情が届いたのなら、仕方ありません。

健全で平和なアニメにする会、「脱・脳とけアニメの会」として立ち上がったボキャ美とボキャリーマンズ。

ネジかけ屋は廃業、チギルは個性を削られ生まれ変わり、宿題大好きいつも笑顔な田中になりました。
処分保留となったヘボネジコンビに助けを求めるペケット。

ペケットを追ってきたボキャ美とヴィクトリニティリーマン。
ボキャ美たちは、これまでの『ヘボット!』をことごとく否定していきます。

修行中のナグリとモエカストリオの元にも現れてダメ出ししますが、ナグリの圧力に屈して逃走。

黒ヘボットのレベルアップに喜ぶネジキール卿とソルジャーボットは、温情で放置。
いもチンプリンスにバイトを斡旋してもらうマンドライバーは、同情で放置。

しかし、手ぬるいとオーナーであるパチボットからはクレーム。

ミョンミョンヘボラヘ~
ミョンミョンショボラヘ~
ヘボトーヘボトー

諸悪の根源として逮捕されるエース・オカ。
ついでにボキャバトルも禁止して、『ヘボット!』を全否定。

「やなもの見せない楽しさいちばん」
「感動お涙分かりやすさ」
「はやりは正義ノらなきゃ悪よ」
皮肉りまくりのボキャリーマンズ。

「理想的なテレビアニメとは?」
とのパチボットの問いに答える形で、更に皮肉りまくるソフビットたち。

ヘボット!』という作品の存亡をかけヘボネジコンビが、ボキャ美パチボットのペアとボキャバトル。
ヘボネジコンビはカットされながらもハイパーコンボを繰り出しますが、敵はまさかのウルトラコンボ

ノリノリとトキトキによるネジかけが炸裂し、脱・脳とけ会ことボキャ美とパチボットが勝利してしまいました。

ミラ~チョミラ~チョミンミンバ
パラソー!
ミレ!
エラブリブリブリメッセチョーネ!

CMが明けると、場面が変わっていました。
一部の人が地下に逃れたみたいですが、地上はどうなっているのか……。

ヘボット!』は健全に生まれ変わり『かたづけだいすき!ペボッちょくん』に。
ムラキ親子は録画していたその新番組を視聴し始めましたが、つまらなさにうんざり。

主人公の佐藤が登校していると、空からペボッちょくんが降ってきて頭にぶつかりましたが、真ん丸なので痛くありません。

全番組が『ペボッちょくん』になり、ナグリまで取り込まれてしまっているとか怖すぎます。
ヴィーテ姫はハネムーン中なので緊急要請であろうと無視。

「だれもアニメを見なくなったゴロ」
「どれを見ても同じグチ」
「無難な丸いアニメばかりでゲロ」

あくまでも『ペボッちょくん』に対する批判です。

ここまででも恐ろしいですが、ここからがパチボットによる真の計画でした。
それは過激な新・神アニメを流すこと。

チャラララ~セシボンチャラルリ~
『パチボット』

「いやぁすばらしい泣ける!出会いと友情 伏線とミステリー そして神作画!これ売れるパチ!」
自画自賛するパチボット。

15話まで進んだところで反抗を決意したモエカストリオがネジ屋を訪問し、お陰でネジルたちが復活しました。

『ペボッちょくん』も『パチボット』も初回から50話まで全て、2017年9月24日に放送されていることに気付いたムラキ親子。
同じ日曜日が繰り返されている世界だったのです。

自分たちは日曜日にだけ存在するだとか語り始め、47話のカレンダーについても触れるチギル。
とうとう「外側の話!視聴者の時間軸だ」とまで言ってしまいます。

日曜日を終わらせるためパチボットに挑むカルテット。

「待ってたパチ いや 今はお前らがパチモンパチ ヌハハ…」

尺的にラストのボキャバトルは、パチボットのパチコンボをヘボネジコンビのウルトラコンボで破って決着!

