ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

第2部にコラボとまだまだ盛り上がる(とじとも)

水着、やられました。

まるでピンポイントで僕を狙ってきたかのような人選。

忍者の時に、水着なんてベタだの言っていた罰が当たったのかも知れません。
期間中に11連分貯められそうにないですし、もうとりあえずやれるだけやって運を天に任せる他ないです。

ってなわけで毎日チマチマ回してみたものの出ません。
このままでは期間が……。

少しくらいならば、とGoogle Playギフトカードを買ってきました。

そして480円の〈初心者応援「強化」パック〉を購入し、虹珠鋼(有償)120個で「1日1回召集」に挑戦!

ピックアップと通常と2回ずつ試したのですが、☆2ばかりで正直凹みました。
☆3のサポートならまだしも、☆2のサポートは流石にキツイです。
480円あったら何が買えたか、なんて考えてしまう自分には無料プレイが似合いかも知れません。

水着の夜見が通常召集に追加され、俗にいう闇鍋状態になるのを待ちます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

で、気分を切り替えましてコラボです。
まさか「ゆゆゆ」とコラボレーションするだなんて思ってませんでした。

イベント自体もてんこ盛りなのに、コラボ記念で無料11連まで。
(開花の宝珠☆3が4つも手に入ってラッキーでした)

結城友奈は勇者である」の2期をそこまで真剣に追ってなかったこともあって、コラボについて知った時は然程盛り上がりませんでした。
しかし、キャラクターの立ち絵を見た時点でテンションが急上昇。

我慢出来ずに残金で960円分の虹珠鋼を購入し、結局120個ちまちま回すことに。
そうしたら、2日目で可奈美が引けるミラクル。

「限定ステップアップ召集」でも、沙耶香が2枚も来ました。

どちらもイベント用に80まで即レベル上げ。
買ってて良かった〈初心者応援「強化」パック〉って感じです。

あと「東郷 美森【勇者】」の「護国弾・必中」は結構強力なので、最低でも「勇気の欠片10回召集」を2周して、1枚は確実に取りにいった方が良いと思います。
(2、4、6ステップで確定)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

最後に攻略情報って程でもないですが、「勇者の試練」の【鉄壁】は荒魂を毒状態にしてやると楽です。
具体的に言うと、☆4夜見がいると楽になります。

後半になって通用するかは分かりませんが、少なくとも第10層までは有効です。

「とじみこ」24話(終)「結びの巫女」見た(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第24話「結びの巫女」見ました。

サブタイトルが「結びの巫女」だけあって完結、最終回です。
「もう半年経ったんか」と思いました。

本当にそのくらいあっという間だったような気がします。
アプリゲーム始めたり、カフェの物販でマグネット買ったりしたのなんて、ついこの間のようです。


字数稼ぎはこれくらいにして感想に入りたいと思いますが、ネタバレありますのでご注意ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今週は隠世が元に戻っていくところから。
ぶん投げられる祢々切丸が可哀想でした。

OPなしでいきなり本編。
季節は冬から春になっているのに、未だ可奈美と姫和は帰って来ていないようです。

相変わらず荒魂は出現するということで、見覚えのある刀使たちに指示を出す元親衛隊。
それぞれ母校の制服を着てくれなかったのがちょっと残念です。

現実と同じく何ヵ月も経っているのか、隠世内では短い間なのか、とにかく姫和とはぐれて歩き続けているっぽい可奈美。
千鳥に導かれ、ようやくたどり着いた自宅で美奈都と再会しました。

姫和も同じように家で篝と遭遇。
可奈美と美奈都の親子と違って、姫和と20年前の篝は初対面なのでぎこちない感じなのが面白かったです。

御刀の共鳴で2組の親子が合流。
美奈都と篝は互いに隠世内にいたのに会えなかったみたいなのが不思議ですが、現世とは色々と勝手が違うようですし、何より結果的に会えたので良しというやつです。

そんな感動の対面もそう長くは続けられず、未練を断ち切り帰るため、美奈都と可奈美が対決することになりました。
正直、この流れでは驚きません。
が、可奈美から言い出さなかったのには少し驚きました。

