ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

勝手な、あだ名

ブロントサウルス、カエルアンコウ

実は同種だと判明して名前が消えたり、諸事情から名前が変わったり……。
対象は昨日までと何も変わっていないはずなのに、不思議です。

比較的新しい話だと、トロサウルストリケラトプスに統合されてしまいそうで、訳が分かりません。
どの程度信憑性がある説か分かりませんが、どうも(トロサウルスが)トリケラトプスの成熟した姿なのだそうです。

毛色の異なる話ですが、本州でキリギリスと呼ばれていた昆虫が実はニシキリギリスとヒガシキリギリスの2種の総称だった、ってのも衝撃的でした。
遺伝的にどうのこうので違いが判明したわけではなさげな上、亜種レベルではなく別種っていうんですから驚くのは当然です。


まあ、当の生き物からしたらどうでも良い話かもしれません。
乱暴な言い方かも知れませんが、進学する度にあだ名が変わるようなものかなと思います。
(しかもこっちの了承なしの、勝手なあだ名)

そのような考え方をすると、キリギリスのパターンは全くの別人と同一人物扱いされていたということになるため、想像したら結構キツいです……。

日曜日の朝

今期放送開始のアニメで唯一気になる作品が、ワンセグでは見られないという悲しい事態。
録画してまで視聴するアニメは『ヘボット!』だけになりました。
(たまに『名探偵コナン』とか見ますが……)

その『ヘボット!』、先週あたりからED曲が変わり、OPも映像が変更されました。
OPもEDも、若干シリアスな感じが増したような気がします。

内容は正直ここ数話微妙で、ちょっと惰性で見ている状態だったのですが、28話は久々にクリーンヒット!
朝からアホみたいに笑てまいました。
子供ウケ狙いっぽいネタ、しかもスチャットに笑わされてしまうなんて悔しいです。

「みぎまわりひだりまわりネジにも色々あるからいいんだなぁ」

見るアニメが『ヘボット!』のみというのは結構寂しいですが、日曜日の朝は特撮があるので問題ありません。
特に今年は戦隊モノが個人的に大当たり、よっしゃラッキー!

宇宙戦隊キュウレンジャー』は9話まで外れの回がないだけでなく、キャラクターも全員個性的で魅力的なので、30分間まるで退屈しません。
これほど見逃したくない、面白い戦隊モノは本当に久しぶりです。

さらに仮面ライダーも面白いですから、今年から見始めた子は凄い幸せだと思います。
(一方で、基準が高くなってしまって大変とも思います)

ただ、自分は『仮面ライダーエグゼイド』をあまりしっかりとは見ていません。
話は面白いのですが、どうにもデザインが気になってしまうからです。

ビーロボ カブタック』も『テツワン探偵ロボタック』も楽しく見ていた作品ですが、どちらもメタルヒーローには含めて欲しくないという気持ちに近い気がします。

仮面ライダーエグゼイド』が、『電光超人グリッドマン』や『超光戦士シャンゼリオン』的な作品だったらと思うものの、仮面ライダーである意味がないとは全く思わないわけで、偏屈なおっさんの単なる我儘だと自覚しているつもりです。


まあ何にしてもエエもんです、日曜日の朝。

『けものフレンズ』12.1話「ばすてき」見た(ネタバレあり)

けものフレンズ』12.1話「ばすてき」、ニコニコ動画で見ました。

後日確認しますとYouTubeでも配信されており、当然といいますか何周かしております。
これまた当然ながら、違法アップロードされた動画ではなく公式配信です。

時間としては3分程の映像ではありますが、飢えた身には中々に濃く感じられました。

※以下ネタバレありますので、お気をつけください
(記事一覧でのネタバレ回避のため、これより上の文を一部修正しました 17/04/20)


「ばすてき」って何?
って思うよりも先に「釣り動画」である可能性を考慮しておいて、心に予防線。
期待して裏切られたら、つらいです。

結果としては、そんな考えは不必要でした。


はかせ、じょしゅ、フェネック、そしてアライさんという無敵の布陣!

はかせたちの後ろには、横転したバス。
セルリアンの攻撃を受けて、タイヤが曲がってしまっています。

交換するために真ん丸なタイヤを探してくるよう、はかせとじょしゅがアライさんとフェネックに依頼。
海を渡るだけでなく、上陸後のことも考えているとは本当に賢いです。

ちゃんと食べているのかと、煽られる(?)アライさん。
(フェネックも一緒にいるのに、どうもアライさんだけ言われているような気が……)

「アライさんは、そのへんバッチリなのだ!」

バスは、かばんたちが乗っていた1台だけではないらしく、似たようなものがパーク内で目撃されているそうです。
そのバスからタイヤを外してくれば良いのですが、これまで歩きすぎたせいでサンドスターが……。

そこで「バス的」な乗り物を貸してもらうことに!

