ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

プラ板を用いた簡単な箱の作り方

プラ板でメカ物などを自作する際には必要な箱の、基本的な作り方について説明したいと思います。

f:id:talenagashi:20170823143629p:plain

ということで厚さa(mm)のプラ板を縦b(mm)横c(mm)に切り出したものを使った、簡単な積層と箱組のやり方について図を用意しました。
(以下、単位については省略します)

まず箱組ですが、図のように組んだ場合はxとyの長さはいずれも(a+b)、zの長さは(c+2d)です。
(a+b)と(c+2d)の値が等しくなるようにすれば、立方体が出来ます。

厚さ1mmのプラ板のみ用いて1辺が10mmの立方体を組む場合は、9mm×8mmの長方形を4枚、10mm四方の正方形が2枚必要ということです。
(a=d=1、1+b=c+2=10)


積層とは図のとおり、切り出したプラ板を単純に張り合わせていくだけで、厚みαは張り合わせたプラ板の枚数で調整出来ます。
(α=b=cなら立方体)

箱組は軽量化、積層は厚みの確保、それぞれ異なる利点があるため使い分けた方が良いです。

あと、実際にはどちらの方法でも張り合わせる際の接着剤などで、微妙にズレが生じ得ることは覚えておくべきかも知れません。

たまにはラクガキでも

久々に携帯電話の小さい液晶画面睨みながら、ラクガキしました。
f:id:talenagashi:20170821184239j:plain

f:id:talenagashi:20170821184245j:plain

魂がどうのこうのとか考えてばかりじゃ疲れてしまうので、たまにはこうしてラクガキするのも良いと、僕は思います。

f:id:talenagashi:20170821184252j:plain

CGモデルの独特な雰囲気の再現ってやっぱり、普通のアニメを真似るよりも難しいです。

『バトルガール ハイスクール』第8話「星守たちの休日」見た(ネタバレあり)

バトルガール ハイスクール』第8話「星守たちの休日」見ました。
今回が、自分的にはこれまでの放送された話の中で最高でした。

20人近くメインキャラクターがいるので流石に均等に満遍なく、なんて訳にはいかないにしても結構上手いことやれていたのではないかと思います。
(カット数や台詞の文字数を計測して比較したら、想像以上に差があるかも知れませんが……)


※以下、ネタバレありますのでご注意ください


てなわけで、今回はシリアス気味な前回とは正反対の、サブタイトルどおり休日を満喫する星守たちのお話。

3連休とはいえどイロウスが現れた時のため、合宿所に留守番が必要だと、各学年の代表がクジ引きで決めることになった結果、高1組に。

CM明けて、リゾートでいかにもバカンスな雰囲気のあんこ。

みきが寝坊したおかげで危険な食事を回避した昴は、休みの間は自分が料理を作ると宣言。

花の水やりをしようとしたら既に誰かが済ませていた、と言う遥香
果たして、幽霊の仕業なのか……。

楓とサドネ、ひなたは遊園地でジェットコースターに。
苦手らしくヘロヘロになりつつも強がる楓でしたが、ひなたが次に指名した絶叫マシーンを見て倒れてしまいました。

ミシェルを着せ替え人形のようにしてコーディネート対決をする望とうらら、を盗撮する蓮華。

昼食に昴がチャーハンを作ってくれたようですが、遥香の分はドン引きするほど大盛でした。

ゆりと明日葉はバレーボールの試合観戦。
留守番をしている昴の話が出るところが、後輩想いな感じで良いなと思いました。

うらら達も昴やみきと来たかったという話をしています。
昴を可愛くコーディネートしたいという望の話を盗み聞きし、興奮する蓮華のブレなさが素敵です。

CM挟んで、どこかを航海する船上で、20年くらい前流行った映画っぽいポーズを決めたあんこ。

みきが前から1回やってみたかったことをするために体育館へ向かう高1組。

その頃くるみと心美と桜はクラシック音楽のコンサートへ。
観賞後の話題は留守番中の高1組のこと。

居眠りしそうだと言われた昴とみきだけでなく、遥香もマットの上で昼寝。
みきのやりたかったことは体育館で寝ることだったようです。

あれからどれだけの絶叫マシーンに乗ったのか、表情が壊れている楓。
オーバードーズじゃないかってレベルで「ヨワナーイ」が消費されている気がしますが、見間違えか勘違いだと思います。
サドネたちも他の皆の話。

