ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

ぷらぷらぷるぷる垂れ流し

思いついたことを垂れ流します

「とじみこ」20話「最後の女神」見た感想(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第20話「最後の女神」見ました。

2クール目も終盤、来月で終わるのかと思うと少し寂しいですが、クライマックスへ向かって話の動くスピードが上がるのは見ていて楽しいです。
(バトルものの)アニメや特撮は戦闘シーンが華だと思っているので、バトル多めになってきたことが個人的には1番嬉しかったりします。


以下、感想にネタバレを含みますのでご注意ください。


===========================================

ということで繰り返しになるんですが、バトル多めでテンション上がりましたというのが、今回の感想です。

OPの前からいきなり、紫様が近衛隊を圧倒するシーン。
そういったものを見たいと期待こそしてはいましたが、頭からとは想像していませんでした。

S装備を纏った各校代表相手に善戦していた近衛隊を一瞬で倒すとか、流石は紫様です。
今回含めて強い刀使が軒並み自力のみで戦っているせいで、荒魂ブーストって何なんだろうって気分にはなりますが……。

近衛隊を退けてイチキシマヒメと逃亡した紫様でしたが、夜見に居場所を知られてピンチに。
相楽学長の(紫様の思考の)トレース能力が高いことを利用するとか、なかなかやります。

どうにかその場からは逃れたものの、工場地帯で再び近衛隊と対峙することに。
そこへ空から可奈美たちが登場しました。
(前に燕さんもやってましたが、降ってくるの結構好きです)

益子さんがバッチリ台詞決められたので良かったです。

というか、ねねが普通に変身出来ていることにビックリ。
1回覚醒すると次からは自由に変身出来る、的な感じなんでしょうか。
何にしても、強いんで安心しました。

離れたところで指揮しているらしき夜見の元へ現れたのは、まきまきはなはな。
命を削らないと勝てないと高く評価されているのが嬉しい一方、それほどまでの付き合いなのだと思うと悲しかったり。
(1クール目の益子さん戦でも2人を評価してました)

結果は過大評価なんてこともなく、荒魂ブーストなしでも2人ならやれると見せつけてくれました。
ボロボロだし高所から落ちたしで、夜見はこれで終わりなのかどうなのか。
生死に関わらず、何が夜見を突き動かしていたのかは知りたいです。

対近衛隊も以前と違って順調。
ノロ打たれてS装備みたいなものを着けた歩を、あっさり片付けてしまう可奈美の強さ……。
夜見を見ていても感じたことなんですが、(努力あってのものとはいえ)才能の差って残酷です。

紫様たちは皆のお陰で無事戦線離脱。
が、神社でタギツヒメと遭遇してしまいました。

貴重な2刀同士の対決はタギツヒメが終始優位、紫様が殺されそうになりキレたか、ようやくイチキシマヒメも参戦。
したかと思えば、どこかへ逃走。

護衛の為に向かってきていた姫和と出会うと、マスクみたいなの自分で取っちゃいました。
簡単に取れたことに驚いていたら、姫和に助けを求めるというか体に入らせるように要求して何が何だか。

またも紫様が危ない、ってなったところへ空から雷のように姫和。
降ってくるの好きだなとか思うより先に、シチュエーション的にもビジュアル的にも格好良くて痺れます。

戦闘が見られるかとウキウキしていたのですが、タギツヒメが去ったため残念ながら今回はおあずけとなりました。
可奈美が追い付いたタイミングで姿をくらましたのが、ちょっとビビってるみたいで可愛かったです。
まあ可奈美と紫様と、イチキシマヒメ入りの姫和が相手とか怖くないわけないので仕方ありません。

===========================================


今回はバトルがメインだった回なのは間違いありませんが、キャラクターの内面とか背景みたいなものが見える回でもあったと思います。
特に、綾小路の相楽学長が何であのような行動に出たのか、とか分かったのは収穫です。
度々荒魂の利用に関して悩んでいる素振りはありましたし意外ではなくとも、はっきり示されるとまた違ってきます。