無事に勝利して帰路につく可奈美と姫和を見送る美奈都と篝。
と、そこに現れたタギツヒメ

消えてしまうまで戦えるってことで、寂しさは多少薄らぐんじゃないでしょうか。
ビジュアル的にそう変化しませんけども、結局タギツヒメだけ耳を覆う「手」が取れないまま。
もし次があるとしたら、きっと取れているだろうと思います。

可奈美と姫和はどうやって帰るのかなと思っていたら、まさかのノロによる案内。
ねねチックな鳴き声なのが謎です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

皆が可奈美たちのことを想いながら頑張る中、ノルマの如く今回もイチャつく元親衛隊。
なんて書き方すると否定的っぽいですが、もっと増やしてくれて構いません。

ようやく可奈美と姫和も帰還。
描写されていませんが、空間を裂くようにして戻って来たんでしょうか。

で、場面は御前試合。
益子さんと沙耶香は親衛隊になったのか、元親衛隊含めた4人で揃いの服を着てました。
ゲームに登場するキャラクターも見守る中、決勝戦が始まるってとこで終わり。

声だけでも誰と誰が戦うかなんて明らか、と思わせておいて全然知らない人たちだったら焦ります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

タギツヒメの体内から姫和があっさりスポンと出てきたように、割とすぐ帰ってくると思っていたら春までかかってビックリです。
流石の可奈美も篝にまで勝負を挑まなかったのは予想外だったと同時に、そこまでではなかったんだと安心しました。

会ってないんで仕方ないとはいえ余り関心持たれてなさげな可奈美の兄が不憫だとかそんなことより何より、益子さんの格好が可愛い!
(旧親衛隊の服の方が好きではありますが)

というか、瀬戸内さん留年?
(エレンの斜め後ろに座っている青髪の長船生で、ゲームの設定では高等部3年だったはず)

長船には大学もあるのか、職員か何かになっても制服のままなのか、気になりました。


話としてはキレイに完結したなという印象です。
ですので続編を熱望はしません。

とはいえ、続きがあれば勿論見ます。
歩が立派な刀使になるまでの話とか、或いは既にそうなった彼女が後進を導く話とか見てみたいです。
(益子さんがなんだかんだ押し付けられて出世して学長になる話とかも)

あ、獅童さんと此花さんが2人の娘に夜見と結芽と名付けてるとかも良いかも知れません。
ちょうどヤ行とマ行の組み合わせですから、姉妹の名前として統一性もあります。

なんて、妄想し始めたら次々溢れてくるくらい楽しい作品でした。

「とじみこ」23話「刹那の果て」の感想(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第23話「刹那の果て」見ました。

もうすぐ最終回ってだけあって迅移の如き速度で話が展開するとか上手いこと言おうとしてみたけど全然ダメとかどうでも良くて、大切なのは今日が益子さんの誕生日だということ!
ゲームでも皆に祝われてますが、僕も未だ開封していない益子さんマグネットに一礼しました。

なんてそれこそどうでも良い個人的な話はさておき、以下の感想はネタバレ含みますのでご注意ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

隠世が落ちてきて、大ピンチ。

一刻の猶予も無さげな状況だと思いきやタギツヒメが追いかけて来ないからって、お菓子を食べはじめる一向。
実際には体力の回復とS装備のバッテリー待ちという理由があったわけですが、(世界が終わるかもって状況にしては)緩い雰囲気です。

それにしても塁さん、重そうなバッテリー背負ってビル登るとか凄いという以前に、荒魂がウジャウジャ湧いてそうなのに生身で来るとは。
大災厄経験者の高津学長でさえ先週あれだけ荒魂にビビってたのに、仮に護衛する刀使同伴だとしても異常です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