納得のいかないパチボットにより次元ネジが起動し、虚無ヘボット再び。
(目玉が飛び出すオールディスで笑ってしまったのが悔しいです)

宇宙消滅の危機は、めみ子のお願いで救われました。

こんな最終回で良いのか問うネジルに、日曜日以外の世界に進めると思えば楽しみだと言うチギルとペケット。
二次創作云々という話でしたが、アニメの放送が終わっただけだと伝えたかったのだと僕は思っています。
(みんなの心の中で続くんだよ、とかそういう系の話かな、って)

キャラクターが集合した絵を背にアリガッ・トウでED!
曲の間、泣かせにかかったのかどうなのか懐かしい映像が流れますが、見ていて凄い楽しかったです。

CM挟んで最後のヘボワードは「こころのネジをシめていこうぜ!!」でした。

「イイヨ~ イイヨ~ ユルめて シめてイインダヨ~」と最後締めちゃうスゴ様が可愛いかったです。
(主人公じゃないのに良いのか、と思っても多分イインダヨ~)


ヘボット!』のアニメがこれで終わってしまったわけですが、約1年楽しかったって記憶の方が圧倒的で個人的には全く寂しくありません。

(自分は2話から見始めたのですが)これまで見てきた積み重ねもあって、最終回はかなり楽しめました。
何とか拾えるパロディもノータッチで流れを簡潔にまとめようとしたのに、つい長くなってしまったほど楽しかったです。
(長くなったのは、ミョンミョンヘボラヘ~とか全て書こうとしたからでもありますが……)

そんな最終回の中で最も面白かったのはパチボットのラスボスっぽい台詞、というか笑い声でした。
(何がツボに入ったか自分でも分かりませんが、アホみたいに笑ってしまいました)


ヘボット!』のアニメを作ってくれた人たちに「アリガッ・トウ」と言いたくなる「とんでもないもん」を見られて、ええ日曜日です。

『バトルガール ハイスクール』第12話「きずな」見た(ネタバレあり)

アニメ『バトルガール ハイスクール』第12話「きずな」見ました。
いよいよ最終回です。

元々「自分は自分、人は人」という考え方なので、「オススメです」的な感想を書くこと自体が稀ではあるのですが、このアニメに関しては正直オススメ出来ません。
ポジティブな意味合いではなく「見る人を選ぶ」作品だと思います。

そこら辺を先に断った上で、じゃあ個人的にはどうなのかという話をするならば、面白かったです。


※以下、ネタバレありますので、ご注意ください


というわけで何だかスッキリしないことを書きましたが、これで良いかなと思える最終回でした。

前回のラスト、背中に闇神樹を生やした巨大な亀が現れましたが、そこへ乗り込む星守たち。
闇神樹をどうにかするという流れのようです。

しかし、ミサキがいた世界の星守たちが闇に堕ちた姿、通称黒フードたちが当然の如く立ちはだかります。

と、ここまでは捏造気味で、実際は気づいたら黒フードたちと対峙していました。

みきとミサキを闇神樹に向かわせるため、黒フードたちの相手を引き受ける星守たち。

ところが、ここでミキを取り逃がすという手痛いミス。
ミサキと決着をつけさせるためには仕方ないか、とか考えたらダメです。

別行動中のみきとミサキの前にはイロウス。

黒フードの顔を見て動揺した隙を突かれ、攻撃をまともに食らってしまったミシェル。
(切り揃えた前髪から判断して楓か、それとも良く似た他人か……)
怒った蓮華の反撃で、黒フードを一人倒しました。

普段のキャラクターとギャップが出しやすいからか、蓮華は割りと(戦闘での)見せ場が多い気がします。

3人か4人で黒フードを倒していきますが、疲労からか星守たちも次々とダウン。

イロウスを倒したみきとミサキが闇神樹にたどり着くと、そこにはミキ。

が、二人とも世界の狭間に送られてしまいました。

何も出来ない自分に苛立つ先生に、信じる心が星守の力となると話す理事長。

皆の想いが神樹を通して世界の狭間にいるみきとミサキに伝わり、星衣が新たな姿に変化しました。
そして2人は無事に帰還。

ミキと一対一の勝負をしたいと言うミサキ。
パワーアップしましたし、余裕かと思えばそうでもありませんでした。
が、ミキが闇から脱け出す手助けは出来ました。

正気を取り戻したミキにより、ミサキのクローファングがパワーアップ。
みきと協力し闇神樹の破壊に成功しました。
(その際にイリスの顔が見えたことと、その顔が結構可愛かったのは予想外でした)

神樹の苗みたいなものが生み出したゲートを通って帰っていくミキ。
ミサキはこちらの世界に残ることを選びました。

いつもの学園生活に戻ってハッピーエンド!