罪悪感を覚える相楽学長に対する紫様や夜見の反応も、それぞれに信念があるようで面白かったです。
上でも似たようなことを書きましたが、夜見に関してはそもそもの動機が知りたいなとは思いますが。

けど最も気になるのは、ここのところ内面があまり見えない姫和。
憎んでいた大荒魂(の一部)を受け入れたことが、良い意味での変化だったら良いなと思うのですが、色々心配されていたので不安です。
(獅童さんに心配されるとは……)


パパっと問題解決して、チョコミントアイスを食べたい姫和の意識と、食べたくないイチキシマヒメの意識が争うギャグアニメテイストな展開を希望します。

「とじみこ」19話「禍神の呼び声」の感想(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第19話「禍神の呼び声」見ました。

何かサブタイトルがクトゥルフ関係を想起させなくもないような、とか意味のない話で少しだけ字数稼ぎの引き延ばし。
禍神ってのは素直に受けとればタギツヒメのことなのでしょうが、イチキシマヒメなんてこともあり得るのかな、とも思ったり。


ということで、以下の感想はネタバレ要素を含みますので、ご注意ください


ねね、ボロボロ。
治るまで時間かかるのかなと思ったら、作中で1週間経つ頃には元気になってて安心しました。

巨大化した後遺症とかも無さげです。

その1週間、益子さんがイラ立つ程大人しくしていたタギツヒメが突然動いたかと思うと、テレビ出演とか予想外すぎます。
サブタイトルはタギツヒメの会見(?)を意味していたみたいです。

あと、高津学長が権限こそないものの立場上は未だ学長で、更には地味にマイナーチェンジしていたことも予想外でした。
(EDでもタギツヒメ共々着替えちゃってます)

他には着せ替え人形みたいになっているタギツヒメにも割とビックリ。

でも一番驚いたのは歩の壊れっぷり。
タギツヒメへの心酔ぶり以外、素の歩のままっぽいのが怖いです。
何か目もイッちゃってて……。

可奈美がドン引きするのも仕方ないです。

普通に会話も出来るから余計に怖いのかと思いましたが、考えてみたら前期の親衛隊と変わらない気もします。
知っているかどうかの違いだけで、親衛隊もタギツヒメを信奉しているような状態でしたし。

夜見だけはずっと紫様じゃなくタギツヒメを支持していたりして、と考えたんですけども実はイチキシマヒメ信者だったらゾッとします。


で、今回個人的に良かったのはヤル気満々な益子さんが見られたこと。
ねねがやられると本気になるのは夜見戦で分かってましたが、タギツヒメ相手でも腕の1本くらい落とす活躍は見せてもらいたいところです。


次回、個人的に楽しみなのは本物の紫様の戦闘。
予告の映像では近衛隊と戦う流れになりそうなんで勝手に期待しています。

スクエニカフェでラバーマスコット買った

「とじとも」こと「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」をなんだかんだ継続してプレイしてます。

文句言ってたウィークリーミッションをこなして手に入れた「召集券」で、なんと「安桜 美炎【巫女の務め】」が出ました。
何だか「召集券」の方が「虹珠鋼」で回すよりも成績が良いような……。

そう思っていたらログインボーナスの「召集券」でも「益子 薫【巫女の務め】」が来たので、流石にビビりました。
アニメ本編メインキャラクターの中でマイフェイバリットな益子さんの☆4が遂に……。

赤い床が見えただけでもラッキーな感じなのに、ねねがピューッと現れた時には、興奮どころの騒ぎじゃありません。

この様子では資金力があった場合、ピックアップされるキャラクター次第では止まれなくなり、洒落にならないことになりそうです。
ですので、湯水の如くお金注ぎ込んでいる人に対して「単なるデータやのにアホらし」とか、とてもじゃないけど思いません。

そして、今日はエレンの誕生日。
益子さんも特別メッセージがありました。

ひととおり入れ換えてメッセージを確認したら、再び益子さんを「お気に入り」に設定。
巫女姿を選んでますが、3Dモデルは長船の制服にパティシエ帽を被せてます。
制服なのに帽子のミスマッチ感が良いです。