「ばすてき」とは「バス的」でした。

ペダルを漕がなくちゃならない上に遅いですが、最終回で無事に船が完成していましたから、アライさんとフェネックは根性でやり遂げたようです。



とにもかくにもアライさんが可愛い!
幸せな2分45秒でした。

続編が作られたら嬉しいけど、どんな出来になるか考えたら……。
なんて怖がっていたのが馬鹿馬鹿しくなりました。

果報は食べて待て、です。
変に怯えたりしないで、美味しいものを食べてのんびりと続編を待とうと思います。


前の記事
『けものフレンズ』第12話「ゆうえんち」見た 前編(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

『けものフレンズ』第12話「ゆうえんち」見た 後編(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

枠の中、枠の外

酢飯を軽く握って海苔を巻き、甘酢あんを絡めた肉団子を乗せたものは寿司か否か。
江戸前寿司をうたっていたり価格帯や想定される客層から判断して、出されたらちょっとと感じる店もあるものの、寿司だと自分は思います。

酢飯を用いていますし、形状も既存の軍艦と変わらないからです。

酢飯を用いてタコライスを作ったとして、それをちらし寿司の変形だと考えても良いのか、という問いはとても難しいですが、押さえておくべき点について考えるのは寿司に限らず、きっと大切なことだと思います。

どこを押さえておかなければならないか、何を守らなければならないか。
そうしたこれまでの枠から出ようと意識するあまり、別の枠の中に飛び込んでは本末転倒です。

片手に乗せた酢飯の中心にイクラを盛り、三角形になるように握ったものは寿司ではなく、おにぎりだと自分は思います。
判断する基準は人それぞれ異なるでしょうから、酢飯を用いている以上は寿司だと分類する方もいるでしょう。

自分と違う意見は否定しようだとか、こちらに同意するまで説得しようだとか、そのような考えは特にありません。

ただ、何をどう判断した結果なのかは知りたいと思います。
(過程や基準が納得いかない場合にどのように対応するかは時と場合によっても変わります)

作った側については、何をどう考えて生み出したのか知りたいです。

例えばの話、もしも『プリキュア』シリーズで主人公は男の子だ、破壊された町は元には戻らない、初期メンバーの半分が死亡する、それら全てを同一タイトル内でやりだしたら、製作陣を問い詰めたくなります。
「これ、ほんまに『プリキュア』でやる必要ある思たん?」「誰が対象なん?」「それがリアルやて考えたん?」「作ってて、アカンと思わへんかったん?」「てか『プリキュア』て何やと思てるん?」
もうほぼほぼ罵倒ですが、自分の読解力の問題ならば修正したいと思いますし、どう感じるにしろとにかく真意が知りたいです。

とはいえ、枠の中に収めながらそれまでとは違う新たなものを作り上げ、しかも評価されなければならないとなると、枠を無視してしまうよりずっとずっと大変だろうなと思います。
だからって、どんなものでも枠内に収まっていれば評価するってのはどうかと思いますが……。


思いついたことを垂れ流す、なんて最初から枠を広めに設けておく狡い奴が良く言ったもんです。
(一応、正直に書こうという意味もあるので、完全に無制限でもないつもりですが……)

エイプリルフールやん

わー、エイプリルフールやー!
ってはしゃぐ年齢やないいうか、春休み中なんで学生時代もはしゃいだりしたことありませんけど、今日はエイプリルフール。
(正午まで、って話もあるみたいですが)

エイプリルフールっちゅうたら何を思い浮かべますか?
て聞かれたら迷わず「怪盗キッドが『漆黒の星』を盗むと予告した日」と答えます。

嘘です。
そない細かく覚えてません。

こないだから『名探偵コナン』の単行本を読み返してて、今日偶々知ったってだけです。

その予告状、正確には「参上する」としか書かれておらず、実際に4月1日は下見。
コナンとキッドの対決は4月19日。

結果がどうなったかは、(20年近く前に発売されてますし)今さらネタバレも何もないと思うものの、16巻読むかアニメ見るかしてほしいから触れません。
(単行本持ってへんなら今が買い時や!)

それにしても、16巻でキッドが初登場した時はテンション上がると同時に、そろそろ折り返しやと考えて少し寂しなったんですが……。
(少年漫画ってものは30巻前後、長くて40巻ちょいで終わるもんやと思てました)

ガンダム知ってるってこともあって最近の話も楽しめてるんやけども、いつどないして畳む気なんかとか完結するんやろかとか考えたらやっぱり不安です。
とりあえず組織絡みの話は終わらしといて、回想いう形でコナンの頃の事件を扱うとかしてもエエのになとか思てまいます。

どうなるにせよ、組織潰れたらキャンティ出ぇへんようなるんで、彼女もスパイやったらエエのにとか思たり思わへんかったり。
あない普通に目撃されたんも、わざとやとしたら納得ですし。

とはいえ自害するか始末されるかすると思うんで、どうせそうなるなら派手に散ってもらいたいです。
まあ、組織裏切るとかあっさり捕まってまうとかしても、それはそれでらしい気も。
もしかしたら実は結構美味しいポジションにいるんかも知れません。
(キャンティが好きなあまり、おかしなってる)

こんな日やし信じてもらえんくてもしゃあないんですけど、『名探偵コナン』の登場人物でキャンティが最も好きです。


とかいうてたら何や何や!?
今日のアニメ、『名探偵コナン』ちゃうやないか!

アニメだけやない!
公式サイトまで『名探偵ヘイジ』て、どないなっとんねん!?

いうて知ってましたけど。
せやから、単行本買うなら今やとかいうような感じのこと書いたり、関西弁混ぜとったっちゅーわけです。
(似非関西人やないんで、念のため)

『名探偵ヘイジ』の限定ブックカバー、持ってへん巻があったらともかく、全巻あんのに買うてもあれやから諦めますけど、エエなあ……。
まあ、そもそも服部ファンやなぁてキャンティのファンやから、かまへんけど!