何というか、最終回に限った話でもないのですが、えらく大雑把だったなあと思いました。
とにかく緻密にしっかりきっちりしてくれないと嫌だ、なんて考え方をしない自分でも驚いてしまうレベルです。

これが例えばバトルが凄いとか分かりやすい見所があればまた別ですが、残念ながら自分には見つけられませんでした。

とはいえ、自分は楽しめました。
そうでなければ流石に最後まで見ません。

ただ、キャラクターが好きになれるかどうか、楽しめるかどうかはそこにかかっていると改めて思いました。

(桜と楓の名前を間違えていた箇所がありましたので修正しました。申し訳ありません。17/09/19追記)

前の回
『バトルガール ハイスクール』第11話「真実」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

また『バトガ』でガチャ回してしまった

特に目的もなくバトルをしたり宿題をして過ごしていたら、星のかけらが250個を越えていました。

ptが多く貯まっている星守ガチャか、あんこ狙いの博打でバニーガチャか、それとも11月1日まで使わずに我慢するか……。

あんこ1点狙いなんて良く考えたら結構リスキーですし、あんこのディスプレイが貰えるまで星守ガチャを回すのも大変です。
グッとこらえ、大人しく11月1日を待つことに決めました。

それなのに「月の兎はバニーな少女の夢を見る」という復刻イベントをしてしまうなんて、どうかしています。
なんと、バニー姿のあんこが何度もストーリーに登場する恐ろしいイベントだったのです。

……気付けば、欲望に負けて回していました。

結果「【バニー】あんこ(メモリーズ復刻)」が!

水着の時と同様に他は全て神樹のつぼみと花になりましたが、あんこが来れば万事OKです。

というのがそこそこ前の話。

それから数日後、現在から言うと数日前「[アスール]シリーズ入り星守武器ガチャ」を11連回しました。

クローファングが来たりして、とか思っていたら本当に「蒼爪アスールフィスト」が……。
星4つのミサキがいないため、持ち腐れ感が凄いです。

諦めきれずに今日もう一度トライすると、まさかの「蒼爪アスールフィスト」とか、笑ってしまいます。

武器はダメでも、と計22回分回したら全てがつぼみと花に変わってしまいました。

ちょっと運が良い時が続いたからといって、勘違いして調子に乗ったらダメです。


イベント「太陽のスポットライト」は、あんこに専念したのにランキング報酬のスイムウェアすら手が届かず……。
とりあえずセーラー水着は手に入れたので、それで妥協することにしました。

『バトルガール ハイスクール』第11話「真実」見た(ネタバレあり)

アニメ『バトルガール ハイスクール』第11話「真実」見ました。
この作品も次で終わりかと思うと寂しいです。

時期的な問題で他の深夜アニメが終わるのはともかく、日曜朝のアニメも今月で終わりっぽいしでダメージが……。

なんてなこと言ってみてもどうなるものでもありませんので、録ってある分を見返したりゲームしたりだ何だしてます。

※以下ネタバレありますので、ご注意ください


いきなり、いつかのダンゴムシみたいなイロウスと荒廃した街の景色。

ミサキがいた世界では神樹様まで汚れているし、イロウスもこちらの世界のものとは違っているし、単なる世界の分岐だとは思えないです。

ミサキは姉であるミキと共にリック・ディアスっぽいトーラスっぽくもあるイロウスと戦います。

世界の狭間でミキに希望を託され、願いが云々かんぬんして神樹の力でこちらの世界にやってきたミサキ。
理事長を見た際の反応からすると、ミサキのいた世界には存在しなかったのでしょうか。

気になるところでOPとCMが入って、場面はこちらの世界。
星守クラスのメンバーの前でミサキと理事長が、こちらに来るまでの経緯など説明したようです。

困惑するメンバーに対し、パラレルな世界について御剣先生が解説するも、皆いまいちピンと来ていない様子。

「審判の日」の有無というか、結果に大きな違いがあるようですが、分岐点自体はそれよりも前の遥か昔かも知れないとのこと。
で、未だに理解というか納得出来ていないメンバーがいるものの、とりあえず目の前の脅威をどうにかするということになったみたいです。

闇神樹、なかなか破壊力のある言葉が出てきました。

イリスの最終的な目的は分かりませんが、星守同士を戦わせるのが現在のマイブームってところでしょうか?