チョコミント分を補給すると新型S装備と同等の力が出せる、かどうかは知りませんがエターナルと紫様だけ未装着。
そんな2人含めた7人で、タギツヒメに挑みます。

取り込んだ荒魂を数えたら膨大な数になると思いますし、卑怯ってことはないはず。
それに迅移でふるいにかけられてどんどん脱落していきますし。

迅移の段階で強さが決まるわけではないとは言えども最初に長船組が抜けたのは、益子さんファンとしては残念。
猿叫連発に戦闘前のカッコ良い台詞と見せ場は多々あれど、やはりエターナルたちに持っていかれるのかと思うと……。
そりゃもう嫉妬からエターナル呼ばわりしてしまいます。
(仮面ライダーみたいでカッコ良いニックネームだと思いますが、蔑称由来なのでひよよんファンごめんなさい)

指揮官タイプな代わりに戦闘技術は一段落ちる印象だった舞衣が、普通に次の段階についていったのは驚きました。
居合いもカッコ良かったですし。

そんな舞衣も落ち、次で沙耶香も落ち、可奈美も置いていかれて姫和とタギツヒメで1対1。
「どーせ、ひよよんピンチなったら可奈美が来んねやろ?」と思っていたら、まさかの紫様!
お菓子代とチョコミントだけで見せ場終了なわけがありませんでした。

バレないようにコソコソついてきてたのかと思うと微笑ま……、って写シ無しで腹刺されてるじゃないですか。

そんな状況で先週の姫和と逆に、空間を裂いて中に入ってきた可奈美。
2対1で戦闘を再開すると結構あっさり姫和がタギツヒメを刺し貫き、可奈美も一緒に隠世の彼方へ。

優先度から言えば何もおかしくないですが、その間ずっと放置されていた紫様が不憫でした。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

しかし不憫さで言えば誕生日に逝った夜見には敵いません。

沙耶香の誕生日会をしていた時点で、作中時間でいうと(夜見の誕生日に)近いことは何となく分かってましたけども、よりにもよってって感じです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

EDの絵が微妙に変化していて驚いていたら、明けて歩。
ノロ抜き入院中って感じですが、タギツヒメ戦後の時間経過が分からないだけに問いが不穏です。

隠世から帰ってきてないってパターンで、2人とも御刀の導きで母親に会ってから戻ってくるってのはベタでしょうか。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

とりあえず今回でタギツヒメは片付いたと見て良さそうですし、来週はどうなるのか気になります。
三席四席は退場してしまいましたが、他は誰も欠けずに紫様も命に別状なく、可奈美と姫和も無事でハッピーエンドってのが個人的な希望です。

隠世にいる美奈都と篝にタギツヒメの身柄を引き渡して可奈美と姫和が帰還、というのが勝手な予想というか願望。
その際に可奈美が勝負を持ちかけるところまで未来視で見えている、のは勿論嘘です。

くどいようですが、何にしても救いのない話にはならないで欲しいなと思います。

紫様誕生日に強化訓練(「とじとも」)

刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」プレイ中です。

今日6月13日は紫様の誕生日ということで「お知らせ」でお祝いイラストも公開されています。
高津学長がまだ相模雪那だった頃……。

お祝いメッセージを各キャラクターが口にする中で1人辛辣な、ひよよんの浮きっぷりが良いです。
(沙耶香も割と酷いですが)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ちょっと話は変わりますけども、夜見が時折「お勤めご苦労様です」と言うのがもう……。
その一言だけでも夜見が好きならたまらないはずなので、是非とも(夜見ファンには)ゲームをプレイして欲しいです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

で、現在開催中のイベント「新米刀使 強化訓練!」の話。

今回はなんと、「突」の☆4メインメンバーのみではありますが、最新カード以外でもボーナスが付きます。
(サポートメンバーに関しては新たに追加されたカードのみ)

自分は夜見と呼吹を所持しているため、ポイント20%増しです。
更にフレンドに「突」☆4を設定するだけで30%ですし、親切にも「十条 姫和【ブライド】」を貸してくれる人がいれば50%!
(他人にポイントを稼がせない為に【ブライド】の姫和を持っていても、貸さない人が殆どだと思います)

自分は夜見を貸し出してますが、借りられると貰えるコインが昨日から増加しているので、誰かの役に立っているようで嬉しいです。
ベースアップ最大で覚醒済みですし、戦力的にも足手まといにならないと思います。

