ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

『バトルガール ハイスクール』第3話「リゾート×合宿×エスケープ」見た(ネタバレあり)

バトルガール ハイスクール』第3話「リゾート×合宿×エスケープ」見ました。

前回の放送後の予告では3話のタイトルに「?」マークは入っていなかったのに、OP曲後のCMが終わった画面では「リゾート×合宿×エスケープ?」に。
どっちが正しいんだか良く分からないのでとりあえず予告の方でいきます。


以下、ネタバレありますのでご注意下さい。


「来たで来たで!」とテンションが上がってしまうほどには、いわゆる水着回が好きではありませんが、かといって嫌いではないです。

キャラクターの名前と学年を表示してくれる相変わらずな親切ぶり。
星守クラスのメンバーのフルネームは怪しいものの姓名どちらかと学年は流石に覚えました。

ミサキだけ水着じゃないのは何故なのか気になりますが、特に誰も触れていないため基礎訓練は免除されたってところでしょうか。

案の定というべきかf*fの2人は多忙で不在で、ダンス練習時にビデオ出演するだけ。
あの練習の意味が説明を聞いてもあまり分からなかったのですが、多分真剣に考えることではないです。

中1を3人引き連れる高3と高2……。
結果的には面倒見の良いお姉さんっぽくなっていたような気もしなくもないですが、どうも同レベルっぽいのが何とも。

予想出来ない人がいるのかというくらい読めていたイロウスによる襲撃を受ける、あんこ探検隊。
が、イロウスは予想外なクモっぽい新タイプで、ドーム状に展開したバリアー内に5人は閉じ込められてしまいました。

「粒咲のことだからこっそり抜け出して、探検にでも行ってたんだろう」
先生、凄いです。

今回もミサキが救出に先行する形になりましたが、クローファングでもバリアーは破れず。
内側からサドネが、外側から楓が同時に攻撃することでイロウスが消滅し、バリアーも解除されました。

若干上から目線みたいになってしまいますが、ミサキに見せ場を用意しサドネの成長も描くとなるとこうなるかな、といった感じの戦闘でした。

色んな問題が解決してハッピーエンドでも、今回のイロウスはミサキも知らないタイプだったってのがちょっと怖いです。

来週はf*f回みたいで、花音様ファンとしては予告時点でテンションが上がります。


前の回
『バトルガール ハイスクール』2話「そこがツボなの?」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

シンフォギア見逃したかと焦った

昨日の朝、『ヘボット!』も『宇宙戦隊キュウレンジャー』も放送無し、録画しておいた『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』をじっくり見ようと携帯電話のmicroSDカードに保存した映像を再生。
何だか歌番組が録画されているも、冒頭に前の番組が入っていることは良くあるので早送り。

そうしたら送れども送れども一向にアニメが始まる気配がなく、録画ミスしたのかと顔から血の気が引く引く。
2話は感想が書きにくく好みとも言い難い内容だったとは言えど、視聴は継続するつもりだったので結構動揺。
何故前日に新聞でチェックしなかったのかと考えたところで閃き、とりあえずMBSの番組表を確認してみることに……。

なんと放送が1日遅れになっていました。
時間が変更されることは知っていましたが、曜日まで変更されていたとは……。

そんなわけで無事に録画出来ていたので今朝、視聴しました。
ネタバレにならないよう、3話の感想。

好きな人には申し訳ないのですが、未だにパヴァリアの人らがどうにも引っ掛からないです。
現時点では嫌いでも好きでもありません。
とはいえ、もっとこう目的がハッキリして直接ぶつかるようになれば変わるかも知れないです。

あとはクリスがここまできてまだ何だか抱え込んじゃっている感じがちょっと……。
これまでの境遇だとかそうなってしまう要因も少しは察しているつもりですが、それでも4期なのにと思うとモヤモヤしてしまいます。

エルフナインのウジウジ具合も気にはなっていましたが、そこは今回クリアーした感じだったので大丈夫です。

しかしながら単純なことに、何がどうであれ戦闘が良ければ全て良しと思ってしまいます。

子供の頃に特撮やバトルもののアニメを見ていた時みたいに、カッコいい戦闘シーンがあれば大抵の細かいことは無視出来るのです。
本気で熱さや勢いを出してくれさえすれば、苦手な展開も矛盾だなんだも全部吹き飛びます。
(こないしたらええんやろ、っちゅーよな作為見え見えだと流石に気になるとは思いますが)

そういった意味では『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』はキッチリ押さえてくれているので安心です。
ただ、そんなアホみたいな見方しかしていないせいで、フワッとした感想しか出てこないんだろうなとは自分でも思います。

