ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

ねんどろトゥルーデ用のパーツ完成

ねんどろいど ゲルトルート・バルクホルン』用に作っていた『ジェットストライカー Me262V1』、『レヌスメタル Mk108』と『レヌスメタル BK5』が完成しました。

f:id:talenagashi:20171017145947j:plain

完成記念に、紺色の布をバックにまず1枚。

背景の色のお陰かストライカーユニットの『ブライトマイカレッド(TS-85)』の赤が鮮やかです。

黄色いラインはMr.カラーGXの『クールホワイト(GX1)』を吹いてから、Mr.カラーの『キャラクターイエロー(109)』8割に『イエロー(4)』を2割ばかり加えた色を吹き重ねています。
はみ出しのリカバーや、細部の塗装にはアクリルガッシュを筆塗りしました。

マークはマスキングテープで「×」型の周囲をカバーして『ウイノーブラック(GX2)』。

武器に関してはタミヤカラーのメタリック系を何色か適当に混ぜて作った、濁ったメタルカラーで塗りました。
正確なレシピまでは把握していませんが、『アルミシルバー(TS-17)』を加える量で色味の調節をしています。

下地は、ストライカーユニットは『サーフェイサーエヴォホワイト(GS-02)』で、武器の方は『Mr.プライマー・サーフェイサー1000〔グレータイプ〕』です。
そして仕上げに、全パーツ共通で『フラットクリアー(008)』を吹きました。

f:id:talenagashi:20171017145950j:plain

f:id:talenagashi:20171017150002j:plain

「見えている」支柱(スタンド)をさも「見えない」かのように扱うのは好きではないので、全く使っていません。
『レヌスメタル BK5』と背中の接続パーツも極力写らないようにしています。

f:id:talenagashi:20171017150005j:plain

f:id:talenagashi:20171017150009j:plain

f:id:talenagashi:20171017150023j:plain

アニメの劇中みたいには無理でも、可能な範囲で飛んでいる感じがするよう撮りました。
(逆さまに撮影した画像を回転させ、天地逆にしたりだとかしています)

f:id:talenagashi:20171017150015j:plain

ネウロイに向けて突っ込んでいく時の『ストライクウィッチーズ』らしいアングルでの写真はやはり欠かせません。
(シャーリーを持っていたらボディを2期仕様で新造して、4話の再現とか楽しそうです)

f:id:talenagashi:20171017150026j:plain

ねんどろいど』なのにって言いかたをするのは適切ではないかも知れませんが、『ねんどろいど』なのに何かカッコ良い写真が撮れたと思います。

塗りわけ等々手抜きしましたが、それらしく出来たのではないかと満足しています。
というより何度も作りかけて断念してきたため、こうして完成しただけでも個人的には万々歳です。


武器やストライカーユニットなどの名称、デザインやマーキングについては『ストライクウィッチーズ2 オフィシャルファンブック コンプリートファイル』を参考にしました。


前回
ねんどろトゥルーデ用パーツ、形が見えました - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

HG G-アルケインを作る(完成編)

HG G-アルケインを作る(製作編 その2) - ぷらぷらぷるぷる垂れ流しの続きです。

『HG ガンダム G-アルケイン』完成しました。

f:id:talenagashi:20171016191646j:plain

f:id:talenagashi:20171016191651j:plain

f:id:talenagashi:20171016191656j:plain

改造箇所は少な目ですので、ちょっと色が派手なだけで割とプレーンな仕上がりです。
額や肩のマークは好みではないため貼りませんでしたが、各部カメラは付属シールを使用しています。

