ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

アプリのレビュー欄

アプリをアップデートしなさいよ、ってな通知がスマートフォンの画面に表示されていたので、素直に従おうかとPlayストアへ。

アップデートして不具合が生じたことが過去にあったので、どうするか判断材料にしようとレビューを見たら、スラングまみれの罵倒がチラホラ……。

一部コミュニティ内でのみ通用する(と思っていた)ネットスラングの乱舞に衝撃を受けたと同時に、実名らしきアカウントで平気で企業や他人を罵れる豪胆さに驚きました。
(最大の衝撃は、未だに「ワロス」を使っている人がいたことですが……)

レビューの全てがそうだったわけではないですが、残念ながらあまり参考にはならなかったため結局色々検索して見て回ることになり、地味に面倒でした。

レビューを参考にして決めるのではなく、既に自分の選択が決定している時、様々な人の意見を見るためにだけ利用する方が良いのかなと思いました。

『バトガ』のゲームまだやってます

バトルガール ハイスクール』のゲーム、まだ飽きずにプレイしています。
「ぷにコン」の操作が苦手でずっとオート機能でバトルをクリアしてきたのですが、イロウスが強くなってきて徐々にキツくなってきたので、最近は自分でするようになりました。

しかし、どちらかと言えばバトルよりもレアなカード(とそれに伴う衣装)の入手なんかが主な目的で、バトルは「星のかけら」を入手する手段に過ぎません。

その「星のかけら」が25個でカードガチャが1回引けるのですが、250個集めるとボーナスで1回追加されるため、実質11連ガチャになります。
ですから何か理由がない限りは250個貯めてから回した方がお得です。

が、分かっていても25個貯まった時点でついつい回してしまいます。

それでも花音様の為、誕生日である8月28日の限定ガチャまでは使うまいと、250個は常にキープしてきました。
なのに、水着ガチャに花音様が追加されたことでふらつき、気付けば「10回+1ガチャる」と書かれた部分をタップ。

やってきたのは明日葉センパイでした。
初めて自力で引いた星4つのカードは明日葉センパイの星衣フローラ、追加された水着のカードも引いた……。
グニャグニャとナマコの如く揺れ、センパイ派に寝返ったとしても仕方ありません。

それからもチマチマと水着ガチャや復刻した浴衣ガチャを回していたら、水着ガチャを1回回すと5ポイント貯まるガチャポイントが150超え。
(その時点で11連を回せるくらい「星のかけら」を使ってしまっていることは考えてはいけません)

180ポイント貯まれば限界突破用の「神樹の雫(水着'17&おうちデート)」が貰えるからと、そこを目指してガチャを回しました。
そうしたら今度は、星が4つのカードが確実に引けるチケットが、11連を回せば届きそうなポイントで貰えることを発見。

せこせことバトルや宿題で集めた「星のかけら」が、ようやく250個を突破したので回してみると、うららの水着カードが出ました。
そして、ポイントで入手したチケットからは水着の望。

運良く、新たに追加されたカードばかりが引けました。
戦力的に使えるのかどうなのかはあまり良く分かりませんが、可愛いので問題ありません。

ミニストップが徒歩で移動可能な範囲にないのが残念です。

『バトルガール ハイスクール』第5話「アイリスの花言葉」見た(ネタバレあり)

バトルガール ハイスクール』第5話「アイリスの花言葉」見ました。

正直なところ物語としてどうかなんてのは、早い段階から軽視しています。
キャラクターが動きさえすれば良いとは考えていませんが、ゲームのプレイヤーに対するファンサービスの意味合いが大きいと感じたからです。

キャラクターに惹かれるかどうか。
視聴する上で重要なポイントだと思うのですが、このアニメは特にそこが大事だという気がします。


※以下、ネタバレありますのでご注意ください。


今回は高2の3人がメインの回でした。

とはいえ、くるみは2人を見守るような立ち位置だったため、ゆりと望が目立っていたように思います。

戦闘では今回もミサキが大活躍。
クモっぽいイロウス戦を除き、未だ苦戦する気配すらありません。

ミサキを強く見せるために弱体化させられているような他の星守たちの中でも、ゆりは過去の回想でもピンチになっているせいで殊更恵まれていない感じがします。
望との絆を見せるためなので仕方ないのだと思いますが、どうしても弱く見えてしまい可哀想です。