揃って入浴中の留守番3人。

何時から飲んでるのか、既に酔っている教師2人。
担任の先生も誘ってあげてほしかったです。

高3組の部屋から物音がしたと、みきを起こす遥香
昴も起きたので3人で向かうことに。
中にいるのは泥棒か、幽霊か……。

あんこでした。
ずっと部屋から出ることなくバーチャルでバカンスを楽しんでいたようですが、そんなことよりそこら中にゴミが……。
水やりもあんこがやったのかと思いきや、そうではないみたいです。

ミサキでした。
どうやらかなり、くるみを慕っているみたいで驚きました。

トレーニングとしてスニーキングって時点でどうなんだと思っていたら、体育館でみきたちに気付かれないように添い寝していたとか……。
何かこう複雑な事情があるのかも知れませんが、現時点でのポスト蓮華有力候補なのは間違いないです。

今週は出番なしかと思われたf*fの2人は映画の撮影中でした。
髪型も髪色も全然違うせいで、最初は誰か分からなかったです。
監督の都合でスケジュールに空きが出来たようですが、どうするつもりなのか。

あんことのオセロでの勝負で追い込まれ、待ったも禁じられ、頬を膨らませるミサキが可愛かったです。
勉強疲れから、先生の方が楽だと言うみきでしたが、ミサキに諭されて反省し先生の為にケーキを作ることに。
真心だけでは何とも……。

やはり、ケーキ作りは失敗。
どうやったらあんな色の液体が飛散するのか、逆に知りたいです。
凹んでいるところへ、出掛けていたメンバーが帰ってきました。

先生の反応がゲームとは違いすぎてまともで、良かったです。
(ゲームだったら最低でも撫で回したりだとかはしているはず……)


次回もバトルがメインでは無さそうで、数話前の予想が外れまくりです。
しかし、それがダメとか言うつもりは全然ありません。
寧ろウェルカムな展開なので、楽しみです。


前の回
『バトルガール ハイスクール』第7話「守る力」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

アニメ『ラブライブ!サンシャイン‼』の感想3回目(ネタバレあり)

今週の、アニメ『ラブライブ!サンシャイン‼』は第9話「未熟DREAMER」から第13話「サンシャイン‼」までの5話。
これでEテレさんでの再放送は終わりですが、数話ずつまとめて見たことで今までと少し違った見方が出来た気がして、面白かったです。

何故好きなのかは残念ながら分かりませんでしたが、連続で見ても疲れないくらいには好きだということだけは分かりました。

※以下、ネタバレありますのでご注意ください


第9話「未熟DREAMER」は3年生が全員まとめて加入し、サブタイトルと同名の曲を披露する回。

誘われたからスクールアイドルを始めたのに、突然ハシゴ外された感じで何度見ても可哀想……。
まあ、鞠莉と果南が全力でぶつかったことでAqoursが9人になりましたし、結果オーライってヤツなのかも知れません。

この回では、ルビィが「とてもそんなふうには見えませんけど…」と地味に毒吐くところが好きです。
あと、ダイヤが砂浜にAqoursと書いて逃げるところも同じくらい良いなと思いました。
(千歌たちに見つからなかったのが凄い……)

第10話「シャイ煮はじめました」 は海の家の手伝いをしつつ、合宿をする回です。

3年生が加入してから経過した時間は分かりませんが、そんな間が経ってないだろうに溶け込みっぷりが凄いなと、改めて見直していて感じました。

今さらですがリアリティーだとか意識せず、キャラクターの感情だけ注視した方が楽しめるアニメなのかも知れない気がします。

第11話「友情ヨーソロー」は曜が悩む回。

鞠莉の先輩ぶりが見られますし、結構好きです。
しかし、アドバイスがそこまで役に立ったのか疑問が残るのが、不満と言えば不満かも知れません。
(結局、千歌に対して直接モヤモヤをぶつけなかったので)

ライブパートでの鞠莉の、銃で撃つような振りが最高です。

第12話「はばたきのとき」はμ'sやスクールアイドルや学校、色んなものについてAqoursが再考する回、だったと自分は思っています。

はるばる北海道からやって来てくれるなんて、鹿角姉妹はとても良い人たちだなあとは思いました。
(それなのにAqoursメンバーからの扱いが……)

μ'sの後を追いかけて聖地巡礼みたいなことまでしているスクールアイドルが、Aqours以外にも大量にいるのだと考えたら、ちょっと怖くなります。

とりあえず、ポスターは貼りっぱなしでも……。

第13話「サンシャイン‼」は個人的にはライブシーンの曲を聴くためだけにある回です。

リアリティー云々は考えないことにしましたから、ミュージカルチックなパートだとかライブ中のあれこれについては、もう気にしません。
しかし、他の生徒も参加するだのしないだのってのは、必要だったのかなとかは思ってしまいます。
(学校の為にする何か、はスクールアイドルだけじゃないはずですし)