f:id:talenagashi:20171016191703j:plain

f:id:talenagashi:20171016191708j:plain

f:id:talenagashi:20171016191711j:plain

いつものように様々なポージングで写真撮影しました。
変形させていないのは作中の再現ではなく、変形が好きではないだけです。

f:id:talenagashi:20171016191715j:plain

カメラの明るさを上げると光の反射がキツくなることに気付いたので試しに撮ってみたのですが、目が光っている感が増した気がします。

f:id:talenagashi:20171016191721j:plain

ビームサーベルのクリアパーツをカメラに近付け過ぎると、ええ具合にボケることも発見しました。

今回も画像は全て撮影時に明るさをいじったくらいで、サイズ調整した以外は加工していません。



今回使用した塗料は以下の通りです。

下地:『サーフェイサーエヴォホワイト(GS-02)』メインで、グレー部のみ『Mr.プライマー・サーフェイサー1000〔グレータイプ〕』

オレンジ:『パールビビッドオレンジ(VOL-102)』と『ルミナスオレンジ(AR-07)』をほぼ半々合わせ、『ルミナスレッド(AR-02)』少量

レッド:『ブライトマイカレッド(TS-85)』

グレー(薄):『パールマーズライトグレー(VOL-105)』

グレー(濃):『パールマーズライトグレー(VOL-105)』に『ウイノーブラック(GX2)』と『ムーンストーンパール(XC08)』少量ずつ

ホワイト:『クールホワイト(GX1)』と『ムーンストーンパール(XC08)』を半々で合わせたものに、『パールマーズライトグレー(VOL-105)』少量


ARはガイアカラーの『蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-カラーシリーズ』で蓄光塗料ですが、(蓄光する)粒子がパール系より粗く重いようでプチコンでは少々パワー不足気味でした。
ただ、こまめに「うがい」でカップ内を撹拌しながら多量に吹き付けると、蓄光する効果が得られました。
(垂れる寸前まで吹き重ねた膝や頭頂部以外は、あまり光りません)

ちなみにVOLは『電脳戦機バーチャロンカラー』、XCはMr.クリスタルカラー、GXはMr.カラーGX、TSはタミヤカラー(スプレー塗料)をそれぞれ表しています。

スミ入れに用いたアクリルガッシュは水道水で薄めたのですが、弾かれずに問題なく作業出来ました。
(バーニアやダクト内部の黒も、アクリルガッシュの筆塗りで済ませました)

『このはな綺譚』の2話を見た

このはな綺譚』第2話「春の旅路」見ました。

年齢を重ねるほど涙腺が緩くなるだなんて話もありますが、懐かしさからか何なのか泣きこそしないものの、絶えず涙の膜越しに見ているような感じでした。
目の表面が薄く涙で覆われているのは普通ですが、それよりも少しだけ涙の層が増したような、あとひと押しで溢れてしまいそうな状態になりました。

耳や尻尾だけ獣っぽい人に、二足歩行して衣服をまとっていてもほぼ獣な人、人っぽいけれど人ではなさそうな者、明らかに妖怪の類……、町にいる人たちの誰もが自分の人生で出会ったことなどないはずなのに、何故か皆どこかですれ違ったことでもあるように感じられます。
町並みだって何だってちっとも馴染みのない景色なはずなのに、どこを切り取っても記憶の中に昔から存在している気がしてなりません。
(原作を読んだことがあるのに忘れているとか、そういうことじゃないですので念のため……)

ノスタルジックな雰囲気で満たされた作品内の空気がとても心地よく、肌に馴染んでしっくりきます。

だから、かえって原作に手を出しづらいなとも思ってしまいました。

仮にどんなに原作準拠だろうとも、アニメは作っている人たちのフィルターを通し、場合によってはフレーバーを添加したものだと、個人的には考えています。
フィルターが不純物を取り除いて僕好みの成分だけを抽出したのか、はたまたそういった成分を逆に減らしてしまっているのかは分かりません。
また、実はフレーバーの方に魅力を感じているという可能性すらあります。
(原作とアニメの差が大きいからこそ、どちらも好きになることも勿論あります)

何にしても、原作に手を出すかどうか判断するのはこの先も話を追いかけてからです。
途中で「違う」と感じればアニメを追うことはなくなりますが、そうなったからこそ原作に手を出すこともあり得ます。
とはいえ最終回まで楽しんでから原作で再び楽しめたなら、それが最高です。

当然、次も見ます。

水やりについての個人的な考え

植物、特に多肉植物の水やりについて、個人的に思うことを書いてみようと思います。

多肉植物で好きなところは、水やりした後の分かり易さです。
表面を指で押してプニっとするくらいまで放置してから水を与えた後の、パツパツに張った感触は何ともたまりません。

普通の植物でも萎びた葉や茎がシャンとしますがリスクが大きいですし、理由がなければわざわざそこまでしないです。
(トマトなんかはそうして厳しく水分制限することで、実が甘くなるとか聞いた覚えがあります)