新たなキャラクターが活躍する分、元からいたキャラクターが割りを食っていると考えると、ファンサービスとしても微妙なんじゃないかという気がしてきました。
好きなキャラクターに偏りがあると、ストレスを感じる作りかもしれません。

過去のゆりと似ている、ってのがミサキの正体に関係してくるのかどうなのか、悩んでしまいそうですが自分は気にしないです。

それよりも次回の内容の方に興味が……。
これまで全く流れが予想出来ずに来ましたが、次回もどうなるのか読めません。

予測したり考察したりするアニメもあれば、ただ流れに身を任せるアニメもあります。
自分が楽しめれば結局それが一番で、個人的にはこのアニメは好きです。
ただ、見ようか迷っている人がいたら、止めようとしてしまうかも知れません。


アイリスの花言葉は友情、信頼、そして希望だそうです。


前の回
『バトルガール ハイスクール』第4話「歌に想いを」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次の回
『バトルガール ハイスクール』第6話「れんげがくるみでくるみがれんげ」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

テレビを見ていてイライラ

元来気短な性格ではあるのですが、ここ数ヶ月で酷くなっているような気がします。
と言っても対人面では特に変わりなく、テレビを見ている際の話です。

長々と勿体ぶって焦らしに焦らした結論が更にCMをまたぐ、我慢出来ません。
健康問題や雑学、クイズ等の答えが気になるものに限ってそのように引っ張ることが多く、とてもイライラしてしまいます。
「もうエエわ、ググるわボケ!」と検索することが増えました。

引き延ばしが無駄とは思いませんが長々やるならCMを挟まない、途中でCMに入るならそこまでの流れはスピーディーにする、どちらかにしてほしいと思います。
なんて愚痴はテレビ局なり制作会社なりに電話やメールで伝えるべきなのでしょうが、そこまでの熱量はないのでこうしてブログで垂れ流すだけです。

ですがそうしていてもストレスが溜まるだけなので極力録画し、怠い展開は早送り出来るようにはしています。

『バトルガール ハイスクール』第4話「歌に想いを」見た(ネタバレあり)

バトルガール ハイスクール』第4話「歌に想いを」見ました。

Blu-ray DISCとDVDは全部で3巻で各4話収録されるみたいなので、今回の話までで1つ区切りがつくということになりますが、未だミサキのキャラクターが把握出来ていません。
放送開始から約1ヶ月経つというのに、明かされていない部分はまだまだ引っ張りそうな感じです。


以下、内容に触れますのでネタバレにはご注意ください。


f*fの2人が練習しているところから、今週は始まりました。
前回は出番が少なめというか、映像のみでしたからありがたい話です。

神社でライブ成功を祈願し、おみくじを引く中3高1組。
トラブル注意というあからさまなフラグ……。

スタッフが崖崩れで足止めされた上に、待機していた旅館で食あたりして全員入院は確かにギャグ漫画的です。

中高生で何とかなるなら別にプロでなくても良いはずなので、いくらでも人手は確保出来そうな気はしますが、それでは話が変わるので深く考えてはいけません。

戦闘に加勢しにきたf*fが何故高所にいたのか分かりませんが、カッコ良いから良いやとか思っていたら戦闘後に花音様が怪我を……。
あんな高い建物から飛び降りても平気だったのに、と思ってしまいました。

イロウスが出現してもライブを優先しているミサキに驚いていたら、ケガで踊れなくなった花音様の代わりにステージへ。
気付いていないっぽいファンたちにも衝撃を受けましたが、ウィッグまで用意していたとはどういうことなのか気になります。
とはいえ、最後はきちんと本物が締めましたし、ライブが成功したので問題ありません。


4話は色々驚くところだらけでしたが、個人的にはミサキのコスプレよりもサドネの柔軟性の無さが1番衝撃的でした。
運動不足気味な30代のオッサンである自分より前屈が苦手とかケガしそうで怖いので、是非ともお風呂上がりに頑張ってほしいです。


前の回
『バトルガール ハイスクール』第3話「リゾート×合宿×エスケープ」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次の回
『バトルガール ハイスクール』第5話「アイリスの花言葉」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し