八雲先生のプロフィールでCMに入り、CM明けは御剣先生のプロフィールでした。
御剣先生の将来の夢が幸せな結婚だったことに、衝撃を受けてしまいました。

夕暮れの屋上でみきと語り合うミサキでしたが、今は一人になりたいと立ち去ります。

その頃先生たちは真面目に話し合い。
ゲームとはまるで違う先生に、戸惑います。

闇神樹、連発。
闇に堕ちてなお、願いに応える力があるとか厄介です。

こちらの世界での日々を思い返すミサキは、部屋を飛び出しました。
毎度毎度、夜出歩くのが趣味なのかと心配になります。

みくとの電話後に目撃したみきが呼びかけますが、スルーされてしまいました。
甘口カレーは冷凍したのかどうか気になります。

ミキと遭遇し、交戦するミサキ。

普通に「黒フード」と呼んでいるところで、ちょっと笑ってしまいました。

ミキを巻き込んで自爆でもするつもりだったのでしょうか?
とにかく何かしようとして危なげな感じになっていたところに、みき参上。

ミキが姿を消すと、星守クラスのメンバーも到着しました。

皆で頑張ろうと誓っていたら空から巨大な亀型のイロウスが……。
何が起こってるんだとか聞かれても、大きな亀としか答えられません。

そんな亀の甲羅には闇神樹。

俺たちの戦いはこれからだ、的構図で続く!


汚れた神樹が余計なことをしてくれたんだな、というのが今回の感想です。

しかし、亀退治に成功し闇神樹も浄化出来れば、あちらの世界も救ったも同然ですし、万事解決となります。
そうなれば完全に結果オーライではあれ、闇神樹のファインプレーだと言えなくもありません。
腐っても鯛、汚れても神樹です。

物語はハッピーエンドが好きだと、これまで他のアニメの感想でも書いたと思うのですが、期待しています。

あまり関係ありませんが、今改めて1話を見ると当時キャラクターが把握出来なかった事の方が不思議で、何だか面白かったです。


前の回
『バトルガール ハイスクール』第10話「家族」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次の回
『バトルガール ハイスクール』第12話「きずな」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

今も『バトガ』のゲームやってます

バトルガール ハイスクール』のアプリで、まだ遊んでいます。

星のかけらが250個貯まったらガチャを11連回す、自分がすることはそれだけです。

なんて1回分貯まったら回しちゃうダメダメぶりですが、運良く「【水着'17】ひなた」を引き当てては中々我慢も出来ません。

そこを何とか耐えて、あんこかサドネが来ますようにと念じながら11連回したら、殆どが以前引いた星2つのもの……。

やはり貯めずに回すべきかと悩みつつも一昨日、改めて11連回してみたら、あまりの大漁っぷりに焦りました。
「【水着'17】詩穂」に「【水着'17】みき」、「【水着'17】蓮華」と来て、「【水着'17】ミシェル」だなんて平然としていられる方が変です。

そして昨日、再び250個貯まりました。
どうするか迷った挙げ句、あんこ目当てで「【バニー】(メモリーズ復刻)」の方を11連回すと「【バニー】心美(メモリーズ復刻)」「【バニー】くるみ(メモリーズ復刻)」が。

嬉しいけど少し悔しい複雑な気分になったので、もう1度だけ水着ガチャを11連回すことに決めて、バトルと宿題で250個貯めて回したらなんと!

念願の「【水着'17】あんこ」が来ました!!

他10枚は神樹のつぼみや花になりましたが全然OKです。
あんこさえ来てくれたら何の問題もありません。

これまで「これが欲しい」と執着したことはなかったので、引けた時は最高に嬉しかったです。

これで星4つのカードを未だ引けていない現星守は、サドネ楓ミサキ昴遥香ゆりの6人に。
いつか引きたいところです。

「こんなカードが引けた」という報告だけしても仕方ないのでバトルの話をすると、よほど攻めこまれて動揺しない限りはスキルを発動させられるようになりました。
(どんだけショボい話やねん……)

アクションスキルと言えば「【水着'17】蓮華」の「ピープ・ドローブ」は持っていなかったタイプの動きをするので、今現在かなりお気に入りです。
(蓮華がビニールの筏に乗ってイロウスを轢いていきます)