多肉植物に関しては種類にもよりますが、多くは土中の水分が過剰に存在する環境には適しませんし、他の植物より厳しめでもあまり枯れません。
過保護気味に水を与えすぎて、根を腐らせる方が多いように思います。

ただ、誤解してはいけないのは水を与える時はしっかり与えなければならないということです。
水やり少なめ、とは水の量を指すのではなくて回数の話であり、少量を高頻度でなく大量に低頻度でなくてはなりません。

通常、順調に生育していれば根は鉢の底へ向かって伸びていきます。
伸びきると鉢底の穴から飛び出したり、鉢の内部に接触してグルグルと巻いていったりもしますが、いずれにせよ下へ深く伸びるものです。

ですから少しの水で表層だけ湿らせても、深部に張った根には充分な水分が届かないと考えられます。

底の穴から水が流れ出るまで与えて、乾くまで放置するというのが多肉植物に限らず、植物の基本的な水やりの仕方です。
とはいえ、湿地帯に生育するものなど例外が存在しますし、多肉植物の間でも求められる乾燥の程度は差があります。

その辺りのことを調べるために書籍やインターネットで色々と資料を探すと思いますが、正直なところ目安や参考にしかなりません。
結局、目の前の植物の状態が全てではないかという気がします。

例えば、水やりの頻度が2週間に1度となっていたとして、それを守っていれば失敗しないかと言えばそうではありません。
過度に乾燥する環境であれば水分不足で枯れますし、反対に乾燥しにくく湿っている環境ならば根腐れを起こすでしょう。

鉢の材質、用土の保水性、置場所の温度変化や風通し、空気中の湿度、日照条件、他にも環境を決める様々な要素があります。
それらを他者と完全に一致させることが困難な以上、書籍にしろインターネットのサイトにしろ、書かれている水やりの頻度が絶対の正解では無いはずです。
(考えたことはありませんが、同じ植物でも個体差だってあるかも知れません)

ならばデータが不要かと言えばそれもまた違って、あくまでもデータはデータだと割りきった上で所持しておく利点はあると考えています。

(水やりは)2週間に1度とされている植物が、大体週1回(の水やり)で状態良くキープ出来ているとしたら、1週間に1度の水やりを推奨する植物を新たに育てる際、より(水やりの)間隔を詰めるべきかとか予測することが可能です。
どうしても水やりの回数を増やせない場合、より水分を保てるようにする工夫をするなど対策を立てる必要がありますが、その際にもデータは役立つと思います。

大体これなら何とかやっていけますよ、くらいの話だと考えておくのが丁度良い感覚ではないでしょうか。
そしてくどいようですが、仮にそのくらいのものだとしてもやはり、知っていると知ってないとでは変わってくるでしょうし、無駄では無いと思います。

勿論、参考程度にしかならないだろうからと嘘をついたりだとか、特殊な環境での管理方法をさも一般的であるかの如く故意に扱うのは、許されることだと思いません。


そのように考えるからこそ、自己保身が過ぎると感じられようとも、あくまでも個人的な意見であると改めて最後に断っておきます。

ねんどろトゥルーデ用パーツ、形が見えました

ねんどろトゥルーデ用のパーツ作り - ぷらぷらぷるぷる垂れ流し
の続きです。

ねんどろいど ゲルトルート・バルクホルン』用に製作していた「レヌスメタル BK5」、何かのフィギュアに付いていた透明な支柱を曲げて、本体背中の穴と接続するつもりでした。
しかし、方法こそ早くから決めていたにも関わらず、熱加工が億劫で二の足を踏んでいて遅くなりました。

f:id:talenagashi:20171012185618j:plain

熱しすぎて折角のクリアパーツが一部溶けて白くなりましたが、特に問題なく繋げられるので接続パーツは完成です。

f:id:talenagashi:20171012185624j:plain

f:id:talenagashi:20171012185628j:plain

ピンポイントで熱せらなかったため当初想定していた稲妻のような形は断念し、S字にしました。
接続パーツ両端の、背中と「レヌスメタル BK5」底面に繋がる部分は、それぞれの穴に合わせて削って調節してあります。

これで、あとは塗装するだけとなりました。
(タイトルと本文の一部を修正しました 17/10/12)