で、話は変わりまして、ゲームに使うお金も無いのに行ってきました「SQUARE ENIX CAFE」!
2週間程前コラボしているだなんて知らずにスルーしましたが、物販スペースは予約なしでも入れるということで用事のついでに向かうことに。

思いっきりコラボしていると分かる外観だし歌まで流れてるのに何で気が付かなかったのか、謎です。

気持ちを切り換えて入店しましたら、レジのそばに棚があったので早速チェック。
しかし、そこに並んでいるのはスライムたち。

キョロキョロ探すと「とじとも」グッズはレジから離れた場所の棚に並んでました。
目当ての、限定品だとサイトに載っておったラバーマスコットを発見したので、手に取りレジへ。

当然、キャラクターは益子さん!

f:id:talenagashi:20180515173103j:plain

↑帰ってからスキャナーでスキャンしました。

勿体ないのでまだ袋から出さず、そのままスチールラックに貼り付けてます。
曲げたり出来るみたいですが、確認してません。

それにしてもそれぞれアニメとゲームの主人公である可奈美と美炎はともかく、何で益子さんが選ばれたんでしょうか?
ねね辺りがセオリーっぽいのにとか、ゲームの荒魂なんかも良いのにとか考えてしまいます。

まあ、何にしても益子さんが選ばれたのは僕得ではあるので問題ありません。

そんな益子さんのラバーマスコット、もうコラボ期間の終了が近づいておりますので、欲しい方はお早めに。
何の得もないですが、思いっきり宣伝しておきます。

「とじとも」メイン5人を簡単に紹介

突然な上に今さら感ありますが、ゲーム「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」に登場するメインキャラクター5人を紹介したくなりました。
(備忘録というか個人的な記録の意味合いも)


ゲームやアニメのネタバレもあると思うので、以下ご注意ください。


・安桜 美炎(あさくら みほの)
美濃関学院中等部2年、5月31日生まれの13歳。
身長は153cmで、趣味は魚釣り。
好きな食べ物はかき氷と柿羊羮。
御刀は加州清光で、ゲームの主人公です。
同学年の可奈美に敗れて代表は逃したものの、結構強いです。
が、集中が持続しないという欠点が。
御刀の先が欠けていることと何か関係ありそうだとにらんでおります。
ちなみに、アニメの1話にも登場していました。

頭の飾りより、指ぬきグローブ(?)が僕的にはチャームポイント。


・瀬戸内 智恵(せとうち ちえ)
長船女学園高等部3年、2月7日生まれの17歳。
下手したら親衛隊入れても最年長。
美炎の幼馴染で、中学に入るまでは岐阜に住んでたようです。
身長163cmで、趣味は他人の世話焼きとぬいぐるみ集め。
好きな食べ物は焼き魚と朴葉味噌。
御刀はソハヤノツルキ。

せとうさんではなく、せとうちさん。
典型的な長船の生徒って感じの見た目にお姉さんキャラと、特徴だけ抜き出すと誰かと被り気味なのでアニメ本編には出してもらえなさそうな……。


・六角 清香(むすみ きよか)
平城学館中等部2年生、8月30日生まれの13歳。
身長は154cm。
ウィンドウショッピングと雑誌を読むことが趣味だったり、好きな食べ物もクリーム系パスタにプチガトーと、何だかオシャレさんです。
御刀は蓮華不動輝広。

名門剣術道場の娘で、天才と呼ばれる程の実力。
しかしながら戦いは嫌いで実戦も苦手と、割と要素がてんこ盛りなキャラです。
本気じゃないとはいえ本編よりアグレッシブな一席二席を相手に持ちこたえる辺り、可奈美が戦いたがりそうな匂いがします。


・七之里 呼吹(しちのさと こふき)
鎌府女学院中等部3年、12月4日生まれの14歳。
身長147cm、趣味は荒魂退治、好きな食べ物はあえて言うなら牛乳。
御刀は北谷菜切と二王清綱の短刀二刀流です。

荒魂を見ると狂ったように戦う、尖った子。
先輩である夜見が出した荒魂だと知りながら襲ったりもしていました。
所属が所属だけに、ノロ入り人間が暴走したりした時のカウンター扱いかなと勝手に妄想してます。