ねんどろいどの関節が壊れる

自分の管理方法に問題があるのかも知れませんが、5年以上前に購入した『ねんどろいど』の関節が破損することが増えてきました。
経年劣化が無関係とは思っていないものの、ちょっとした注意で被害は抑えられるのではという気もしています。

とはいえ出来ることと言えば、ヒビが入って割れてしまいそうな関節をどうにかパーツから外すくらいのことです。
そんなことかと思われるでしょうが、軸が折れて取り外しにくくなると少し気分が萎えます。

f:id:talenagashi:20170716205956j:plain

ということでデジタルなのにアナログ的といいますか、手順をWord機能で描画したものです。
海外製品の説明書を若干意識したのですが、図を描くことに夢中になってしまい、実用的ではありません。

力がかかる部分を考えて回転させる方向を決めないと折れますよ、というだけの話です。
球体部分を掴んで折れにくい方向に回しながら引き抜くと、大抵は粉砕する前に外せると思います。
(気を付けていても無理な時も……)

f:id:talenagashi:20170716210001j:plain

ほぼ首部分の関節を指しているのですが、もう顔をまるごと外す必要がないため、実は古いもの以外は気にする必要がなかったりします。

これまでにいくつも壊してしまったので、今の構造はとてもありがたいです。

『バトルガール ハイスクール』2話「そこがツボなの?」見た(ネタバレあり)

バトルガール ハイスクール』2話「そこがツボなの?」見ました。

ゲームの方もアンインストールせず続けていまして、「アニメ放送記念キャンペーン ログインボーナスチャレンジ」もようやく最終の「キャラお迎え券」まで到達。
他にも自力で星4つを2枚引けるなんて幸運にも恵まれ、それなりに楽しんでいます。
で、そのうちの1枚が「【祈り】煌上花音」というカードで、明日葉センパイには申し訳ないのですが花音様ファンというか、f*fファンに……。

ネタバレ回避も兼ねて、ゲームの話で行数を稼がせてもらいました。

ということで、以下ネタバレありますのでご注意下さい。


ミサキ強い!
ただ、何だか複雑な事情がありそうで素直に喜んで良いやら分かりません。

星守クラスに新たに加わるミサキの為、これまでの星守の活躍をまとめた映像を先生が見せていましたが、ゲーム未プレイの人向けの説明なのは明らか。
前回もそうでしたが、なかなか親切なアニメです。

それはそれとして、サドネに対する態度に楓との衝突とか、ミサキを見ていると馴染めるのか不安になります。

それでも歓迎会では、あんこ脚本によるコント内での会長のギャグにやたら笑っていたり、意外と押しに弱いのか割りと良い雰囲気で、イロウスが絡まなければ普通の子なんだと安心しかけていました。
ところが、ダンゴムシみたいな新種への対処がどうにも初見っぽくない上、あんな風に意味深なことを口にするし、皆と上手くやっていけるのかやっぱり心配です。

ミサキはこの世界の延長か、平行する世界かは分かりませんが、未来からやって来たとか?
或いはイロウスに壊滅させられた世界の人?

個人的には未来からやって来た説、それも名前的にみきとサドネの子供説を推したいところです!
(ほな桜とでもエエやん、という意見はスルーします)


何にしてもミサキの正体だけでなく敵の動きも気になりますし、これから目が離せないなとか思っていたら次回はまさか水着回!?
真ん中か後半のシリアス回手前が定番だと勝手に思っていたら、3話とは『バトルガール ハイスクール』恐るべしです。
(と思わせておいて水着なし、ってのもそれはそれで)

色々と楽しみな次回、ゲームをちまちまやりながら待とうと思います。


前の回
『バトルガール ハイスクール』のアニメ見た、ゲームもした - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

次の回
『バトルガール ハイスクール』第3話「リゾート×合宿×エスケープ」見た(ネタバレあり) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

8年前くらいの書店くじ

f:id:talenagashi:20170706221041j:plain

書店くじ、なるものが存在していることすら記憶になく、開いた文庫本から3枚出てきた時はまるで初見のように新鮮な気分でした。
くじ、とあれば当選していたのかどうなのか知りたくなるのがきっと人情というものです。

様々なキーワードを選んで組み合わせ、ちょっと手間取りつつも当選番号が判明しました。

結果は3等賞が1つと4等賞が1つでした。
本数がそれぞれ15000本と500000本ですから、当たること自体は珍しくないのかもしれませんが、打率は素晴らしいです。

計600円分、300ページ前後の文庫本ならまず購入できます。
期日が平成21年1月とありますから8年も前のことですが、少し勿体ないことをしました。