今回放送された5話の中では第9話が1番好きです。
曲自体は大好きってほどではありませんが、旧Aqours時の衣装を纏った3人が着替える演出は、久々に見てもやっぱり良いなと思いました。


再放送を見たからというだけではないですが、秋から始まるアニメの2期が今から楽しみです。

個人的には東京でのライブで上位にいたスクールアイドルとか、チラッとでも良いから出して欲しいななんて思います。
で、Saint Snowは勝ち負けに関わらず輝けると思うので、是非とも気合の入った新曲で戦って欲しいです。


前の回
アニメ『ラブライブ!サンシャイン‼』の感想2回目(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

朝から『けものフレンズ』の再放送

けものフレンズ』が再放送されるっちゅー情報は前々から仕入れていたんで、本放送時に携帯電話で録画しmicroSDに保存していた分は全て消していました。
新たに放送されたものを改めて録ろう、ってな算段だった訳です。

しかし、痛恨のミス!
まさか一昨日の月曜日から既に再放送が始まっていただなんて……。

NHKの『昔話法廷』なる番組を気にしていて、他局の朝番組に対するチェックが甘くなっていたのが原因です。
アイドルタイムプリパラ』の前に流れた、放送中だというCMを見ていなければ、まだ知らずにいたかも知れません。

そんな訳で2話まで見逃してしまいましたが、3話は無事に録画の予約が間に合いました。

ミスなく録れてたんで再生!
JRAとのコラボレーション企画『ウマのフレンズ』の動画「けいばじょう」を見て以来久々の『けものフレンズ』はどんなんかなぁ……。

お、おえかき動物図鑑!?

フレンズのコスチュームを着た声優さんが子どもたちと踊る映像に放心状態。

「コブの中には脂肪が入っているよ。エネルギーにもなるし、暑い砂漠で体温の上がりすぎを防いでくれるんだ」
って、前情報なしだったこともあり衝撃を受けすぎて、ラクダの説明が全然入ってこないっす。

おえかき動物図鑑のタイトル通り、絵を描き始める子どもたち。
これは、凄く朝の子ども番組っぽい!

CM挟んでアニメ本編が始まりましたが、字幕が表示されていることに少しビックリしました。
もう(以前録画した分を)消してしまったので分かりませんが、確か以前は出てなかったような……。
(過去の記事を読み返すと、主にパーク関係の固有名詞の後に疑問符がチラホラ見られるので、字幕無しだったと思われます)

ジャガーの説明を見逃したのが悔やまれるところです。

ビックリと言えば「ショウジョウトキがペリカン目じゃなくてコウノトリ目になってた」的なことを3話の感想で書いたのですが、販売用に修正されていたみたいで、ちゃんとペリカン目に。
図鑑なら大事なことでも、アニメだから些細なことだとスルーされてしまいそうなのに、きちんと修正する丁寧な仕事ぶりに驚きました。

動物図鑑的な役目を果たそうという意志が感じられ、そういう部分が気に入った身としては嬉しかったです。
(夏休み期間中の朝7時30分開始とか明らかにお子様ターゲットですし、フレンズの可愛さアピールだけでなく動物についての知識を広めることは、深夜帯での放送時よりも大切だと僕は思います)

深夜帯に放送されているアニメに対する「朝でも放送出来る」なんて言葉は、見ている人の世間とのズレを示すことが多い気がしますが、『けものフレンズ』は見事成し遂げてしまいました。
自分は「朝や夕方に放送するならフレンズのデザインを大人しめにしないと」と考えていましたが、どうやら余計な心配だったみたいです。

考えてみれば、何だか分からないけれど見ていると照れる、何故か恥ずかしくなっちゃうシーンって昔から子ども向けアニメでも有りました。
今だって『ヘボット!』のナグリ王妃や、ヘボットとペケットの女子化とか、『プリプリちぃちゃん!!』のED映像とか、中々の中々な気がします。

けものフレンズ』のフレンズだってそういうラインと言えばそういうラインかも知れないです。
そもそも実際にこうして朝から放送しているのですから、問題ありません。


というか、そんな風にフレンズのデザインがどうのこうのとか心配するより、30にもなって土日の朝から子ども向けアニメを見ている自分の心配でもしてろっちゅー話です。