・木虎 ミルヤ(きとら みるや)
綾小路武芸学舎高等部2年、7月19日生まれの16歳で北欧系ハーフ。
身長170cm、趣味は刀剣観賞と刀を研ぐこと。
好きな食べ物はホイップクリーム
御刀は実休光忠

刀オタクの眼鏡っ子で長身クールビューティーなハーフと、清香並みに盛り盛りです。
ハーフで長身なエレンがいるので本編登場はキツそうですが、写真だけなら登場済みだったりします。


以上が、ゲームでのメインキャラクター。

この中だと清香が好きですが、3Dモデルだと制服姿の瀬戸内さんが1番かも知れません。

設定上での対人戦の強さは清香が1番だと思いますが、願望が入っている可能性は否定出来ませんし、美炎は特に不明なところが多いので断言はしないです。

「とじみこ」18話「荒魂の跳梁」見た感想(ネタバレあり)

刀使ノ巫女」第18話「荒魂の跳梁」見ました。

ここ1ヶ月毎日ゲームのアプリで遊んで、金曜日の夜に「うらver」の予告を見て、土曜日の朝に録画したものを見る生活を送ってます。
前期のOPテーマとEDテーマを(違法じゃなく)ダウンロードして毎日聞いてますし、何かもうドップリな感じです。


なんて字数稼ぎの近況報告はさておき、以下ネタバレ含むのでご注意ください。


ねねーっ!

ねねを呼んだ訳でなく、18話の感想です。
完全に冗談でないどころか、割と本気だったり。

荒魂と人との関係において、ねねの存在は重要だと予想(というか行き過ぎた益子さん贔屓による妄想)してた僕にとって、今回は収穫大なんてもんじゃありません。
唐突に始まったねねの過去編により、益子さんの幼少期どころか数百年前まで遡ってご先祖様まで描かれる大きなオマケつき。
(ねね切る前はググったら出てきた、山金造波文蛭巻大太刀という名で呼んでたのでしょうか)

それにしても、ねねと益子家の歴史がタキリヒメに影響を及ぼすなんて思いませんでした。
あんな偉そうだったのに胸元に潜り込んだねねを撫でるようになりましたし、何が起きるか分からないものです。

そんな風に良い兆しが見えてきただけに、退場する羽目になったのは残念でした。
が、最後の短い時間だけとはいえ彼女と人は確かに共存出来ていたと思います。
(可奈美にポエミーなこと口にしたのは紫様と同化していたせいなのか、逆に昔の紫様が影響を受けていただけなのか)

で、今回最大の見せ場はタキリヒメを取り込んで強化されたタギツヒメに対し、巨大化し挑むねね!

今でもかつての姿になれることもですが、割と強いことにビックリしました。
あっさりやられたように見えますが、綾小路生を軽くぶっ飛ばし、タギツヒメの攻撃を複数回受けないと倒れないとか充分強いです。
(タギツヒメに吸収されやしないか心配で、1周目はヒヤヒヤもんでしたが)

ねねの大活躍で印象が薄れてる気がしなくもないですが、元親衛隊にも中々の見せ場が。
まさか待っていた対戦がこんなに早く実現するとは。

実際に戦うところはカットされちゃってますが、対峙するシーンだけでも胸が熱くなります。
夜見が何のため戦っているのか明かされる日が来るとして、それが死に際な気がするのが不安です。

あと、ノロとS装備の類似品により得た強さが歩を戦闘狂みたいに変えたことに恐怖してから、ナチュラルに似たような状態な主人公に気づいて戦慄。
(1人だけ生身でやり合ってんのがまた……)

色の変更以外にバイザー部分とか簡略化されてますが、性能的にはこれまでのもの以上なのかどうなのか気になります。


人どうこうとタキリヒメに言っておきながら綾小路生従えてるのは見ないことにするとして、またタギツヒメはせっせとノロ集めでもするのでしょうか。
どうなるのか先は見えませんが、個人的にはイチキシマヒメの方が得体が知れなくて怖かったり。

何にしても次回が楽しみです。