そんな今回のイベントは、護符「 木札【耐出血】☆2」狙いです。
12400ptと届きそうなラインですし、そこまで行く途中で陣形の「羽翼」や「折神 紫【ブライド】」も手に入ります。

とはいえ止まるつもりはなく、無理なく稼げるところまで稼ぐ予定です。

となると「ナイトメア」がどんなものかが重要ですけども、今日追加された「ナイトメア1」は効率的に微妙でした。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

明後日追加される「ナイトメア2」次第ではありますが、とりあえず「EXハード2」を周回するつもりです。

「とじみこ」22話見た感想(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第22話「隠世の門」見ました。

前回は続きが気になる終わり方に特殊EDで〆と、この1週間はこれまで以上に待ち遠しかったです。

そんな22話は関西だと3時放送だったんですが、何故か丁度終わった辺りに目が覚めました。
割と頭もスッキリしていたため、録画したてのものを迷わず即視聴。

なんてどうでも良い報告はここまでとして、以下ネタバレありますのでご注意下さい。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

うらver.のとじよこがいつもと違ってシリアスな雰囲気で、しかも夜見について親衛隊の2人が語っていた時点で察しないわけありません。
今回で夜見は退場することになり、彼女の行動の動機も明かされるのだと。

明確に語られこそしませんでしたが、居場所や役割を与えてくれた高津学長に報いたかったのと、彼女がかける労いの言葉に自分の存在する意味を見出だしていたようでした。
満足げな顔でしたし夜見にとっては高津学長が全てだったのかも知れません。

高津学長には夜見の想いを無駄にしないで欲しいので、生き続けてこれまでの罪を償ってもらいたいです。

とか夜見の内面的な部分が何となく分かったことも収穫ですけれど、鎌府にいた頃の制服姿こそ収穫。
ノロ入れる前は黒髪だったなんて。
(単なるミスだったら笑います)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夜見が好きなんで先にその話をしましたが、今回の本筋は姫和の仇討ち。
誰もひよよんが生きてるとは思ってなさげで、せめて小烏丸くらい回収しようって流れなのが意外でした。

可奈美と紫様がタギツヒメまでたどり着けるように、親衛隊含めた残りのメンバーは荒魂や綾小路生の相手をすることに。

新型S装備は見た目が限りなく綾小路生の装備に似ていて、裏で繋がってんのかとか変に勘繰ってしまいます。
最適化しようとするとああいう形状になるのか、としくはスパイでもいたとかそういうことでしょうか。

新型になろうと人を選びそうな見た目のS装備ですが、沙耶香だけやたら似合う気がします。
(なのでゲームでも常時S装備を着せてます)

作中で初めてS装備を着たキャラクターだったはずなので、印象が強いだけかも知れませんが……。

可奈美が刀に込めた想いは届かなかったか、歩まさかの再登場。
救われた側の沙耶香が救う側に回るってのは地味にグッときました。

歩も沙耶香も下手したら夜見みたいになっていたかも知れないわけで、ある地点から分岐した別ルートを見ている感覚でした。
(ノロ入れてない沙耶香、ノロ入れたけど戻れそうな歩、最後まで突っ走った夜見)

皆の協力もあり、可奈美と紫様は割とスムーズにタギツヒメの元へ。

タギツヒメが終始優位に進めるものの、一太刀入れて姫和が脱出するキッカケを作るあたり、流石は可奈美です。
しかしながら解説に援護に今回も大活躍した紫様が個人的にはMVPな感じでした。
あの地面割る技カッコ良すぎです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

で、マイフェイバリットな益子さんは、ねねの活躍もカウントする方針なので今回も大活躍。
益子さん自身も荒魂ぶった斬ったり、沙耶香と絡んだりと十分活躍してましたが。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

あとはタギツヒメを倒して終わりって空気で残り2話あるっぽいということは、来週で片付けてサービス回に違いありません。
などと勝手に妄想してみても本気で信じられるはずもなく、どうなるのか気になります。

何にしても、主人公側が誰も犠牲にならずに解決するご都合主義な展開でも個人的には全然構わないので、とにかくハッピーエンド希望です。